☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

思うこと。

2014.10.24 Friday
0
    う〜ん

    沈黙は金、と思って触れないようにしとこ、って思ってたけど。

    結論が出たようなので、モヤモヤしていたからちょっと思ってることだけ。



    赤西軍団っていうのはじんくんがこの世界に入って間もない頃おバカでキャワでみんなにいじりたおされてた裸の少年という番組のなかでワイワイやってた頃にあったんだよね。楽しい思い出。もう十何年前の話?

    なのにこの名称はいつのまにかマスゴミが赤西仁に対してあることないこと好き放題に書きたてるときの常套句になりものすごく悪い印象の言葉でしかなくなった。

    何につけ赤西という名前がついている以上それらの記事は関係のないことでもその言葉が出るたびまるで彼が全ての悪を仕切っているようにしか見えずそのたびに嫌な気持ちにさせられて・・・

    でも誰が一番傷ついたってきっと当の本人。

    事務所をやめても(マスゴミが言うには事務所をやめた人間と接触してはいけないルールがあるそうなw)プラべで変わらず仲良くしてることは素直に嬉しいけど、こういうことが起きると後ろ盾のないじんくんにすべてが降りかかってしまうんじゃないかなと気になっていた。きっとうやむやになっていたらもっとそうなっていた。

    でも少なくともこの記事が出てからまるで主犯格のように一番大きく名前を書かれ顔写真を載せられあまりの理不尽さに悔しくていつものことながらマスゴミはいったいどうしたいんだろうってモヤモヤしかなくて。

    誰かが誰かを守るためにこういう行動にいたってしまったのかもしれない、結局真相は第三者には想像しかできないけれど、今回のこともその場にいたのだから責任が皆無ということはない、そういう状況にならないようにすることが最善だったとは思うけれどね。マスゴミはこれからも容赦なく追撃してくるであろうから。



    ただ一つの救いは心配しているであろうファンにさりげなく普通にいつものあかにしくんであったこと。

    余計なことは言わず、楽しそうに仕事をこなしちょこっとその状況を知らせてくれること。

    大切なファミリーと変わらず幸せに過ごせてること。

    彼にとって大切なものを彼らしく守り通していること。

    それだけで十分だよ。

    もう十分強いと思うけど、じんくんが強くある限り私たちもまた強くなれたかな。





    JUGEMテーマ:赤西仁




    夜中のつぶやき。

    2013.01.30 Wednesday
    0

      連日寒いです。今日は少し暖かかったけど。

      先週末から雪がチラチラ、積もるほどではないけれど朝は少し道にうっすら積もった雪が凍って日が昇るまでに家出るまでに溶けろ〜っと念じつつ朝時間バタバタしておりました。ま、今週末はもう2月、節分1年で一番寒い時期だもんね。仕方ない。寒いのは嫌だけど、でもナツは暑く、冬は寒く、四季の温度がはっきりしている方が実は好き。冷夏とか暖冬ってなんだかただでさえ心配な地球がどんどん心配になってしまうもの。

      じんくんに会えなくなって4つの季節が過ぎようとしてる、この季節が終わる頃にはきっと、って思うのも本音を言えばそろそろにしてほしいところだけど^_^;

      お友達のブログを読みに行ったらみんな近場のロケ地めぐりしていた!電車に数駅のって、とか、自転車でひとっ走り、とかほんとにお江戸は羨ましいわ〜自慢じゃないけど私の住んでいるところには某アネゴの女磨き旅のお寺しかない。あ、高級料亭もあるんだけれど、ちょっとランチにっていうわけにはいかない(笑)じんさまが復帰のあかつきにはぜひ行きたいと切望しておりますです。

      つぎにお江戸に行けるのはいつになるやら〜その日が来るまでまたせっせと過去映像の旅に出かけるとするか。数日前はなんの拍子からだったっけ、そうそうじんくんにラジオやってほしいとかいう話からカツカツのハートディスクよかったよね〜ってことで久しぶりにカツカツDVDを引っ張り出してみていました。Sowelさんが出ていたあのじんくんがすごくよかった。ゲストの方の今までにずっと聴いてきた曲とかについて思い出話したりとか初めて聴く曲をキラキラした瞳で感想を言ったりするんだけれど意外とじんくん聞き上手でもあるなって思いました。KREVAさんの回もあってそれはまだ見返してないんだけれどあのコーナーもっと見たかったなぁって思う。一つを見出すとあれこれズルズル見てしまって結局ノープランの旅とかも見てしまった。優柔不断な仁竜がグダグダなんだけれどまるで素を見てるかのようであれはあれで今見ると新鮮(笑)たっちゃんが行きたいというところをことごとく却下するじんくんが可笑しすぎるけどご飯食べてからマッサージへ行く頃にやっとテンション上がって時間切れ、でも足ツボマッサージに顔を歪めるじんくんやかわいらしい膝小僧も拝ませていただき今となっては貴重な映像でごちそうさまでしたわ。カツカツ、見だすと次から次へと止まりませんね。この頃のじんくんをみるとこの頃のドラマも見たくなるし、、でも後ろばっかり振り返ってんじゃねーよ、って自分にツッコミそうになる気持ちを抑えつつ、ありがたき過去の映像でじんファン今日も生き延びて行こうと思います。


      思うんだけど、信じてるんだけど、曲もいっぱい考えていると思う。英語だって勉強続けてると思う(奥様と一緒にね)。と、信じてる。親になったんだもの、じんくんだってきっと日々模索の毎日だと思うんだよ。
      愛すべき大切な家族がもう目の前にいるんだから。大切な人たちと生きていくために自分が何をすべきかどうするべきかきっとわかってると信じてる。「見えないところで頑張ってきたことを見せてもらえる日」がちょっと先になってしまったけれど、会えるその日までファンとしてももっと成長していろんなうるさい外野や噂話に負けない、くじけない強いファンになってなくては、赤西仁のファンはつとまらないからね(笑)そのためにもあたりまえの日常を精一杯明日も頑張る所存でございます。おやすみ。

      ただただ願うこと。

      2011.08.05 Friday
      0
         
        今年は暑いことは暑いけれど連日36度とか7度とかだった去年に比べると少しはマシなのかなというか
        朝晩がわりとすずしい気がします。節電も今後ますますしていかなければならないようだから猛暑だけは避けてほしいなと思いますがどうなんでしょう。
        言っている間にもうすぐお盆です。
        最近ちょっと仕事がバタバタしていて買い物して帰ってご飯作って後片付けが終わると突然電池が切れてしまいます。一寝入りしてへんな時間に目が覚めて。

        今日は(というか昨日ですね)若くして突然逝ってしまったサッカーの松田選手の悲しいニュースがありました。
        ご家族、一緒にプレーをしてきた仲間の気持ちを思うと突然あの世に連れ去ってしまった神様を恨むことしかできない。
        だけど一番悔しいのは紛れもなく本人。まだまだサッカーしたかった、やらなければいけないこといっぱいあったはず。
        ただただ虚しさ、喪失感しかなくてどんな言葉もみつかりません。
        こういう知らせを聞くとどうしても15年前に自分の伴侶に同じ状況が起こった時のこと、彼はサッカーをしてたわけじゃなくいつものようにお仕事をしてたのですが、、あのときの気持ちを思い出してしまいます。あとから思うとそれまでにかなり多忙でストレスも多く無理な日常を送っていたからいろいろ体に負担が起こっていろんなことが重なっていたのかもしれないけれどそこは「若さ」が無理をさせるんですね。
        ただの疲れだと思い思わせていたのかもしれない。まぁ後で何を言っても仕方ないけれど。
        ほんと、皆さん、大丈夫、若いからとか関係なくハードな生活が続いたらそういうときほどしっかり自分の身体と向き合ってほしいなぁって思うのですよ。
         
        じんくんも仕事柄いろんなことが重なったり不規則になったりするだろうけれどしっかり栄養とって睡眠とって気をつけてね。
        健康で元気でいてね。
        早くいろいろお知らせも待ち遠しいけれど、今日はそんな思いしかありません。

        ただただご冥福をお祈りするばかりです。




        つながる。

        2011.04.01 Friday
        0
          3月も終わり今日から4月です。
          震災から3週間。
          地震、津波の映像を茫然と見つめることしかできずにいた上に今度は原発事故というもっと目に見えないもののあやふやな得体のしれない不安、いったい神様はこれ以上どうしろというのですか、と思わずにはいられない毎日です。
          そんなことを言っても西にいる人間はほんとにまだまだいろんなことがわかってなくて、いろんなところで叫ばれている「今私たちに何ができるのか?」という問いかけにも被災地や関東の方から見ればまだ温度差があるのかもしれません。
          それでももうすでに自分の働いている会社にもその影響がじわじわ迫ってきていることも肌で感じています。
          自分にできることは何だろう、日常を普通におくることができればできるほど反対にその思いも常によぎります。
          福島で作られているお野菜たちが風評被害で出荷できず処分されてるのを見るとほんとに胸が痛みます。どうにかならないものなの?
          だから今自分にできることは自分の生活に関わる場所で募金箱を見かけたら募金をすること、買占めをしないこと、デマにまどわされないこと、ACの広告でエンドレスに流れているほんとにそのことだけですね。
          あと、自分なりに今まで通りできることはことによるけれどできるだけ自粛しすぎない。
          今元気なものが経済をしっかり回さないと復興のためのお金だって作れない。
          どんな人にだってささやかな心の潤いがあるとすればそれをできる範囲で楽しむことも必要、と思っています。
           
          じんくんがメッセージで言ってたよね。
          「みんなの大切な人が大切な家族や友だちが無事であることを心から祈っています」
          それって一番自分が最初にできることで
          直接遠くの人に何かをすぐにしてあげられることはできないけれど
          みんながそうあればそれはつながっていってずっと遠くまでも繋がり続けることができるのかもしれない。
           
          どんな手段でもいいから思いが繋がっていけますように。
           



          デイリースポーツより

          近藤真彦、SMAP、嵐らが所属するジャニーズ事務所が東日本大震災支援プロジェクト「Marching J(マーチング J)」の立ち上げが29日、発表された。「僕たちにできることをしたい」というタレントの強い意志を受け、発足された。事務所に所属し活動している全タレント27組85人と、ジャニーズJr.が参加するジャニーズの歴史始まって以来の大プロジェクト。第1弾として4月1日から3日まで東京・代々木第一体育館前の広場で参加可能な全タレントが参加し、募金が行われる。
          ジャニーズ史上最大のチャリティープロジェクトが始動する。
          Marching Jは「前へと行進(march)する」と「あなたと共に歩いていこう」という思いを込めたプロジェクト名。JはジャニーズとJapanの2つの言葉の頭文字から取り、来年3月までに復興するという思いを込め「3月(March)」という言葉も重ね合わせた。
          プロジェクトの第一歩となる募金イベントは、4月1日から3日の午前10時から午後5時まで開催。だれが何時に会場に来るかなど詳細は明かされていないが、近藤をはじめSMAP、嵐、関ジャニエイト、Hey!Say!JUMPらほぼ全タレントがそれぞれ2日間ずつ登場、ステージ上で募金を呼びかける。
          同事務所によれば、東北地方に住むファンクラブ会員は数十万人に及ぶという。ジャニー喜多川社長は「一人一人が『今こそ自分たちがやる時だ』という気持ちを持っている」とタレントからの自発的な動きが大きかったことを明かした。
          ジャニーズの“行進”はそれだけでは終わらない。今後は「明日を作るために、来年3月までに何ができるかが一番大事。絶対に1年をかけて復興してほしい」(喜多川社長)と、来年3月まで毎月復興支援イベントを行うことも発表。5月29日には東京ドームでジャニーズJr.によるチャリティー野球大会開催が決定した。
          TOKIOや山下智久ら震災で延期された5組のコンサートも、「公演を楽しみに頑張る」という被災地のファンの声が多数寄せられ、4、5月に振り替え開催が決まった。
          Marching Jの活動期間はあえて区切っていない。同社長は「日本が元に戻るまでエンドレスで活動する」と復興支援に終わりはないことを明言した。
          なお4月のイベントの問い合わせはTEL0180・993・707(マーチングJ事務局 24時間テープ案内)。

          JUGEMテーマ:赤西仁



          今できること。

          2011.03.18 Friday
          0
            久しぶりにMステでテレビで人が歌を歌ってるのを見た気がします。
            やっぱりあれこれ理屈なしに歌を聞いているのって癒される。
            でも今本当に癒されてほしい人々のところにはまだまだTVやラジオが行き届くところまで行ってないんだろうなぁ。
            1995年阪神大震災の時も直後のMステでSMAPが「がんばりましょう」を歌っていたなぁなんて思い出した。
            音楽ってそのころの風景やその時の気持ちというか自分を思い出すの。

            でも音楽なんて今食べるものや暖かい寝床さえままならない人々にとってそれどころじゃないということは重々承知してるけれど
            ふとラジオから流れる歌で少し気持ちが安らかになればいいなぁ。

            みんなが今自分にできる手助けってそれが自己満足であっては決していけないけれど100人いれば100通りあっていいと思うし
            ましてや寄付金の額やそれが早いか遅いかなんて比べるものではないと思います。
            名前を出さずにそっと寄付してらっしゃるかたもいっぱいいると思うし。

            ジャニーズ事務所が中止した公演に使うために用意していた搬送用の車や電源車、そして燃料をまず寄付することを申し出、許可が下り被災地に向け出発、到着したとのこと。
            まさに「今一番に必要なこと」に対して「今すぐできること」ですよね。
            そしてこれから時間をかけて何らかの形で「彼らができること」をやってくれるのでしょう。
            その時ファンとしてすこしでも協力できればともちろん思っています。

            いますぐ現地に一番必要なことは多額の現金じゃなくてあたたかな食事や寝床や燃料。
            (いや、もちろんお金は大事だし、これからの復興への長い道のりには一番に要るものであるということはわかっています)
            そして安心して生活ができる場所。家。仕事。学校。
            それはまだまだ長い道のり。
            何年も何年もかかること。
            阪神大震災の時、J-Frendsが結成されて当時小学1年生の子が義務教育を終えるまでという長いスパンで支援して来たその経験を十分生かしてまた希望の光を長く長く照らし続けてほしいと思います。彼ららしい方法で。





            何と言っていいかわからないけど・・・

            2011.03.12 Saturday
            0
               
              大変ですね・・・

              自然の力は恐ろしい。

              正直昨日の時点ではそこまで深刻に思ってなかったけど帰ってから実際にニュースをみてただただ唖然とするばかり。

              昨日まで普通にあったものが突然なくなってしまうという恐怖。

              神戸震災のときも実際に揺れを体験しほんとに怖かったけど今回あの恐ろしい津波に流される映像を見ていたら何とも言えない気持ちです。

              別の場所でもまた地震とかいってるみたいだし日本列島大丈夫?地球大丈夫っていう気になってきます。
              お友達たち@関東 は皆無事の様で安心しましたが被災地近くにおられるご家族や親戚の方たちとまだ連絡が取れないというお話も聞いて心配です。
              お友達の無事を確かめるしか何もできないけど
              でも何か直接じゃなくても身近にできることからなにかしていかないと・・・

              少しでも被害がこれ以上大きくならないように、犠牲者が増えないように、これ以上悲しみの涙がこぼれないように、、祈ることしかできません。



               

              その先にヒカリは見えてくるはず。

              2010.08.25 Wednesday
              0
                 
                うん、仁くんだってきっと腹をくくってるんだから
                私たちも腹をくくろう。。。
                って昨日しゃべってて言われて、そうだなぁ、って思えました。

                心にしまっておこうと思ったけどやっぱり書いておこうかと。
                もうブツブツ長いつぶやきはこれで最後に。

                KAT-TUN WORLD TOUR 2010京セラ。

                2010.08.23 Monday
                0
                  京セラ2日間行ってきました。
                  もう寝なきゃいけないけどまた明日は違うこと思っているかもしれないから一言だけ。 

                  新しいYES

                  2010.05.01 Saturday
                  0

                    っていうSalyuのアルバムの「MAIDEN VOYAGE」中の曲気に入っています。

                    どこまでも続くこの空の先は
                    わからないけどあなたといたいな
                    そしてそれがいつも最高のYESであれたら・・・

                    (小林さん、いい詞書くなぁ)



                    Mステ、リアルタイムでは見られなかった録画しとこうと思ったのにわすれちゃった(^^ゞ
                    1週目ちょっと見る勇気がなかったってのも本音。
                    案外これで来週再来週は普通に見られるかな。
                    Goingもちゃんと聞きたいし。爽やか白のKAT-TUN見てみたいし。

                    リハでも触れなかったからTVも多くは期待してなかったけど、、ライトな感じだったそうで・・・。
                    Mステ、まぁ、トークだって数分もなくてリハがあってしゃべることも打ち合わせしてるんだしいろいろ大人の事情があると思っておく。
                    アリーナツアーも目の前、今は5人でベストなものを作っていくってこと一生懸命なんだ、多くは語らないそんな男たちなんだ、KAT-TUNは、って思っておく。

                    今回のことは前とは違う、っていくら私たちがわかっていても、み〜んなにわかってもらうってことはやっぱりむずかしいことなのね。
                    わかってもらえる人にだけわかってもらえたらいい、、っていつも言ってた仁くんの気持、そんなことばっかりじゃないよ、って思ったこともあったけどが今になってやっとわかったかもしれない。

                    言われた時は混乱したし、一人で海外って怖い、って仁くんはいってた。
                    ファンの気持ちを不安にさせたことも心配しながらも、それでも応援してほしいっていってた。
                    向こうでがんばって成長して帰ってくるっていってた。
                    今はその言葉が私にとってすべて。
                    分かれてのツアーもどんな風当たりがあるかも、きっとわかっててそれでもそういう選択をした、っていうかその道を用意されてそれぞれが行くって決めたんだから後はファンとして見守る、全力で見守る。

                    だから今さら思うんだけど
                    あの動画配信メッセージの仁くんは褒めてあげたい。
                    ちゃんとKAT-TUNの宣伝に来ましたって言ったからね。
                    日本語ちょっとおかしかったけど(笑)
                    別にそこまで深く思って言ったんじゃないだろうけど、だから、仁くんはほんとはいつも自然にKAT-TUNのことも大事に思ってるんだと思う。

                    あぁなんかだいたいまだまだ自分の今の気持ちも混乱してるから100%の想いは書くことは不可能。
                    でも文字にして並べてるとちょっと気持ちが整理できてくるような気もします。

                    オリスタ。ちゃんと仁くん載ってて良かった。
                    連休明けのドル誌も載ってるそうで楽しみ、、、この流れでL.Aのこともちょっとでいいからこれからも載ってほしいなぁ。
                    それより、、マニュ。待ってます。
                     
                    今日もいいお天気。気分を変えて映画でも見にいってきます〜(^^)

                    JUGEMテーマ:赤西仁


                    単身赴任だから

                    2010.04.29 Thursday
                    0
                       
                      って前に帰ってきた時は言ってましたね。
                      でも考えたら
                      今回が正真正銘の
                      「単身赴任」
                      ですよね(^^)
                       
                      昨日の公開リハ、行かれた方からの感想いくつか聞きました。
                      リハーサルっていうだけあっていつものライブとはまた違った雰囲気で、作り上げていく過程やその時のメンバーの様子も見られたり貴重なものだったんじゃないかなぁって思います。
                      (やはりオールスタンディングはきつそう、、、だそうですが・・・^^;)
                      仁ファンでもいろいろで感じ方も人それぞれだなぁって思いました。
                      そりゃ曲によっては切なくなってしまうこともたくさんあったでしょう。
                      けど5人だって6人のときと同じパワーを出すためにひとりひとりがいつもの2割増しで乗り切るっていう意気込みを持っているっていうか、プライドもあるでしょうしね。
                       
                      いろいろ聞いてただ一つ思ったのはやっぱり行くことにしてよかったなぁっていうことです。
                      仁くんのいないKAT-TUNのライブを見るのは正直やっぱり寂しいって思ってたんですけど(いや今も思ってますけど)家で勝手にあれこれ考えて悶々としてるよりその場に行けばきっと楽しい時間を彼らはくれるって信じてる。
                      ほんとになんでもいいように考えようとしても、結局頭で考えてるといいように考えられなくなって、結局今彼らにどうしてほしいのか、どうしてくれたらスッキリするのか、自分でもどういう答えが欲しいのかわからなくなってたんですね。
                      やっぱりこの目で見るしかない。そしてきっと秋には何かがわかる。
                      単身赴任の仁くんも「向こうでがんばって成長して帰ってくる」って言ってるんだから、、ファンだって今を楽しもうって。
                       
                      だから仁くん。行くまでにマニュアル絶対忘れないでね。あと一言、それを聞きさえすればとにかく得心できると思うから。


                      JUGEMテーマ:赤西仁





                      calendar

                      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      ご訪問ありがとうございます

                      ようこそ!

                      メールはこちらから

                      twitter

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL&ASIA 上映プレミアトークイベント
                        tuba
                      • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                        kako
                      • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                        かりん
                      • すーん。
                        かりん
                      • CD
                        みゆう
                      • ありのままで〜
                        kako
                      • ありのままで〜
                        kako
                      • ありのままで〜
                        ゆりこ
                      • ありのままで〜
                        tomo
                      • おひさしぶりです。
                        kako

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1407
                      最後に更新した日:2017/05/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      jugem AD