☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

Me Tour@八王子

2015.09.12 Saturday
0
    このツアー全部見ているわけではないし、数回いかせていただいて、決してどこがどこよりよかったとかじゃなくて、どの回も毎回自分ではあ〜楽しかったかわいかったかっこよかったって帰ってきているわけなのですが...
    しかしきのうの八王子は、なんというか(表情がすごくよく見えた場所だったせいもあるかもですが)じんくん、ほんとに歌っている時もしゃべっている時もこのひとこんなに表情の豊かな人だったのかと改めて感じた夜でした。
    歌っているとき踊っているとき、文句なくクールでかっこいんだけどなんだか時々笑みを浮かべたりしてほんと心の底から楽しそうでそんな表情を見てこっちもまたよけいに楽しくなってしまった。
    オープニングからストーリーのように流れるように音楽の世界に入ってじんくんはその豊かな表情とともに体温を得て身体ごと心ごと音楽をたのしんで行く、幸せそうなそんな感じだった。
    MCも昨日は40分ぐらいあったんじゃないだろうか。お客さんとのキャッチボールがうまいっていうか、いじったりいじられたり甘えたり、ときには真剣に質問に答えたり、ほんと毎回回を重ねるごとにたどたどしい日本語は相変わらずだけど(でもそれがいいの)お話のまわし方がとても上手になってる、と思います。
    10代20代がほんとに多くなっている。この子たちは小さいときから(ママの影響でとか?)
    ファンって子も多いけれどそう思うとじんくんが結婚してるとか子供がいるとかそんなこと全く関係なくじんくんの外身も中身もそのパフォーマンスに惹かれてファンで居続けたあるいはファンになったってこと、そういう若いファンがいるって心強いことだよね。それと男子ファンも年齢層が幅広い(笑)奥様につれてこられたお父さんが昨日質問されてたけれど、(遠征されてた)地元に来てくれたら友達いっぱい連れて行きますっておっしゃってましたね。おじさんをも虜にしちゃうじんじん。
    24日の男子込みグループ参加の公演がどんなことになるのかますます楽しみになってきました(思いがけずありがたいことにお友達に連れて行っていただけることになってしまいましたのでしっかりこの目で見てきます)

    以下思い出したこと断片的に。

    *What happened~Go Gitt’er,~Dayum~BAILA 手の足の先の動き、リズムを取る首の動きがほんと色っぽい。前髪の隙間から見える目が、白目がほんとクールに光っている。
    *ミアモル、濡れ髪を幾度もかきあげる…そのときにキャア〜っていう悲鳴じゃなくてなんかため息のような吐息が会場にもれる、そんな感じ
    *グレーのテレンとしたあの衣装の袖をまくり上げてすばらしい二の腕ありがとう、まっしろで毛穴が見えないのにたくましいって
    *おしっこいってるあいだのケイボのお話がじんじんとの出会ったころの貴重なほのぼのしたお話、ユーモラスに話して日本語ほんとおじょうず。
    *英語を覚えたことで世界が広がった、自分の歌で同じようにたくさんの人に感じてほしいから英語の曲も作る。
    (もとからバイリンガルとか、英語の中で育ったとかじゃないのにそれこそ車エビをかーしゅりんぷ、あいあむぽんちとかいってたじんくんがほんとに英語バカになって自らその環境に身を置き身体で習得していったから説得力のある言葉だとおもう。)
    *好きなお酒、最近ワインが飲めるようになった。(赤ですか?白ですか? もちろん「赤」西ですから〜うまいねじんくん。
    *ツムツムをツンツンするツムツムよくわからないじんじんがかわいすぎた
    *グラチャンを思い出せないじんじん
    *拡張現実の説明を噛み砕いて噛み砕いてうろうろうろうろ歩き倒して説明し終えて拍手喝采をあびるじんじん
    *19歳の女の子のダンサーになりたい どうすれば?英語と同じようにダンスバカになる継続は力なり じんじんも一般からオーディションを考えているので受けにきて、嵐とかいっちゃだめだよ!
    *ラキラキの帽子かぶせてもらうその首を傾げる仕草がいつにも増して可愛すぎた
    *年代調査のつぎに国別調査でスエーデンとベトナムにくいついていた、ペルーも。ペルーペルーってペルーって何語?スペイン語か〜(しかし客の大半は黒船をもってきたペルーを思い出していたと思う)
    *この世界には言語が5600(ブー!6500!即ツッコまれる)
    *前日にジンスタで初顔出しさせてくれた山田孝之くんが八王子に来ていた(らしい)だからじんじんよりニヤニヤうれしそうだったのか。
    *ミスカリトロッコも目に入る限りでは移動してる人もほとんどなくてトロッコ降りて通路からステージに上がるまでがものすごく早くてステージ上がってからのDJ台上の煽りの時間がよけいに盛り上がってた感じがする。

     
    JUGEMテーマ:赤西仁

    スポンサーサイト

    2017.05.14 Sunday
    0
      • 2017.05.14 Sunday
      • -
      • 23:21
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      calendar

      Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      ご訪問ありがとうございます

      ようこそ!

      メールはこちらから

      twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL&ASIA 上映プレミアトークイベント
        tuba
      • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
        kako
      • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
        かりん
      • すーん。
        かりん
      • CD
        みゆう
      • ありのままで〜
        kako
      • ありのままで〜
        kako
      • ありのままで〜
        ゆりこ
      • ありのままで〜
        tomo
      • おひさしぶりです。
        kako

      links

      profile

      書いた記事数:1407
      最後に更新した日:2017/05/10

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      jugem AD