SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
ご訪問ありがとうございます
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
ブダペストよりメッセージ


お久しぶりです。すっかりシューイチ(いや、それ以上かも^^;)のくせがついてしまって深く反省。ついついツイツイしてて←ダジャレではない(笑)ていうか、夜PCの前にじっくりすわってなかった新年度の始まりでした。
さて、じんくんは映画撮影でブダペストに3月から滞在、このあとサイトやニュースによるとLondonでロケもあるようで、今朝は久しぶりにDVDのメッセージでWSでお目にかかれて嬉しかったです。
コメントをしている時のバックの景色があぁヨーロッパだなあって、ほんとにヨーロッパにいるんだなぁってね。
で、今朝の話によるとホテルに機材を持ち込んで曲の制作もしてるんですね。映画と両方大変だけど、とっても充実した日々を過ごしてるんだな〜って顔をみて感じられました。
なんか痩せた気もするけど精悍な感じも(^-^)/
凛々しい眉がいい〜映画向けなのかそうじゃないのかわかりませんけど
以前休業のときNYで撮った写真も好きだった。
ご両親とも話したりしてちょっぴりホームシックなのかなぁってね。
(聞いたお話によると以前あの二宮君ですら、硫黄島のときに後日談で毎日日本に帰りたかった、、って言ってたそうですね)
家族や友達やLAが恋しい恋しいって呟いてましたが、そんな気持ちも呑み込んでがんばってるじんくんがますます愛おしくなってしまう。
はい、ここは完全に母モードです(笑)
でも、撮影のエキストラの方のブログでは真田さんとも流暢に英語でコミュニケーションをとって周りの人にも礼儀正しく、とか、インタビューの翻訳者の方もブログで英語のことほめておられましたし、きっと現場ではうまくすごせてるのかなぁって思います。。
やればできる子ですから!心配してません(^.^)

Twitterでは時差のせいかこちらでは夜に、向こうではランチタイムかな?おなかすいたーとか朝のお目覚め時や夜中にねむたーいとか、、、(^ ^)
まあ、リアルタイムに一言でもこんな言葉きけてちょっとでも元気そうな様子もわかり、すごく遠い地にいるのに存在が感じられてファンとしてこんなに有難いことはありません。
フォロワーも8万を超えてたいへんなこともいろいろあるとはおもいますが、じんくんにとっても、ファンにとっても貴重な場所だからみんなで大切にしていかないといけないな、と思います。

あとどれくらい撮影が続くのかわからないけどそれが終わったらその後は全米デビュー、ほんとに忙しいな〜日本に帰ってくるのはいつかな?
今度帰国するときは、マジ、一回りも二回りもよりおっきくなってる(体じゃなくて人間がねっ)ほんと楽しみです。

ま、とりあえず、私たちはこの連休はDVDを楽しみに、YTGを懐かしみながら過ごしたいと思います。


JUGEMテーマ:赤西仁




ブラックアイスコーヒー!!




| 映画 | 16:39 | comments(0) | - | |
「Split the Differnnce」(歩み寄る。中間をとる)


ミリオンヒットの番組?タイトルわからない、今から映るよ、ってメールいただいて・・・
ちょっとドキドキしながら見ました。
まさかこの曲でカットされることはなかろう、、、とは思ってましたが。
でも最初あえてカメラから外れてるところばかりみたいな気がして^^;^^;でもちゃんと写ってました。
あたりまえっちゃぁあたりまえだけど、こんなことでドキドキするのももういやなんやけどね。
映ったら映ったでもうこれが見られないと思うことが哀しくなるのも難儀なことで・・・(^^ゞ
どないせいっって話ですけどね(>_<)
 
今日はミスチルの映画見てきました。
「Split the Differnnce」
詳しくはこちらをhttp://www.mcstd.jp/index.html
まぁ、ミスチルが好きな人にはたまらない映画だと思いますが・・・

スタジオでレコーディングのような、ライブのようなその風景をそれをドキュメンタリーな感じで映し出されてる映画です。
選曲するところから、打ち合わせ、アレンジをしながら完成させていくその過程。
普段絶対見られないその光景は「プロ」「アーティスト」の仕事ってこういうことだということです。
桜井さんが笑うとすごく柔和な表情なのに音楽に向き合ってる時ってすごく骨太な感じ。
小林さんがとにかくすごくて(ピアノもアレンジを考えて指示していくところも)、今のミスチルを作り上げたその手腕を目の当たりに見た・・・っていう感じです。
この映画マイナーな映画館で2週間限定、だそうです。もう一回みたいくらい。
 



終わって帰ってきてからもちょっとコバタケモードで(笑)・・・
BANDAGEの特典映像、私、岩井小林対談のところ今まで見てなかったんやけど^^;今改めて通して見ました。
あれ、ZEROでやってたやつとおんなじかと思ってたらもうちょっと長くて編集してたのですね。(私がZEROのことをあんまり覚えてなかったかもだけでうつってたかもだけど)
最後の方でじんくんのこと話してるところがあって。12分くらいのところからですね。
やっぱりじんくん、元々海外に出て歌いたいっていう夢は持ってたと思うけど小林さんと出会って影響うけて考え方というかいろいろ開眼したんやなぁっていう気がする。(まぁこれは個人的な感想です)
「90年代に音楽でも人種超えて混ざってたけど2000年を境にいったん元に戻ったけれどまたその時期を過ぎて今、人種関係なく混ざっていくというか垣根を越えて行くものが出だしていくだろう」みたいなことを小林さん話してはります。
小林さんもジャニーズとか関係なくそういう匂いを感じて赤西仁をえらんでくれたのかなぁと。
じんくんもこれから一人でやっていくとするならばこれからいろんな人たちといっぱい出会って、こうなったら真の「アーティスト」になっていただきたい、と思った帰り道。


JUGEMテーマ:赤西仁





| 映画 | 22:56 | comments(0) | - | |
TOHO CINEMAS MAGAZINE 


 
今日は映画を見てきました。

「南極料理人」
予告を見てて気になっててもう終わってるかなぁと思っていたらまだやっていたので・・・

極寒の閉ざされた不自由な生活の中でも心をこめて作られたおいしい料理が人に笑顔を作る、、、
ドラマチックな展開があるわけではないのだけどクスッと笑える場面がたくさんあり終わった後心があったかくなるそんな映画でした。
おいしそうなお料理が次々と(伊勢エビの海老フライ!とか)主演の堺雅人さんはじめ観測員のメンバーがみな個性的で(生瀬さん、きたろうさん、、)味のある俳優さんばかりでした。
その中で一番若い涼しい眼差しのイケメンのお兄さんが・・・と思ったらBANDAGEにも出られる高良健吾さんも。
お料理の作られる風景とかその感じが何かと似てるなぁとおもったらやっぱりフードスタイリストさんがあの「かもめ食堂」と同じ方だったのですね。


そしてしっかりいただいてきました。
TOHO CINEMAS MAGAZINE

091004_194634_ed.jpg091004_194731_ed.jpg
ナツがいましたよ〜〜
「赤西はバンドのボーカルを務めるナツ役。その美声にうっとり」とあります。

映画を見ていてスクリーンに役者さんのアップが映るたびに、あぁこんな大きさで仁さんが〜〜といちいち頭をよぎってしまってました・・・


JUGEMテーマ:赤西仁





| 映画 | 20:39 | comments(2) | - | |
ごくせんTHE MOVIE


いよいよ世間は夏休みに突入ですね。
っていっても子供も大きくなると大学生は8月からだし高校生はクラブの毎日だし私は平常通りだしなつやすみ・・を感じることは年々なくなってきましたな。。。
梅雨は明けたんだか明けてないんだか・・・雨も少なく暑い日々です。
水曜日からカツカツのリピばかりしてます。

しかし一応今日から3連休。
初日の今日は行ってきました。 ごくせんTHE MOVIE。
見終わった後、「ああごくせんだった・・・」って何の邪念もなく思えました。
事件の展開がちょっと安易で単純すぎた感じとか、出演者が多い分(3シリーズ分)やっぱりそれぞれの登場人物の出番が少ないのは仕方ないかな?
出演者の持ち味もよくでていてテレビドラマでのあの楽しさもしっかり詰め込まれてたと思います。
亀ちゃん以外の2の面々はうまく登場してましたね。
みんな立派になったねぇ(しみじみ)
しかし、、、何が良かったって、、、亀ちゃんです。(ビジュアルももちろん。。。あの小田切竜のちょっと冷めたクールな、でもほほえむとかわい〜い〜なところとか・・・でも何の教科のセンセイだったんだろ??)
舞台挨拶のときに?試写会のときに?「俺、小田切竜してた?」って聞かれてたそうですが、ほんと、しっかり見事に小田切竜してました。
隼人の分までしっかりと。
だからね・・・・一方で余計に切ない気持も止めることができなかったです。
どうしてその横に隼人がいないのか・・・
慎と隼人が出てこないのが不自然だった感は否めません。
うん、いなくてもいいの、、せめて今隼人はどうしてるのかどんな職業についているのか、それだけでもうちょっとくらい教えてほしかった、って帰り道真剣に考えてしまいましたわ(笑)
(同じ東宝系なら「今バンドで頑張ってるんだよ」とか小粋に宣伝しても許されたのでは??)
小栗くんがカッコよかったんですよね〜あのスタイル、仁さんで見たかったかも!?

しかし映画のスクリーン、かなりヤバイです。
いちいち誰かのアップになるたび仁さんの顔が浮かんできました(^^ゞ
BANDAGEではあの大きなスクリーンに仁さんが・・・と思うと・・・ヤバイです。ヤバイです。ヤバイです・・・(エンドレス)
しっかり心臓を鍛えておかなくては!
映画を見てそのあとまた仁ジャニ話で楽しい時間ありがとうございました。
BATNDAGEもよろしく〜いったい何回行くんでしょうね〜(私信)
 
今夜は楽しみにしている長瀬くんのドラマ始まります。
 
JUGEMテーマ:KAT-TUN
JUGEMテーマ:赤西仁





| 映画 | 21:55 | comments(4) | - | |
| 1/1P |