☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 

    2014.12.06 Saturday
    0


      赤西仁 独立後 初めてのツアー 

      JINDEPENDENCE TOUR 2014


      が終わって4日しかたってないのにまだあの空間にいるみたいなふわふわした感覚が襲ってくるかと思えば終わってしまったんだ〜という気持ち。満足感と寂寥感がかわるがわるにやってきてまだ不思議な感じでいます。


      今回名古屋、大阪、東京(12/1)に行かせてもらうことができて、そしてそれ以外にもツイなどで行けなかった公演のようすも事細かく知ることができてほんと楽しかった。終わったさみしさはあるけれど独立してこうやってコンサートも成功してじんくんの確かな基盤みたいなものがちゃんと確信できたことの安心感ていうのかな?この目でそれを見ることができたというか。


      そろそろなんか書き留めておかないとと思うけどほんと何から書けばよいやらほんとわかんないんです。


      とにかくじんくんのコンサートは、ま、誰もがそう思ってると思うけど
      ブレコンでのWONDERでこの人今後どうなるんだろうと思ったあの日から始まり日生の友仁、そしてYG3011、Club Circuit 


      そして今回独立後はじめてのステージ、Mi AmorのあのMVを見て、アルバムを聴いてからどんなステージをを見せてもらえるのか始まるまでドキドキワクワクが収まらなかった。


      いつもそうなんだけど、、、でも今回は特に、てか、今回はいろんな意味でいい意味での裏切りがいっぱいあった。


      ビビちゃんのSiriっぽい案内はとってもオシャレだったし、


      いきなりLenny Jの圧巻のオープニングから始まり1時間半ずっと歌い踊り歌い踊り、あの芸術ともいえる美しいライティング、なんと、お裸あり!(あのMVが生で見られるとは、あの暗闇のなかからバーコードじんじんがでてくると毎回完璧に温度が急上昇してた!久々にみたじんくんの生のお身体はやっぱり誰とも比べられない芸術品であった)早着替えあり、どんな後ろでもじんじんのお顔がよく見えるスクリーンあり、そしてたくさんおしゃべりもしてくれてやったことないこと(ファンをステージにあげたり)も挑戦したり、衝撃のかわいいラキラキ体操(←ちゃう)かわい〜かわい〜、からのカッコいいDJタイム〜3011のOowahにMagnitude、最後のHWUまで突っ走った。


      どれが一番なんてもうわからないっていうかはじめから終わりまでが一番としか言えない、だって全部じんくんが作り上げたもの、歌、構成、照明、でつなぎあわされてるんだもん。


      そして・・・そして・・・


      ふわっふわ〜のあの髪型髪型髪型・・・スリムなおズボン、きれいなお洋服、、、、


      正直もうこんなじんくんが見られるなんて思ってなかったんだよ〜ヽ(;▽;)ノ
      ソロになってからのコンサートは一編の映画のようなショーのような感じ、MCとかなくていい、みたいな?ブラとハットで武装された、みたいな?、それでもいいと思ってたんだよ、
      ブラと帽子、ダルダルヨレヨレのシャツにパンツ、それでもカッコいいしじんくんがそれが好きならそれでいい、じんくんの声でじんくんが作った歌さえ聴ければ、、と思ってた、いや思い込ませていた。基本、じんじんのやりたいようにやればいい!と思っている人だから。でもね〜やっぱりその綺麗なお顔とスタイルを見せないのはもったいなさすぎる、きれいな目が見たい、そこなんでそんな自分を過小評価するの、っていうのが本音だったから。スタッフさんがちゃんとわかってる方なんだよねきっと。きっとファンの直接の声をきいてスタッフと共に考えてくれたんだよね。


      MCもCCの5分からがんばった成果がすごく出たよね〜相変わらず喋るの苦手って言ってたけど、いえいえ、元ジャニーズだったんですよぉとか持ってくるところ、なかなかでした。


      歌とダンスだけでいい、といいながらも、たどたどしい日本語下手のおしゃべりにある種のセンス(笑)を感じていたから。LennyJは真っ赤のロングジャケットを羽織り暗闇であっち向いて歌ってるのになんてカッコいいの?そしてその高音と綺麗で切ない声、素晴らしい声量にこちらが息をするのを忘れそうになった。上手いのはわかってるけどその上手さをこんなにグイグイとつきだされた歌って初めてだよね。暗闇でも顔が見えても見えなくてもその歌声だけでも素晴らしいってほんと素晴らしい。(何回もいう、素晴らしい)




      その素晴らしい天上の神の子が降りてきて始まるダンス、BAILAのダンスもかっこよかったな〜あの間奏で腰グイグイのダンス、歓声の中で色っぽさとキュートが混ざってたなぁ、でもこれ、足元がよく見えなくて早くDVDでいろいろ確認したいところです。


      CCで大好きだったテンポラやゴーハイヤーもあり、NEW LIFEはCCの時はライブが終盤になるにつれて声が苦しそうな場面もありだったんだけど今回はなんか余裕で聴けた、素晴らしかった。この歌の時ライトに背を向けて歌ってたけどこの人はやっぱりスポットライトがあたるこの場所にいるべき人なんだなあと心底思った。




      こうなってくると作る歌も増えてコンサートも回数を重ねるにつれていいとこどりできるってこれからのライブも楽しみの二乗三乗無限大に楽しみでしかない。最強のパフォーマンスとそれに相反するお茶目なおしゃべり。それにとうとう最終兵器の最強のビジュアルを持ってきた赤西仁、無敵です。



      10年前に知って堕ちたときにこんな10年後を迎えてるなんて思いもしなかった。だいたい10年もおんなじ人のファンでいるってことが考えたら奇跡。勝手にだけど、ものすごい遠い人でものすごく遠いところからだけど好きになってしまったその人が安定の道から外れて人には見せないけどきっと悩んだりもしたりしながらいろんなこと言われたりしながらも自分のやりたいことを自分の手で切り開いて独り立ちというスタートラインに立ったんだなってこと。
      Jr.、KAT-TUN、留学、ソロ、アメリカデビュー、結婚独立、10数年の出来事すべてが何一つ無駄なことってなくて、今の赤西仁を作り上げているんだなって改めて思わせてもらえた。

      その分ファンもいろんな思いもしたけれどこんな今を見せてもらえることができるなんてほんとよかったねぇってしみじみ。

      そしてそんな過去にとらわれない純粋に歌やパフォーマンスやその容姿に魅せられた若いファンの子、男の子が増えてほんとよかったねぇ、って。(1歳から70代までほんとお客さん年齢層幅広かった)

      感謝してますって言ってくれて、最後にいつも深々とお辞儀をしてくれたけど、こっちこそいっぱい楽しい時間をすごさせてもらえて深々とお辞儀してありがとうと言いたい。



      一言なんかで言い表せないけどもし一言で言い表すとすれば

      逢うたびに


      赤西仁は今が一番


      やっぱり毎回毎回そう思わせてくれる人であるということ。

      あと細かいこといろいろ書きたいことあるけどまた思い出したらおいおい書きたいです(ってか忘れないうちに早よDVDをっ)







      JUGEMテーマ:赤西仁



      スポンサーサイト

      2017.05.14 Sunday
      0

        関連する記事
        コメント
        入れて入れて〜( ´ ▽ ` )ノ2人絶賛大会!
        いちいち、そのとおりと頷きながら読ませてもらいました!
        素晴らしいツアーだったよね〜スゴイ人好きになったね、私たち!
        そして、今回も一緒にツアー回れて楽しかったよ、いつも有難う(*^^*)
        私も、感想残さなくては〜
        いつでもどこでも絶賛大会やろやろ!こちらこそいつもありがとう〜じんじんに会えることとお友達に会えることが毎回何より楽しみだもんね!
        コメントする








           

        calendar

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        ご訪問ありがとうございます

        ようこそ!

        メールはこちらから

        twitter

        Twitterボタン
        Twitterブログパーツ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:1407
        最後に更新した日:2017/05/10

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        jugem AD