SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
ご訪問ありがとうございます
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
Me Tour@24日渋谷


JIN AKANISHI  LIVE TOUR 2015 〜Me〜
全国ツアー19公演 無事終了 じんくんお疲れさま!
入れた公演も入れなかった公演も入られた皆様のレポのおかげでその様子も知ることができてたくさん楽しませていただきほんとうに楽しい3ヶ月だった。
オーラスの挨拶で2015年もありがとうございました、って挨拶したらしいけど💦💦
いやまだ上海や沖縄もあるし〜笑
きっと改まった挨拶を最後に一生懸命日本語考えて出てきた言葉ならなんだかじんじんらしいけどね(甘)
一昨年のクラブサーキットだったかなあ?大阪で入れたあのオーラスの独特感が忘れられず
何があってもオーラスはやっぱり行きたい!と意気込んで今年は仙台八王子エントリーしたりしたんだけどね
意外と人気ある赤西さんw(私たちは意外となんて全然思ってませんけど!)追加に次ぐ追加で、やっぱり運がなくて最終日はお友達に魂を預けておりました。
昨日はほんとにじんくんも達成感いっぱいの笑顔だったんだろうな〜
そんなじんくん見たかったけれど、仁欲はきっと仮に全ステしたとしてももっともっと見ていたい、、ってキリなく思うんだろうな。
とにかくアクシデントなく(大阪では一度音響のトラブルあったけどね、それもライブ感あり!でレアだったけど)
無事に終わってほんとによかった。
そして何と8月にJindependence のDVDがでたところなのに11月18日にもうこのMe TourのDVDが出ると!
いや、ちょっと早すぎて、いや、めちゃくちゃうれしいけど、そんなツアー中に発表されるのなんて初めてだしビックリ、そんな幸せなことでいいの?なんかあるの?いやまた長い休みに入るから?←相変わらず慣れてなくて素直になれない
で、オーラスには入れなかったけれど、なんとその前日の男子囲い込み作戦公演「THE じんじん VS お○んお○ん公演」
お友達が息子ちゃんを連れていくのに申し込んでて、ありがたいことに誘ってもらって行かせていただいてしまいました。
(なんと24日の男性同伴渋谷公演、全体の44%が男性、じんじんライブ初めての人が750人だったそうです。)
会場に入ると、楽しそうに2、3人連れの若い男の子(普段も来てそうな子達)から 彼女に連れてこられた人、奥様に連れてこられた人、お友達に連れてこられた人、お母さんに連れてこられた男の子、見渡せば3分の1どころか半数ぐらいかもね?って言ってたんだけどやっぱり半数近くだったんだね。今までに見たことのない光景だった。
いつかアメリカで歌いたい、とか、男性限定でやりたい、とか 昔言ってたけれど、そのときは夢語ってるな〜っ話半分に聞いていたけれど、言ってたことことごとく実現させているじんくんのこの有言実行男、なんなのよ!?ってこの光景を見て今更ながらまた思ったよ。
そんな空間に入って始まったらどうなるんだろう〜ちょっとこっちも半分不安みたいな?ドキドキしながら会場が暗くなると、いつもより少しトーンの低いウオ〜って歓声があがり結構最初から何の心配もないくらい盛り上がっていましたよ。
近くを見渡しても男性の皆様の様子が気になりついちらちら伺ってしまっていたけれど、時間が経つに連れてみんな楽しそうになっていってて、ずーっと座ったままのおじさまもずっとステージを見入ってらした。
じんじんも緊張していたのかな?やっぱりちょっと緊張してたんだろうね。目がハートで息をするのも忘れそうな女子だらけじゃないその場所に最初登場してきた機械仁くんの目は鋭かったような気がする。
スペシャル公演とはいえセットリストや構成はいつもの通りで、でもそれがなんかよくてきっといつも通りの赤西仁を見てくれ!感じてほしい!って思いだったんだろうなと思う。
席は2階後方のセンター寄りで初めての2階からのライティングがものすごく楽しみでした。ステージの床に照らされる光の動きもよく見える。
機械仁くんから抜け出した拘束仁くんのダンスの足元の細かな動き〜
その拘束から解き放たれたDayum のひらひらダンスはやっぱり大好きだ。あんなに軽やかなのにフワフワ色っぽいという…
We the party で歌い始めの時に一瞬音が??になって一瞬大阪のSlowがよぎってしまったんだけど何事もないようにすっと歌い始めたじんくんがめっちゃかっこよかった。オープニングからここまで流れるように温度が上がっていく。
Baby〜ミアモルのじんじん濡れ髪で首筋にかかる髪が短くなっていたような?
前髪は目にかかってるんだけどその隙間からのぞくせつない瞳がたまらない、途中からかきあげて全開のお顔が現れたら、もうこれ何回目かなのにその麗しさには全然慣れない、相変わらずのため息もれる美しさでした。男子たちの目にはどう映っていたんだろうか?
クール、セクシーの次は可愛いラキラキ〜 Good Time・・・
そして和やかなMCタイム
男子同伴、って言葉にキャバクラみたい変な風に取られちゃってね〜ファンを利用!利用って!活用って言えばいいのに〜とか、でも目一杯頼って利用してくれていいんだよ〜〜って甘ファンが心で叫んでたよ
半数近いんじゃない?ってじんじんも嬉しそうだった。ちなみに無理矢理連れてこられた人〜
あ〜結構いるね(笑)おちんちんついてるひと〜?うお〜!って感じで、
でも、つまんなくても最後までいてくださいね、って男子にもさっそく甘えん坊になってませんでしたか?笑
ここでDVDの発売発表(ちゃんと日にちも言えましたね)
ほんとにしゃべるの苦手でできればしゃべりたくないけど成長しようと思って
でも一語一語気をつけないと大変なことになっちゃう
60代の人??のときに挙手した奥様に連れてこられたおじさまにじんくん「いつもすみませんお金いっぱい使わせて…」
来年2月に80歳になるというご婦人に来年も来てくださいね、、って。
しかしいつもながら0代(10歳未満)の子から80代まで、すごいよじんくん。
そういえばこの日は拡張現実の説明は一切なかった(笑)
小林武史さんもいらしていてじんじんの口から今日来てくれてるって、ジャンルが違うからあとでどんなダメ出しされるか楽しみって。「あかにしさ〜」ってちょっとマネうまかったよ。
私個人的にはものすごく小林さんきてくれてすごくうれしかったな。BANDAGEというあの映画で小林さんと岩井さんとの出会いはじんくんのなかで影響を受けた方達だったと思うし、小林さんの監督として、音楽プロデューサーとして、一から作品を作り上げるというその仕事に対する姿勢とかね。独立した今の赤西仁を見た小林さんの感想も聞いてみたいな〜
セルフプロデュースするじんくんはもちろん好きだけれど、誰かにプロデュースされるじんくんもこれからどこかで見てみたい。だから音楽もだれかとコラボとかすごく見たい。
そうそうコラボと言えば…質問コーナーの3人の男性の質問がみんなよかったですね。
最初の20歳の男子、かつんデビュー前からのファン(てことは小学生から?)WONDERの音源化とかはないんですか?
聞いてみます!大人の世界があるからね…って(やっぱりそこが壁なのね。)ぜひとも壁を乗り越えていただきたい。
次の28歳男性がジムで鍛えてるそうだけどどの部位を?に間髪いれず「ち○ち○ですよ!ダンベルあげてるから!プロテイン飲みながら!」の声の張り上げようと言ったら(爆笑)子供か〜〜って言いそうになったら
最後の9歳の男の子!もうそれがツボにはまったらしく笑いすぎてしゃべれない、待ってるじんじんのそのときの顔が何とも言えず(笑)「なんで〜ち○ち○ち○ち○ばっかりいうんですかあ〜?」
じんくん「それは〜ぼくの脳内が9歳から発達してなくて〜脳年齢9歳ち○ち○いうのがおもしろくて〜成長するからまってて」このQ&Aがこの日の一番の笑いをとってました。
と、MC覚え書きが長くなってしまいましたが
そのあと後半のトロッコMiss Caloforniaからの盛り上がりはいつも通りいやいつも以上か、会場が男子率44%、初めて来た人3分の1なんてもうどこへやらの盛り上がりだったと思う。
最後のアイナルホウエは最初の機械に拘束されたあの表情から正反対の優しい瞳で幸せな表情、この目で初めて大きなハートを描いたのを見た気がする。
ちょっと特別なことを思いついていろんなこと言われたりしながらもやってみたこの公演を終えた達成感と充実感で満ちあふれたその顔をを見てグッと心が締め付けられたよ(涙)
いろんなじんくんがやりたいなあ〜って思っていること、きっと某ジャニぴー事務所にいる限り成し遂げられなかったもの。いまでも6人の未来が続いていればどんなんだっただろうって思いは0%ではないけれど、
今回のツアーは新しいファン獲得という以外に、じんくんがグループを離れたときに離れてしまったファンも久しぶりに見たってひともツイとかで見かけたけれどやめたからできることをどんどんやって実現させてるじんくんを見て少しは何かを納得してもらえたのではないかな?そうあればいいのだけれど、って思いがある。
濃い〜ファンばかりじゃなくて何となく音楽をきいてこの音楽好き、どんな人が歌ってる?アルバム聴いてみたいな、コンサートも見てみたいな、、っていうそういうライトなファンも増やすことがCDとかの売上に大きく影響するしね。
昔みたいにわかる人だけわかってくれたらいい、それも悪くはないとは思うけれど、今のじんくんは少しでもわかってくれる人が増えてほしいっていう姿勢に変わってきてるとおもうし、それは独立して、家族ももって芽生えていったものだと思う。
成長しようと自ら試行錯誤するじんくんがいとおしいです(←結局はどんな姿もいとおしい)
 
とコンサートの感想がまたぐだぐだ書いているうちになんだか違う感想に変わってしまったけれど💦
Me Tourは終わってしまいましたが、2015年はまだ終わりません(3ヶ月楽しませてもらった分、またがんばって働かねば!)
JUGEMテーマ:赤西仁




| コンサート | 01:00 | comments(0) | - | |
インテックスの様子&ワールドカップ&CLUB NOKIA


 
 
あしたはいよいよインテックス。
インテックスの会場のイメージがまったくわからなくて、
わからないからお友達とあれこれ想像してたらますます不安になって(笑)
靴はやっぱりもうペチャンコでいこう、とか、バッグはやっぱり斜めがけだね、とか、、1ブロックにどれだけ詰め込まれるんだろう、やっぱり周りの柵から埋まって行くのかなぁとか。。。。話してました。

先ほど、今日入られたお友達情報によると
入場待機列 というのがあり100人単位で並ぶところがあるそうです。
センステ、バクステなし。ムービング、トロッコあり。近い。
トロッコが通るたびにお客さんが移動するらしいので結構スペースに余裕はあるそうであんまりぎゅうぎゅうではないらしいです。
それきいてちょっと安心。そりゃ柵のそばの方がいいかもしれないけどトロッコがきたら移動があって危なそうなので、真ん中あたりでじっとしてたほうがゆったりしてるかもね。
並ぶ時間から考えると立ちっぱ4時間以上になると思われますが(ひゃぁ・・・)
安全に楽しまなくちゃね!(くれぐれもおしあいはやめましょう!)
 


そうそう、ワールドカップ、決勝T進出おめでとうございます〜
アウェイでの初進出、素晴らしいことです!
 
私、サッカー観戦はよその国同士とかがやっているのは気楽に見られて好きなスポーツだけど普段、日本の試合を見ているのはもどかしいというか特に押されている試合とか、観戦するのがいつもおっくうになってしまうのですが・・・
でもこれだけ世間のテンションが上がってる以上見ないわけにはいかない(^o^)/
今朝も早朝から(途中からですが)見ましたよ〜 
本田さん、このお方もいろいろ言われる人ですけどなるほど、有言実行の男なのですね(^^)
あのFKはすごかったです。回転しないらいボールらしいです←受け売り(笑)
ゴール前のあれだけの人数の隙間をす〜〜〜っとまるでゴールに磁石がついてるかのようにボールが吸いこまれていった、っていう感じでした。
ここ!という時に決められる人がスターなのですね〜どの世界も・・・
試合後のインタビューでも決して満足してないところがあぁプロだな、もう次のことを見ているんだなぁって思いました。
 
で、終わってスタジオに武田さんがいて、、、サッカーを語る武田さんはいつもの武田さんじゃなかったです(^^)
(何故か武田さんを見て急にカツカツ長崎サッカー仁くんが見たくなった!)
仁くんもちょっとはワールドカップとか見てるのかなぁ。
あ、でもサッカーは見るよりする方が好きなんでしたっけ。オシム知らなかったし(爆)
アメリカってあんまりサッカーでわ〜わ〜言わないですものね。でもアメリカ決勝T出ますけどね。
 
なぜかワールドカップデンマーク戦から話それましたが、、、不安がられてた日本代表、それがかえってバネになって一試合ごとに強くなっていってるようなので、トーナメントもがんばってほしいですね〜
 
仁くんはロス公演終わって少しゆっくりしてるのでしょうか?
終わったところで何なんですが、そろそろ米ツアーのために(というか私たちのために!)CDとかのレコーディングの準備などしていて米ツアーがスタートする前ぐらいに発売、ってことにならないかな。
聞くところによると新曲も神曲らしくて・・・聞きたい!・・・せめてCDが出たらなぁ・・・。
 
 
帰ってこられたお友達の言葉がね、すごく聞くだけでも幸せにな気持ちになりました。ありがとう。
 
仁、痩せたってライブを見ていて思ったけどすごくしまっていて、、
無我夢中でやっている仁は眩しかったよ、、、
アンコールで出てきた仁の笑顔は私達を幸せにしてくれた、、、


CLUB NOKIAの看板


バーカウンターで仁くんがきたところ(ライティングが素敵ですね!)
 
 
JUGEMテーマ:赤西仁

 
 




| コンサート | 23:03 | comments(0) | - | |
ありがとう。


バタバタと慌ただしい金〜土曜日でございました。
金曜日は仕事の帰りに懇談があったりで電車に揺られていたところにメールが・・・
友&仁Star Live1名義当っていました(感涙)
クジ運ほんとにいつも悪いのに、、、ありがとう神様。
とにかく行けるになりました。
その後あちこちお友達界隈のお話を聞くと、日にちにもよると思うのですがなかなか厳しかったようで。。。
ハガキの方はまだ到着したという情報がないので明日くらいわかるのかな?
みんな頑張ってせっせとハガキ書いたものね・・・
少しでもたくさんのファンが1度でもその場に仁様に行けますように、会えますように、ここはもう一つ神様・・・よろしくお頼もうします〜


そんなこんなですっかり他のことが置き去りになっていますが雑誌他続々ですね。
もう、なんか聞いたことのない雑誌の名前があったりしてわけがわからなくなってます^^;
 
で、CINEMA SQUARE まだ来ませんが、何か???
(ほんとにちゃんと注文してたのか不安になって調べたら12日発送されたようです)

あと、ほれ、これもあるそうですよ。
GINZA (去年だったっ?今年かな?)前回のよかったですよね〜 あのスーツケースに腰掛けてたの好きでした。
予告のところに書いてあったコピーがこれまた・・・

「Boys in Mode
赤西仁、もっと吐息を感じる距離で」

この前のTVガイドさんのみたいなの期待しちゃいます。

とりあえず今後のスケジュール、整理。
12/17(木) TV Taro 2月号  TV navi
12/18(金) マーガレット  buku
12/18(金) ピクトアップ
12/19(土) theatre culture magazine T.  EXぴあ
12/20(日) BARFOUT!  SWITCH
12/21(月) VoCE 2月号 FLIX 2月号
12/24(木) Hanako
12/25(金) MORE  MISS
12/26(土) Como
01/04(月) TVぴあ
01/07(木) BANDAGE公式写真集
01/09(土) POPEYE 2月号
01/12(火) GINZA 2月号
 
CD・DVD
12/16(水) DVD「Live Break the Records」
        dwango着うたフル「二十歳の戦争(LANDS)」
1/13(水) CD「Olympos(LANDS)」
        CD「ANOTHER BANDAGE(Sound Track)」
03/03(水) 2010-2011

TV
12/15(火) ベストアーティスト2009(KAT-TUN)
01/04(月) SMAPXSMAP SP(KAT-TUN)
01/06(水) 大人のオキテSP(KAT-TUN)
01/15(金) ヤマトナデシコ七変化(亀ちゃん)
 
LIVE
01/16(土) 映画「BANDAGE」公開
01/19(火) LANDS LAST Live
02/07(日) ゙友&仁@日生劇場(〜2/28)




JUGEMテーマ:赤西仁





| コンサート | 09:25 | comments(0) | - | |
お待ち申しあげております。


 
今日からソロコン当落の通知が来るとか来ないとか…
今更じたばたしても仕方がないので静かに待つことにしましょう。

メールは当りそうにない厳しいところをだしてるから無理でもハガキが一枚でもひっかかってくれたらなあ…ってハガキはいつくるのか?
15日にまでに振込とか書いてあるから月曜日にはもうわかるってことね。
でもハガキって落選通知来ないんでしょう?
これって何かもやもやしますよね。(もしかしたら当たってるのに郵便が迷子になるかもしれないし、、とか)


ところで一昨日あたりからあちこちから悲鳴というか絶賛のメールをいただいてるCINEMA SQUARE
まだ届きません〜セブンさーん〜
帰りに本屋さん寄ってしまいましたよ。ちらと棚に見えた仁さまのお顔。
しかしここはぐっとがまんして手を出さずに帰ってきました。
これだけの雑誌ラッシュだからね、だんだん気持ち的にも悠長に構えられてるのかも(^−^)
でもはやくみた〜い。


JUGEMテーマ:赤西仁




| コンサート | 12:33 | comments(0) | - | |
本屋さんのanan & ARASHI 5×10 Anniversary Tour @京セラ


お彼岸も済んだというのにお昼間は暑いですね。
ここ数日のピンクな気分をリセットして(笑)昨日は嵐コンに行ってきました。
しかしまぁ京セラへの道も目つぶって行けるほど(笑)シャッシャカと行けるようになりましたなぁ。
昨日はことさらアラカンおばさま2名をお連れしたのですが、感心されました。
初日なので混むと思って昼前についてグッズを買ったら開演まで時間がありすぎて困りました。
心斎橋でうろうろ時間をつぶしていたら(実はananの広告ないかなぁなんて・・・)電車では中吊りはお目にかかれなかったのですが心斎橋の御堂筋線から鶴見緑地線への連絡通路で発見しました。でもあまりに人が多くて写メは断念。
あと長堀クリスタの大きな書店の入り口にワゴンがドンとあってそこにはananのみ積まれていてすごかったです(こんなの見たことない〜)
きっと皆様、買うという目的以外にどれだけ積まれてるのかとかどれだけ減ってるのかってとっても気になりますよね。
マガジンハウスさんも相当たくさん刷られたようですし・・・
私も毎日amazonさんの雑誌ランキングを毎日のぞいてます。
でもそのポスターを見た叔母が(あの白シャツのしか見てないですが)「仁くんっていいカラダしてはんのね〜」ってひとしきり言ってましたし(笑)
「そ〜よ、そ〜なのよ〜立ち読みでもいいから見てきて」っていったら立ち読みなんでできないって言われましたけど(^^ゞ
あの白シャツのほうが表紙だったら一般仁さんももっと買い易かったかも!?
でも、そこをあえてあの表紙にしたってところにマガジンハウスさんの強気を感じますね。

で、嵐コン(^.^)
もうね、おなかいっぱい!10周年というフルコースディナーを堪能したそんな気分ですね。
大阪は初日というのにトリプルアンコまで約3時間20分。
さすがは飛ぶ鳥を落とす勢いの超国民的アイドルに登りつめたグループ、セットリストから何から何までファンのこれはやってほしいあれもやってほしいという(100%嵐オンリーファンじゃないからわからないけど)ニーズに答えてくれてるライブと申しましょうか。
グッズもね、お子様用のうちわとか(小さくてメンバーの笑顔もお子様向けにとってもかわいい)ジャポニカ学習帳?の嵐版「じゆうのーと」とかあるんです。
090926_152821_ed.jpg
そりゃぁ小学生のハートも射止めるわ(*^_^*)
10年間ファンをやってきた人でも、昨日初めてジャニコンという人に行った人も(うちの叔母とかもすっかりマツジュンのトリコです)ほんとに満足して帰ってこられたと思います。
嵐くんたちってそれぞれみんなほんとに「The King of アイドル」なんですもん。
でも、5人にとっては10年間は決して短くなくて、でもここまでやってこれたのは見守ってくれるファンとこの5人だったからだからっていう気持ちとその気持ちを大切にこれから11年、12年・・・へのスタートにしたいというそれぞれの思いもしっかり聞けていい記念のコンサートだったなぁって思います。
いっぱい歌ってほんと今日はいい疲労感です。
そしてやっぱりジャニコンは楽しい。
 
それになんていうのかなぁ。
私にとってはいつも嵐コンというのは遊園地に行くような気分でリラックスして楽しめるというかそんなコンサートなのです。
KAT-TUNコンはちょっとこの感覚とは違うから。
KAT-TUNコンっていうのは、わ〜い楽しい〜っていうだけじゃなくてなんというかヒャ〜〜とかキュ〜ンとかドドン〜とかクラ〜っとか(表現方法がわからないから擬音でごまかしてます)そんな五感を刺激するというか、、息が止まりそうな、心臓がギュっとわしづかみにされそうな瞬間がたまらなくて・・・
他のコンサートにいくとほんとによくわかるんですよね。
みんな違うって。だから、いいって。
違うタイプだからどのコンサートも楽しいし、そして、、、やっぱりまたKAT-TUNに逢いたくなる。
結局は最後、早くまたKAT-TUNコンに行きた〜いって心の中で叫びながら帰ってきた次第です。


cinema★cinemaセブンアンドワイで予約開始してますね。
cinema★cinema  セブンアンドワイ

映画関連もボチボチと・・・
「赤西 仁がインディーズバンドのヴォーカリストに!?
来春公開の話題作から、ライヴ写真をゲット!」




JUGEMテーマ:ジャニーズ
JUGEMテーマ:赤西仁
 




| コンサート | 22:47 | comments(2) | - | |
宝物。


 
はっ、ナツキなにそれ?(byPちゃんの今日のメールに書いてあった)
ほんと、なにそれ〜!って思いっきりはまりこんでる月曜日の夜です(笑)
まぁここでラブラブでハッピーエンドじゃ物語終わっちゃいますけどね。
しょっぱなのラブラブ莉子と直輝くんにキュンキュンしましたけど、、、
直輝君、そういうふうに別れた彼女にも優しくするからややこしくなるのよ。
これね、ラブジェネをまた思い出しましたね〜同じ展開だ。いいですねぇこの王道月9!(そういや、松さんも理子だった)
 
さぁやっとこさ、アマゾンさんから届きました。フォトブック。
箱が重たい。ずっしりと。
この重さはドーム10日間(+京セラ3日間)の彼らと彼らを支えた人々と見守ったファンの重みですね。
外観。まるで美術館の図録のようなハードカバー。裏表紙もステキです。真ん中にスポットライトを浴びる6人が…
なんていうか、おしゃれな、アートな感じのフォトブックという印象です。
いつもの綺麗〜なアイドル誌の写真とは違って、粒子が粗いところがかえって躍動感あふれて今にもうごきだしそうなそんな写真がいっぱい。
打ち合わせやリハーサル風景がたくさんあるのがとっても新鮮。
仁さんに関して言えばサングラスも結構多いし逆光やハットで顔がよく見えないのもあるのだけど、ライブのときのリアルな感じがそのまま出ていて、それもなんか逆にかっこよくて、オフショットは素っぽい表情とか、小さなショットは見たかったなあと思うのがたくさんあって(アンコールのときの濡れ髪とか)いろんな思い出がどんどん蘇ってきます。
Individualのモノクロがめちゃめちゃ男っぽくてかっこいい。
最後の6人の立ち姿、これぞオラオラのKAT-TUN!で好きすぎる〜
メッセージも。。。。。聞きたかった言葉、仁さんの思い、がそこにありました。
とりあえずササ〜っと最初から最後まで目を通しましたが、こりゃ、腰を据えてゆっくり見てから感想というか・・・彼らの思いをじっくり感じたいです。
ほんとまた寝不足が続きそうだわ・・・
だって、明日はクリちゃんアルバムも来るし。
あしたCDから聴くの、ドチドチしてます。

JUGEMテーマ:赤西仁
JUGEMテーマ:KAT-TUN

 




| コンサート | 23:56 | comments(0) | - | |
おつかれさま!


北海道オーラス、無事に終了したようで・・・
5月の怒涛の8日連続ドーム公演からはじまり、京セラ、そして再びドーム、そしてアリーナツアー。
KAT-TUN、Jr.、スタッフの皆様、そしてこのツアーにかかわったすべての皆様お疲れさまでした。
アリーナツアーのこのほぼ1カ月はほんとに目まぐるしかったですね。
体力的にもとってもハードだったと思います。
新潟とこの北海道3日間は特に・・・・仁ファンにとっては長い一週間でした。
終わりよければすべてよし、、とはいうけど、、、もう、、心配させちゃって〜とか、、いろいろ思うことはありますが、でも今日オーラスの仁くんが、メンバーが笑顔で楽しそうだったということで・・・本当によかった。
ワタクシ的にも自分内Break the recordsの年になりました(笑)
こんなにあっちゃこっちゃ移動して。。。。
東京に、そして思いがけず広島福岡にも行くことが出来て・・・素敵な仁くんにたくさん逢う事が出来て
これもひとえに仁さんを通して(勝手に)巡り合ったお友達のおかげでございます。
ほんとうにありがとう。
また来年もすてきな仁さんに、KAT-TUNに、そしてたくさんの人に逢えますように。
 
仁さんもメンバーもゆっくり休養して(亀ちゃんはまたとんでもなく忙しい日々が即、続きますが・・・)新しいお仕事に向かっていってほしいです。
いろいろいそがしくなる?よね?

いよいよ月末には写真集、そして9月にクリスタルケイアルバム、、とうれしいことが待っています。
アルバムのことがあってからクリスタルケイさんのBLOGも覗いていますが
今日はプレミアムディスクのことも、Jin Akanishiの名前も載っていました〜
「Jinとの曲がWONDERとは真逆な感じでとってもしっとりしている夏の終わりにぴったりな1曲」
ってあります。。。
仁さんのあの「艶のある歌声」、女性と歌うLove song・・・聴いてもないのに鳥肌たっちゃう。
昨年のパイレーツアルバムでコンサートでは歌わなかったLove Affectionのあの感じがとっても好きだったんですよね。
あんな感じなのかなぁ・・・とかあれこれ想像してます。
あと1週間ほどなんだ〜〜とにかく楽しみすぎてまたソワソワ落ち着きのない毎日のことでしょう(*^_^*)



JUGEMテーマ:KAT-TUN
JUGEMテーマ:赤西仁






| コンサート | 00:52 | comments(4) | - | |
泣いても笑ってもいよいよ明日はオーラス。


わ〜い 今、エンタの神様つけてたらOXY激爽スプレー(そんな名前だっけ)ともぎたて果実のCMが続けて流れました。
なんかうれしい。

心だけはきたえーるに参戦しております。
今日は一日あわただしく用事で外出してたのですが、なんだか札幌の仁さんが気になって気になっておりました。
そんな中1部2部無事に終了したようで、昨日よりはだいぶとお声も出てて、えろとーくも炸裂してた模様で少しホッとしてます。
しかし、仁さんの元気モードのバロメータは下ネタ??(笑)
それでもその情報だけでもありがたいです。
もうね、こんなこと言ったら怒られると思うけどとにかく元気にステージに立っててくれたらそれだけでうれしい。
体がとにかく心配だったから、、、札幌では新型インフルのニュースもありましたからね。
 
どうしても何回も公演に入ると、(おまけにこのネットで飛び交う情報とか)ついついあの時に比べてこの時はどうのこうのとかおもわれたりあの時はこれをしたのにこの時はこれだけなの、とか思っちゃったりしがちです・・・
また同じ公演にはいってても人によっては(席とか見える位置とかで)受ける印象もまちまちだったり、セットにトラブルもあったりほんといろんなことがあると思います。
でもどの日も違って当たり前なんです。
ほんとの生なんだから、その日のいろんな状況で一回一回違ってて当たり前。
全部含めてライブというものなのですからね。
だから自分が入らないときにでもほんとに楽しかった様子を伺ったら(そりゃ見たかったと思うかもしれないけど)まず、あぁよかった、、って思うんです。
 
仁さんもまだまだ本調子ではないのかもしれないけどメンバーにも見えないところでたくさん助けてもらってるのとか聞くと(じんくんが座ってたらたっちゃんも座りに来るとか〜涙出ちゃったわ)グループっていいなぁってつくづく思います。
 
いよいよ明日は最終日。

「泣いても笑っても明日一日、同じ一日なら笑ってオーラスを終えてくださいませ!」

JUGEMテーマ:KAT-TUN
JUGEMテーマ:赤西仁








| コンサート | 22:53 | comments(0) | - | |
北の地に思いを馳せて。


マニュが遅れてることに少し不安な予感があったのだけど・・・
大丈夫かな?じんさん。
でも2部は1部よりも元気に見えたそうで、ニコニコとお手振りもしてたそうだからきっと大丈夫だと信じてますが。
お友達づてに聞くばかりで自分が実際見てないからどんどん悪いほうに想像ばかりふくらんで心配になっちゃって。
アンコがなかったこととか、毎回ベストの状態でいるべき、とか、プロだから体調管理がどうのとか言われることも当然なのかもしれないけど、いつも思うけど生身の人間ですからね。気持ちだけではどうしようもない時もある。
今夜はゆっくりと休んであと4公演がんばってください。
明日はお友達も入られるのでまた様子をうかがえたらなぁと思ってます。
 
夏のツアーのこの1カ月はほんとにあっという間でしたね。
スケジュール的にもハードだったと思うけど自分的にはドームとはまた違ったアリーナのよさを十分に感じられたツアーだったと思います。

シルバーのパンフを改めてじっくり見ながら・・・(それにしても美、だわ)


続きを読む >>


| コンサート | 02:31 | comments(0) | - | |
新潟 & じゅんの@こち亀 & 福岡最終日2部覚書


 
新潟も無事に終わったようで・・・
今日はWONDER100点!だったそうですね。
仁さんうれしかっただろうなぁ〜〜聞いてるだけでほんとにほんとにうれしい。
仁さんのやりたかったことが一つづつ受け入れられて見たかった形になっていったのですね。
札幌に行かれる皆様も心から楽しんで、100点もらえるようどうぞ頑張ってくださいね!

きのうのこち亀、じゅんのが最高にかっこよかったよ〜
いつものいりぐちでぐちたぐちで〜すのじゅんのじゃなかった。
お侍さんにしてはかおがちっちゃくてスタイルが良すぎる感はなくはなかったけど(笑)
切ない悲しい顔もうれしい顔の演技もお話もほのぼのしててほんとによかったし・・・
またじゅんのもドラマにお声がかかるといいな。(仁さんもね)
いつも思うことですがKAT-TUNくん(だけじゃなくジャニの面々)ってそろって並んでいると忘れがちですが
ジャニじゃない人たちの中にいると(まぁ慎吾君はジャニだけど今回は全面3枚目両さんだからね)ほんとスタイルとカッコよさが目立ちます。
 
今日家族の携帯のことでSoftBankに行ったんだけどあのポスターカッコイイ。(パンフレットもらっちゃった)
なんかシャープな目の拓哉兄さまなんですよね。
目下この拓哉兄様と直輝Pちゃんにちょっと心とらわれてる。
でもふっとあのライブでの仁さんを思い出してやっぱりこっちが一番だな〜とか・・・
つくづく自分でもおめでたい奴です(笑)まぁ思うのは自由ですから〜
 
 
 
明日から平常に戻る前になんとか福岡2部思いおこします。
 
まず2部はソロ以外はサングラスありでございました。
髪は乾いて(さきがちょっと濡れてたかも?いや、よくわからない)若干右寄り分け。
1部のときにLOVEから外した時のお顔がやっぱりちょっとお疲れモードで目もちょっとしんどそうだった気もします。
でもご機嫌はよかったかと。
 
RESCUE 
Call my name〜のところは体を前後に揺れ揺れしてました。
 
挨拶 
亀ちゃん「どげんしたと〜〜」お気に入りの模様(笑)
仁「盛り上がってますか〜?盛り上がってますか〜?盛り上がってますね〜」元気よく。
 
キプフェ 感じるだろうはいつもの通り指ピロピロ
サデラブ ありふれた日常〜のビジョンをみると1部と同じくゆっちの後ろでうろうろしてます(笑)
もちろんVピース、舌、ってメモってます(^^ゞカメラさんも心得てここはばっちりいいお仕事されてます。
 
じゅんのソロ
世界中のまだ見ぬめんたいこ〜
聖くんはけるときずっと「今日は俺の為にありがとう」なんだけど初めて「田口の為にありがとう〜」でした。
 
亀ソロ
わすれないで〜君のこと愛しているから〜を「すいとーっと」って。地元の皆さまはうれしかっただろうなぁ。
 
ゆっちボイパ
はやく髪の毛伸びないかなぁ って。(ここでカメラが寄る/笑)
 
PEAK
仁さんパーカー着ずに白Tにベスト。トロッコに座ってリズムをとったり小さくお手振り。(前日入られたお友達によると携帯でお客さんを撮ってたとか?!)
ジャンピナ
マイクを笛みたいにしてリズムを取ってました。
 
MC
追加公演のお礼、(うなずいてお辞儀)フォトブック発売の告知(うなずいてお辞儀)
たっちゃんがおとなしくて
「だって下ネタ言うなって。下ネタ言えなかったら何のとりえもないし」(爆笑)
上田の半分は下ネタでできてるらしい。
BANDAGE告知
はつしゅつえんはつしゅえん(言えた!)やらせていただくことになりました(こっち噛んだ!)
じゅんの「ばんどうえいじさんの映画ですね」仁「いえ、ふつうのバンドの話です」
何の話からかKeep the faceがどういう意味かおまえわかってんの?(みんながじゅんのに)
しどろもどろのじゅんのに聖くんが「早く帰れ!」っていったときに
ビジョンに仁さんが映って
仁さん「早く帰れって俺が言ったみたいじゃないか!」っと訴える。
 
河合くんのヘアスタイルがリーゼントっぽいのを道明寺みたいって言って俺らのライブで嵐?
こーきくんがやりました、って言ったら聖くんがにらんで「じぶんでやりました」
 
昨日カツカツみて「終わったら焼肉行こう」って言ってたのに実はおわったら普通に「お疲れ〜」って帰ったらしい(笑)
 
塚ちゃんバク転をバックに河合くんのものまね「ゴキブリ トゥーヘブン」をうたうキムタク
でもいつも塚ちゃんのバク転がすごいのでそっちに気を取られてしまうから今日はもっと前でやるということに。
花道にでるあたりに立たされて後ろから位置を指示される。
もっと前、もっと後ろ 横なんとかなんとか(なんか数字)
河合くん「KAT-TUNってそんなこだわりありましたっけ??」(確かにっ)
 
LOVEからはハット、黒スーツ。
想い〜軽い〜
リアフェ 河合くんラップ。仁「田口〜」で出だし歌はじゅんの。じゅんのを花道先頭に行かせてまたメインステで止まる5人。
じゅんのが振り返るとちょっと前に進むけどまたじゅんのが前を進むと止まる5人。まるで小学生。
最後のラップは仁さん英語〜かっこいいぃ〜
 
たっちゃんソロ2部は花の舞う街。
 
王様コント
聖くんゆっちソロのバックダンス直後の為お疲れ・・・
座っていつもティッシュを取って鼻をかむのだけどこの時なぜかタバコをくわえてる。
鼻をかもうとしてタバコに気が付きマジで照れる聖くんでした。
聖「暑いですね〜」客「そうですね〜」「明日来てくれるかな〜?」「いいとも〜」(すんごい声が揃ってる/笑)
 
亀王様
元気のない亀ちゃんに「病気?」
亀ちゃん「フゥ〜〜 フゥ〜 ギャオ〜(シャウトする)」
マジックの後もう一回シャウトして「どげんしたとー」といいながらはける。
ワインを飲めなかった聖くん裏にいるゆっちに「水持ってきて」

じゅんの王様のうさぎさんきねを受け止める。
走って逃げていくのを聖くん追いかけてマジでこけてしまってめっちゃ恥ずかしがってました。(かわいかったです)
 
 
さて、問題の竜王様(笑)
扇子あいうえお作文
U う○こでてる
E えっ まじ?
D でかいのでてる
A あ、ほんとだ
たっちゃん、ほんとうれしそうに言うんだもん。
 
もう一ついい?今度は逆で
A あなた〜
D 台所でー
E ○ッチしよう〜
U うん。(ここめっちゃ笑顔で)
 
聖「だれかトイレに流してくれ〜」
やっぱり上田の半分(じゃないな、全部だな)は下ネタできてました。
 
ゆっち王様
トントントントントントン 不法侵入
まず水をもってきてあげるゆっち(優しい)
うえだくんはありですか?いつから好き勝手なコーナーに?
アイドルとしてというより人として×
「上田を何とかしよう会議」をしよう。聖「いや、それは楽屋で」
「俺らがここで上田について5分も10分も語ってるの聞きたい?」客「えぇ〜〜」
次えぇ〜っていったらどけよこらっっていうよ。「えぇ〜」
ゆっちすっとんきょうに「どけよこら」
じゃ明日来てくれるかな?いいとも〜「明日はコンサートありません」とかなんとか??
暑いなぁというゆっちに
まずそのコートを脱げ、「これは皮膚です」
コインマジック。
 
金星の王様じんくん。
「ハ〜イ ナイスチューミーチューマイネームイズマイケルジャクソン」
これがね、すごい似てました。
聖「ライター持ってます」仁「??」聖「ライター持ってます」仁「??」
聖「日本語わかってねー」
「火星スティックある」(スティックの色が変わってます)
1回目、きえちゃったの。だからふとくしたの。ふとくてかたいの。(ニヤニヤしてうれしそう)
ビ、ケアフルね、火星の火召喚(しょうかん)できる。聖「むずかしい日本語知ってるな」
火をつけて「きれいでしょう?きれいでしょう?」って言っているうちにまた消えそうに(笑)
聖「もう消えるよ」
仁「まだきえないで〜きえないで〜まだしゃべりたいの〜」
火、消える。
火が消えたスティックをワンダフルスティックにかえます。マジック久々に成功。
ドンチューの準備してくるっていうのをわすれてはけて入ってからなんか言ってました(笑)
 
まぁ竜仁さんたち、また注意されないといいけど(^^ゞ
見てるほうは見てるほうでどんどん喜ぶんですけどね〜(笑)
 
コントの後Don't Uで歌の合間合間♪誰も知らない(アゥッ)にマイケルのシャウトを入れて飛んだりしてノリノリでした。
 
ワイルズ
たっちゃんと二人座ってなんかラブラブカップル。
で、たっちゃん仁さんになんかちょっかい出してて歌い出し遅れる(笑)
NEIRO
帰る場所は君が奏でるのところ「俺が奏でる〜」と。
最後はありがとうございました、でした。
 
アンコ
スタンドトロッコ(福岡はアンコのみ)
スタンド真ん中へんだったのですが目の前を通った仁さん、ちょうどこちら側を向いてくれて、、ほんと、サングラスだったけど頬から顎にかけてのラインのあまりの美しさに息が止まりそうになりました。口元を見たら微笑んでてそんな仁さんが見られてほんとうれしかったです。
 
最終の新幹線の時間が迫っていてマリンメッセの出口で渋滞があると聞いていたので早めにここで出ました。
後で聞いたところによるとダブルアンコ挨拶だけ出てきたそうですね。
竜仁の2人がなかなか出てこなくて「仁コール」があったとか。
 
これでおしまい。
 
逢えば逢うほど好きが大きくなる。
細かいことを言えばもっとこんなのあんなの見たかったとか言い出せばきりがないと思いますが、やはりライブは生もの。
1公演1公演違って当たり前だと思うし、でもいつも思うのはその空間に行けたことがまず有難くてうれしいなといういうことです。
帰ってきて思うことは、楽しかった、、来年もまた行けるようにいろいろ頑張ろう、ってこと。

今日もライブの速報を聞いたり読ませてもらったりして無事に済んだことがわかって何よりホッとしてます。


JUGEMテーマ:KAT-TUN
JUGEMテーマ:赤西仁






| コンサート | 21:40 | comments(2) | - | |
| 1/8P | >>