SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
ご訪問ありがとうございます
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
願い。


一昨日はもう全然嬉しくない誕生日で(^_^;)でも目覚めたら
ついにじんくんの全国ツアーとミニアルバム発売のお知らせがあって何よりのプレゼントだわ〜って勝手に舞い上がっていて

なのに一夜明けてテレビつけたら・・・

WSで赤西仁緊急入院の文字を目にしてびっくりやら心配やら(つд⊂)
 
上海で具合が悪かったって向こうの記事を目にしていたけれど中国から流れてくるライブの様子やインタビューのじんじんものすごくナチュラルないい笑顔もいっぱいで、ステージはいつもどおりかっこよくてどこにもそんな様子が見えずにあとから聞いてそのプロ根性に感心してたんだけど・・・
 
でも3日ほど前に入院してそのあとでのツアーのお知らせだったし

昨夜はライオンさんからもツイッターでも改めてお知らせあったし
きっと記事どおりにツアーに備えての大事をとって入院だったんだよね、って思っていいのかな?


考えてみたら3月に事務所を離れ4ヶ月でサイト、ファンクラブを立ち上げそのあいだに楽曲制作、海外MVロケ、自主レーベルでシングルリリース、アルバム制作、そして上海音楽祭へ、3日間のハードスケジュール、、いろんなこと積み重なってそりゃあ身体も壊すわ(;_;)

J事務所にいたときはお仕事もある部分まではお膳立てされてて、あとはその場所に行って歌ったり、演技したり、その場所でパフォーマンスにすべてを注ぎ込めればよかったけれど(あ、でもソロになってアメリカやらローニンの時はマネなしで自分でやってたか(^_^;))

今はそうじゃない。

どんなことも1から携わり、責任をもって自分の意思で動かなくてはならない。
一国の主。スタッフもいる。


じんくんって私たちに見せる顔はどんなことにも動じなくてのんびり屋さんで常に幸せそうでポジティブで、実際それはほんとにそうなんだけど、でも見えないところではきっと大変なこともいっぱいあるだろうになんでも全部自分がまるっと背負って盾になってたんだね。心ないマスゴミの記事だって気にしない素振りを見せているけれど、誰だって傷つくよ。自分でも気づかないうちに精神的にも身体的にも疲れがたまってたんだね。


大切な人が具合が悪くてどんな様子かわからないこと、ものすごく不安です。


無期限休業、の時、あの時思ったことどんな場所に行っても万が一この仕事を辞めることになったとしてもどこかで元気で生きていてくれたらもうそれでいいとまで思ってたあの頃(それくらいまであの半年は思いつめてましたけどね(^_^;))の気持ちが一瞬蘇りました。

まずは元気で健康でいてくれなくては、、じんくんいつも言ってるじゃない、自分が幸せでないと周りの人を幸せにできないって。健康一番、死ぬまで悪いことが起こりませんようにって(^_^)
 


じんくんが笑顔でいてくれなくてはファンも笑顔でいられない。


 
それになによりも貴方の大切な家族のためにもね。


貴方が笑って生きてる、ただそれだけで嬉しくて暖かくて優しくなれる

来週のイベントには元気なお顔が見られますように。







JUGEMテーマ:赤西仁
 




| Jin  | 05:30 | comments(0) | - | |
Happy Birthday to @Jin_Akanishi




Happy Birthday to Jin

いよいよ三十路ですね

そして今年は

独立記念日にもなるわけです。


JINDEPENDENCE DAY

の扉が開くまであと10時間

20何日前にカウントダウンを始めてくれて毎日その数字が減っていくのをワクワクしながら眺めさせてもらえて
ほんとにありがとう。
まだ何もわからないけど
その先にはキラキラしたヒカリがあるんだよね。
20代は
ドラマでブレイクしてやっとデビューして、そしたら突然アメリカ行っちゃって半年後帰国、復帰、ソロ活動、グループから離れてソロデビュー、全米デビュー、結婚、パパになって、ハリウッド映画デビュー、そして事務所退社
もうファンとしてはついて行くのに必死で大変だったけどねw
一方的に勝手にですがこんなに一人の人の人生を見つめて応援して喜んだり不安になったり、でも思い返せばおかげで信頼できるお友達もできたりいろんな音楽にふれることができたり、こちらの人生も少しばかり豊かにしてもらった気がします。
そして今日からまた底なし沼のようにますますキリなくその才能容姿人間性に惹かれさせてもらいながらその先のヒカリを見つめられますように。

30代もその先もじんくんとじんくんの大切な人とシアワセでありますように。
思う存分やりたいことができますように。
祈っています。









| Jin  | 00:00 | comments(0) | - | |
待ってみます。


一眠りして変な時間にまた目が覚めてしまった。

soon とか言われたけど うんうんそのうちってことね
って言い聞かせて 慌てない慌てないって言い聞かせて
冷静なフリしてじつは内心あれからそわそわ落ち着かないけど

そんな心理を知ってか知らずかw

「あとちょっとだけ 待ってみてごらん」

ごらん・・・って〜〜
またこのひと、いつも姫様にこんなしゃべりかたしてんのかな、、なんて思わせるような
優しい声が頭ん中聞こえてきたよ

なんだかもう何かいいたくていいたくてしかたない
ようにかんじるのは私だけじゃないよねぇw
はいはい、いくらでもまってみてごらんになります←日本語変

なんだか目の前にニンジンをぶら下げられた馬になった気分です。
これでまた日常つっぱしれるかしらん?
いくらでも待てますけれど、馬がきりんにならないうちにお願いします。


話変わるけど
今日もまた真夏のような暑い日でした。
こんな暑い日 昼間、車で
SUMMMER LOVING聴いてた。
#JUSTJIN をシャッフルでかけてたんだけど
たまたま次が HWU
もうほんと暑い時にぴったりな曲だなぁって、今更ながら思った。
これを超える夏曲 って言ったよね言ったよね 聴けるんだよね
またなんか想像の上を超えてくるのかしら

朝仕事へ行く時は
Get up♪
朝に聴くと元気になれる。
帰り道夕暮れどきにはアンニュイな SLOW JAM
気分を上げたい時は Go higher とか OohLaLa とか テンポラとか
JUSTJIN の曲っていろんなシチュエーションや気分に合わせて聴けるから
飽きないのかな。
もちろん好きな人のアルバムだからってのもあるだろうけれど
今までもいくら好きな人やグループの曲もライブに行くために一生懸命聴いてたけど
そこまでヘビロテしたことはなかった気がする。
じんくんの作る音楽が好きになれて、自分の好みが合っててよかったなぁと思う。
じゃないときっとこんなに待つことの多い人(あ、嫌い味ではありませぬ 笑)を
ずっとずっと何年もファンでいられなかっただろうなぁ(^_^;)


一度きりしかない人生
二度と欲しくなるくらいに
You and Me and We
今を生きて

またその音楽が聴けるなら
人生二度欲しいくらいです。



JUGEMテーマ:赤西仁


 




| Jin  | 01:23 | comments(0) | - | |
CD


CDは買う派?配信派?
もちろんじんファンとしては発売されたらCDをせっせと各種類買います派ですがそれはまた別としてw

最近、若い頃から持っていたもの、好きなアーティスト、ジャニーズのもの、娘のものなど長年溜まったCDを整理して収納ケースにしまったりラックにならべたりしながら、つくづく自分はCD買う派だなあって思った。買うまではいかなくてもレンタルで借りてダビングする。←単にアナログなだけなのかもだけどw
もちろん何でもかんでも買ってられないし最近はiTunesでダウンロードすることも時々あり、その便利さにも惹かれつつはあるけれど。

スガシカオ氏が2年ほどまえに独立してレーベルから離れインディーズで活動していたことは知ってはいたけど(ものすごいファンじゃないけど彼の曲はなんかいつも耳と心に惹かれるものがある)今度再びメジャーデビューするということで、ツイートもちょっとチェックしたりインタビューの記事とかを興味深く見ていた。
大きな事務所を離れ個人でさまざまな経験をしたのを読むとついつい今のじんくんを重ね合わせてしまってね。立場や状況はもちろん違うとは思うけれどこれから似たような道を歩むのかな、、とかね。
中でも印象的だったのは、配信は利益がないから次の作品の制作費を出すためにもCDを買ってほしいってこと。インディーズを経験したからこそ出てくる切実な言葉だなあって思った。

曲作りってアーティストによってもまちまちだと思うけど、じんくんみたいに打ち込み?でアレンジャーの人たちと作るのってどうなんだろう?事務所を離れてワナこさんともどうなるのかわからない今、なによりもその環境がちゃんとあることをまず願うわけで。

今の若い子って、自分の子を見ててもわかるけどCD買わないよね。(某アイドルファンは除いて)もちろんお金に余裕ないし、ダウンロードしたり、YouTubeで十分だし、何枚も何枚も買うなんてエコじゃないし(笑)時代には準じてると思う。自分の若い頃だって好きな音楽はもっぱらFMから録音したりしてたけど^_^;でもどうしても好きなものはLPレコード欲しくて買ってた。
特典なんてなんにもなかったけどどうしても欲しいレコードの入ったジャケットを手に入れたら、それは一枚の絵画を買った気分になってたような記憶がある。
先日東京行ったときにBANDAGEロケ地のレコード屋さんに行って懐かしいレコードやCDを見たのがきっかけなんだけど、最近、昔、ラジオからカセットに録音していた曲のCDを見つけると輸入盤だと安価なのでついポチっとしてしまう今日この頃です。
あ、スガさんも新しいCDポチりましたわよ。
(アストライドとNHKプロフェッショナルで流れてるProgress、いいです!)
その昔KAT-TUNのときはKAT-TUNばかり聴いてた時期もあったけれど、じんくんがソロになって赤西仁の音楽に出会ってから、いろんな音楽、昔好きだった懐かしい古い曲も、今の米ヒットチャートの曲たちも聴きたいと思うようになれたような気がする。

まあ、でも。。今一番聴きたいのはやっぱり赤西仁の音楽ですけどね。

待つのはもう慣れてるけど、待つからにはいいものいっぱい箱詰めにして届けてちょうだい!






| Jin  | 00:22 | comments(1) | - | |
夜中に目覚めたら


早くから爆睡していて夜中に目覚めたらじんくんがまた面白いつぶやきとインスタあげててすっかり目が冴えてしまったよ^^;

丸メガネは見てるとoutの人も多いのか^^;私は個人的には好き。ってか、普通誰でも似合わないものをいろいろ遊び心でかけてやっぱり似合うところ?がね。(HWUでかけてた薄い色のサングラスもね)
ってか、メガネより久しぶりに見たこのインタビューの英語に引き込まれた^_^

先日、ありのままで〜を聴くとついじんじんと重ね合わせてしまう、、と書いていたけれど、こういうこと、昔からよくある。
自分はまずメロディなのか歌詞なのか、よくわかんないけど。
どっちもかな。
メッセージ性のある曲は自分の心の状態の上がり下がりによってどれだけ沁みてくるか、にもよるしね。
そしてこの間から来日していたハンターヘイズの歌がめちゃめちゃ沁みてます。
invisible
これはじんさんの歌ですか??ってくらい
今の自分には沁みてます。そして勇気づけられます。


きみの自信は寡黙で
寡黙さが彼らには弱さに見えるんだ
でも君がそれと闘う必要はない
戦争しなくても勝つ強さが君にはあるから
ハートにはそれぞれのリズムがある
君のを高らかに打ち鳴らせ
みんなに聞こえるように
もう隠さなくていいんだよ
僕が約束しよう
違うことをするのを恐れずに
あえて目指そうよ それ以上の何かを

(先日からのまたまたしょーむないマスゴミ記事を目にしたから余計かな^^;)
でもツイのおかげでいつも通りハッピーなじんくんを感じられてホッとしたけど、この人は強い賢い人だなと毎度のことながら再認識してる。きっと生まれた時から愛情いっぱい与えられ、また彼も周りの人に与えてきて、その愛情に育まれた強い根っこが彼を揺るぎない人にしてるんだよね。

耳だけで聴いたり、ベストヒットUSAとか、最近特にMVを見てその曲が好きになることもあります。
見ているだけでフワッとシアワセな気持になれるファレルのHappy や
先日お友達に聴いて見たマイケルジャクソンft.ジャスティンティンバーレイクの
Love never felt so good
もお気に入り。歌もいいし、何と言ってもMVがステキでここについじんくんが踊ってたらなあ、って想像してしまう。
ジャスティンのダンスってついじんくんのあのLove Juiceを思い浮かべずにはいられない。いつかマジでコラボしてほしいです。

なんだかあれこれ思うこと書き並べたら支離滅裂極まりない^^;
さてもう一回寝よ。





| Jin  | 02:46 | comments(0) | - | |
何年たっても巡るのは楽しい(追記)


日が経つのはほんとに早いね。
1ヶ月があっという間。ぼやぼやしているうちに春が来て
4月 待ちに待ったClub Circuit と 47RONIN のDVDもやってきました。
毎日手に届くところにJin Akanishi と ちかたんがいて見られるってなんてシアワセなことだろ。
確かに今は不安といえば不安な時期でまだなにもわからなくて…な感じなんだけど
このDVDと時々安否を知らせてもらえるツイやジンスタのおかげでふんわりした気持ちで待てるというか
でもCC見てたらそんなこと吹っ飛んでしまうくらい。
こんなカッコ良くて才能あふれたパフォーマンスを見せてくれる人なんだからお久しぶりですって聞ける日がそう遠くないよね、って思えてしまう。
DVDの感想もたくさんあるけれど毎日ちょっとずつあれこれ見てはまだ楽しんでいる最中です。


で、先に暖かくなったので以前から楽しみにしていたお江戸旅行にいったことを書き留めておこうかと。
まだ行ってなかったロケ地(ジン関係ロケ地は何年たってもわたしにとっては新鮮で楽しい)に行ってきたでござる〜
といっても行くまでバタバタ忙しくてなんとなく行きたいところだけあれこれ考えて、あとは行ってから考えようということで行き当たりばったりで出発した。いつものごとく東京のお友達がお供してくれて私たちが行きたいところにつきあってくれてね。もちろんロケ地巡りはたのしいし、見つけたときの感動って何ともいえないんだけどそれを一緒に楽しめる人たちとじんじんいいながら回れることが何よりの楽しみなのです。いつもありがとうね。

始発で出発、8時半には到着で
まずはここ。
   
BANDAGE のここにお友達が待っていてくれました。ブランコに乗って(笑)
アサコさん!アサコさん!って呼んでるのに全然気づかないと思ったらほんとにアサコさんになりきってイヤホンで二十歳の戦争聴いてらっしゃった!ここの公園って大きな駅の近くで都会のど真ん中なのに(日曜の朝ということもあるけど)かわいいこんなブランコや遊具があって犬の散歩の人もちらほら、ほんとに静かで雰囲気のいい公園だった。
 

 
LANDSをミハルに教えてもらった場所

次は武蔵小杉、ではないけれど アサコの家
ここはスタジオとしてある会社が使用していたらしいけれど今は撤退したという話だったので
家、まだあるのかな??と不安ながら駅からテクテク歩いていくと
あった〜よかった〜

  おねがい、ちょっとつきあって


ここから駅に戻る途中に神社があって
そういえばごくせんのヤンクミと隼人がタイマン張ったあの神社ってどこにあるんだっけ?って
急に調べたらなんとそこの近くってことがわかって少し歩かないと行けなかったんだけど
即、向かいました。
ここもほんとに静かで人もほとんどいなくてでも立派な神社でした。
     
けんかなんて強くなくていい 大切な人を守ることさえできればいい って学んだ場所。
 この石塀から竜がのぞいていた

おなかもすいたのでお昼ご飯、中野へ
カツカツで黒木瞳さんとじゅんのとじんじんがいったラーメン屋さん。
ちゃんと表のメニューにこんな表示も。いまでも訪れるファンがいるってことねw
お店は狭いけれど清潔にきれいにされてるお店でラーメンももちろんすごくおいしかった。
 


     

ミハルの働いていたレコード屋さん。
吉祥寺にある中古レコードCDのお店です。
ここはぜひ行ってみたかった。看板も中も映画のシーンそのもので感動でした。
なつかしいレコードやCDがいっぱいあって自分自身も80年代にタイムスリップした気持ちになりました。

このあとは
六本木ヒルズへ、レッドカーペットがあったあの場所を教えてもらいながら行くと
ちょうどこの時も何かのレッドカーペットやっていて(相棒の水谷豊さんがビジョンでちらっと見えました)
ほんとまるまるお外であれ11月の終わり、みなさんも見ていた方たちもほんと寒かっただろうな〜
実際、あの日参加したお友達からくわしーくここからじんじんが車から降りて向こうに歩いていって・・・って教えてもらって。またいつかそんな日がくるといいな。

で、一日目はこれにて終了。

久しぶりに東京でお泊り。
翌日は偶然に同じく東京を訪れていたお友達も合流して前日にもましてワイワイ賑やかに楽しい一日となりました。たまたまここ知ってる?ってもらっていた場所、なんだか見覚えあるけどさてどこでしょう?
   
 

有閑倶楽部の最終回で魅録が出羽桜を待ち伏せしていたホテルの玄関。
 
高田馬場って初めて行きましたw
高田馬場の早稲田大学の近く
ここにこっち側にバイクが止まっていて〜とか必死で方向を検証
きっとはたから見れば何やってんだよって感じだったでしょうね(^_^;)
 
 
ここから銀座へ。

   

anegoで黒沢くんとえりこさんがランチをしていたお店。
入口から階段を下りたところにフロアがあって吹き抜けになっている素敵なレストランです。
anegoが不倫?そんなぁ?って言いながらサラダをほおばる明彦くんです。
 
夜はお高そうだけどランチはリーズナブルでパスタもいろいろ分けあってどれも美味でした。

(メインの写メ忘れた(^_^;))
 
 
ここからは徒歩で
前回もいったところだけれど
 
Date with Jody
気分(だけ)はリッチにペニンシュラ〜
ほんとにこの日もいいお天気でした。
 タキシードじんくんと乾杯

 
 この扉を見るとあの時のじんくんの緊張がいまだに感じられる
  



食べて飲んでばかりなんだけど
あとどうしても行きたかったあのお店へ
    ぶらっくじゃーっく!
BANDAGEで始まった今回のロケ地巡り
BANDAGEで締めますw
開店早々でまだ誰もおられなかったのでお部屋を見せていただきました。
よく歩いた。普段歩かないからいい運動になって、
おまけにじんくんのゆかりの場所に行けていつもながら一石二鳥w
もう何年前のロケ地よ〜(^_^;)なのに、行くたびにいつもあそこいきたいここも行きたい、って言っては振り回してるのに快くお付き合いしてくれてほんとありがたく思っています。
いつものことだけど、映像でいろいろ見ていた場所を実際に目にするのって何年たとうが何ともいえない感動があります。
そしてみんなほんとに面白いんだもん。じんじんに堕ちた話とか、会うたんびにきいてるんだけど何回聞いても大笑いしてる気が・・・考えたら住んでる場所も年齢も状況もバラバラでじんくんいなかったら一生会うこともなかっただろうに、ホント不思議。そして感謝。




JUGEMテーマ:赤西仁




| Jin  | 07:00 | comments(0) | - | |
春はもうすぐ


超〜お久しぶりです。
って延々書いててタイトル入れようとしたらどこか触って全部消えちゃった(泣)
超〜お久しぶりに書くとだめですね。
今年初めてです。
私的なことでバタバタしていて今もまだバタバタ中なんだけれど
いろいろ仁ごともあったりして書きたいことはあるけれど考えもまとまらないし
という言い訳はどうでもよくてw
だからもうこんな更新されないブログ誰も見に来ないとは思うけれど
閉鎖してしまうのもなんだか寂しいし
じんじんも新しい旅立ちをしたことだしぽちぽち再開しようと思います。

大阪が終わって年が変わり1ヶ月2ヶ月・・・静かで
まあ、1年半じっと耐えた私たちですからそんなもん1ヶ月2ヶ月くらいは平気だったけど
とある日CCDVDが出るとのニュースにわいていたら
2月末をもって事務所を退社のニュース。
まあ、そういうこともあるのかな〜その方がじんくんのこれからの思い描いている夢を叶えていくためにはそうなる方がいいのかな〜という気持ちもあった。
何よりあのローニンのワールドプレミアの時に、世界中にお披露目の場所でスゴスゴとステージを降りていく彼を見て思ったんだよね。
ジャニーズでなくなること、まあソロになってからほとんどジャニーズであることを忘れそうになってもいたけれど
そうはいってもちゃんと守られていた場所から(あんまり守ってもらってたっていう感じもなかったけど)
いろんな意味でこれから大変だと思う。
会社との契約のやり取りがどんなものであったか私たちにはもちろん知る由もない。
双方合意のもと、という言葉を信じるのみ。
マスコミは例のごとくおもしろおかしくどれだけ陥れたいんだというような記事を書いている。
でも私たちが信じるのはいつもいうけれど彼の口から出た言葉だけ。
いつも感謝してます。これからもいろいろあるかもしれない、ひやひやさせることもあるかもしれない、でも大丈夫だから
絶対どんな手を使ってでもみなさんの前に現れるから(今思うともうそういうつもりでこんなこと言ってたんだな)
ちゃんと聞いたから。
だからどんな大変な状況になろうとも、じんくんが歌を作って歌って踊ってくれる限りどんな手を使ってでも私たちファンは会いにいくよ。
でもね、じんじんはきっともう前しか向いてないよ。
その大変さと引き換えに得た自由に大きな喜びを感じながら前向きにがんばれるのがじんじん、だと確信しているから。

退社後さっそく再開してくれたツイ、そしてインスタなるものや5億人が見ているという中国のweibo(中国は公式twitterもFacebookも閲覧できないそうな)も開設して
happy~ とか 楽曲制作勉強中(I love you付き)とか
相変わらずかわいいつぶやきやご飯跡(笑)を送ってくれる
その一言でhappy~にがんばれる単純なじんファンです。

でもできれば…
願わくば落ち着き先が早くわかるといいな。
とりあえず CCとちかたんDVDが出てから何か進展あるのかな〜





JUGEMテーマ:赤西仁




| Jin  | 14:40 | comments(0) | - | |
7月も終わり!?


早いもので今日でもう7月も終わり。後一週間でとうとうHWUのリリース日がやってくる。なんだか久しぶりの状況で落ち着かない毎日です。(イベントの詳細がまだなことが落ち着かないんだけど)
某動画でショートバージョンも見せてもらいすでに激リピの日々。
MVの中のじんくん、パーティの中にいるじんくんがめっちゃ楽しそうで、その一つ一つの表情がどこを切っても金太郎飴みたいに楽しそうなじんくんが出てくる、ほんとフルを早くみたいな〜。そのシーンの中で特に好きなのはこっちへ来いよ〜って手招きするあの表情と手。これ、なんか記憶の片隅にある赤西仁だな〜って、ふと思い出したんだけれど。大昔(笑)もう何の番組かもわからない、娘が昔、録画していたビデオの中に、若かりしジュニアのころにタッキーがたくさんのジュニアと出ていた番組でクリスマスパーティみたいなのがあって、KAT-TUNがカメラのこっちからスタジオに入ってくるときに思いっきりカメラ目線でかわいく(そして色っぽくわざとアピールする感じじゃなく)こっちこっちって手招きしながら入ってくる人がいてそれが妙に印象深くて、それをふとおもいだしたの。あの時はそれが赤西仁ってことも知らなかったんだけれどね。この時からすでにこの人は愛らしさと色香をもちあわせてたというかもうこれは生まれ持ったものとしかいいようがないのかな。自分を魅せることのできる、という天性のもの。

そして雑誌。
NYLONで久々にファッション雑誌の赤西さん、お顔もそのまなざしも麗しく、しゃがむとちっちゃくなるその風貌も、そして言ってることも何にも変わってない赤西さん、、でも1年半たって変わってないことがやっぱりある意味すごいなと改めて嬉しかったり。待ってる方だっていろんな感情あるんだからどんなこと言ってくれるんだろう?休業中のこととか何か言ってくれるのかなとか、あれこれ普通は思い描いて待ってるのかもしれないけれど(そういう人もいるかもしれないけれど)逆になんか違うこと言ってたら嫌だなとか私は思っていたのでなんらかわりのないじんくんでよかったと思っています。アルバム、とか、ツアー?とか、そんな言葉があったことが何より嬉しい。赤西仁が音楽と共にいてくれてほんとによかった。まだ現実味は感じられないけれど、有言実行の人ですから、いつか必ず実現してくれると信じてる。
もうなんていうかね、今日ふと言葉を思いついたんだけどつくづく自分は「あかにしバカ」でいたいということ。いわゆる親バカとか、いうでしょ?たとえ悪くても他人が何を言おうとやっぱり理屈抜きに大切、守りたいという親の気持ち、もちろんじんじんの親じゃないし、自分の子供に対しては一概に親バカにはなれない現実があるけれど、だから夢の世界、ジンアカニシの世界では「あかにしバカ」でいたいかなって思った。夢の世界だからそういう思いでいられるのかもしれないけれど。ほんと、自由に自分の信じた道を思うままにやってほしいと思う。見ていてハラハラするけれどね。音楽とパフォーマンス、時々役者、で見せて魅せて返してくれればずっと「あかにしバカ」でいられる自信があります。
明日はan・an ! 間違いないan・an! 雑誌買ってリリース日を待てるこのシアワセ、今年はないと思っていたのに!ないままだったら猛暑にやられて気力も出ずきっと夏バテしていただろうな〜(笑)ほんと、じんくんありがとね。

JUGEMテーマ:赤西仁




| Jin  | 00:18 | comments(0) | - | |
HAPPY BIRTHDAY


赤西仁様
29歳のお誕生日おめでとうございます!
28歳のじんくんにはお目にかかれないと思っていたけれど最後の最後にシングルリリース、再始動、という素敵なニュースを聞けて逆にプレゼントもらった気持ちです。おめでとう!ありがとう!
結婚して姫ちゃんがうまれてパパになってまたまた長年の夢をかなえてゆく貴方がまたひとつ素敵な魅力を倍増させて再始動してくれることほんとに楽しみにしています。
Just the way you are
20代最後の年もあなたらしく笑顔でいられますように。







| Jin  | 06:03 | comments(0) | - | |
What's up?


英語でお元気ですか?って学校ではHow are you?としか教えてくれなかったよね。ってどうでもいいことを思い出したり(^^)
突然のお知らせから1週間余りたち、ワーナーさんから特典のお知らせもあり、一応プロモーションらしきこともやってくれるんだ〜なんて相変わらずハードルは低いまま日々すごしております。そりゃいろいろ思わないわけじゃない。J-webにまだある赤西仁ページのリリースのお知らせはまだSBDのままだし(爆)相変わらずマスゴミさんの書くことは厳しいことばかりだし、せっかくの嬉しい気分が凹みそうになるけれど、それでもあと一ヶ月したらじんくんの声が聴ける、歌う姿が見られる、あの制作している動いている姿が見られるんだよ。何ものにも替え難いじゃない。ジャケ写の衣装も自前と聞いて、意気込みを感じる、と捉える、一応(笑)いや、スタイリストさんつけてもらえないの?マネージャーさんもいない、のはまあアメリカや映画のロケでヨーロッパにいた時もそうだったからぼっちぼっちっていわれたってじんファンもう慣れてるからいいんだけどね。そう、じんじんは曲自分で作って自前で衣装も運んでお洋服も長く大事に着てすごく経費のかからないエコなおひとなのです。ほったらかしなんじゃなくて好きにさせてもらえてるんだといいように解釈しておきます。そういうジャニーズがいたっていいやん。最近自分でも気づいたんだけど、私そういうところが好きの要素の一つであるということ。生活力っていうの?とことん拘り自分の思うように自由に生きてることにものすごい憧れすら感じています。わがままっていわれたってそれができるのなら音楽も人生もとことん拘って欲しい。
今は目に見える確かなことにどんなニュースであれそんなことで喜んだりディスったりできるしあわせをリリース日がくるまでは楽しみたいと思う。そして渾身込めたその曲を聞いた暁にはまたそこからそこに幾重にも重なるであろうじんくんの声を浴びるほど聴きまくることができるんだから。10日前まではこんなこと今言ってることすら予想してなかったんだものね。先が見えるってありがたいことだね。ホントに。あしたは28歳最後の日。見えないところで作業していたことが発表できる日が1年延びたけどその分再会できた時の喜びは10倍くらいに膨れ上がってることでしょう。


JUGEMテーマ:赤西仁






| Jin  | 01:19 | comments(0) | - | |
| 1/26P | >>