☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Me Tour@24日渋谷

    2015.09.28 Monday
    0
      JIN AKANISHI  LIVE TOUR 2015 〜Me〜
      全国ツアー19公演 無事終了 じんくんお疲れさま!
      入れた公演も入れなかった公演も入られた皆様のレポのおかげでその様子も知ることができてたくさん楽しませていただきほんとうに楽しい3ヶ月だった。
      オーラスの挨拶で2015年もありがとうございました、って挨拶したらしいけど💦💦
      いやまだ上海や沖縄もあるし〜笑
      きっと改まった挨拶を最後に一生懸命日本語考えて出てきた言葉ならなんだかじんじんらしいけどね(甘)
      一昨年のクラブサーキットだったかなあ?大阪で入れたあのオーラスの独特感が忘れられず
      何があってもオーラスはやっぱり行きたい!と意気込んで今年は仙台八王子エントリーしたりしたんだけどね
      意外と人気ある赤西さんw(私たちは意外となんて全然思ってませんけど!)追加に次ぐ追加で、やっぱり運がなくて最終日はお友達に魂を預けておりました。
      昨日はほんとにじんくんも達成感いっぱいの笑顔だったんだろうな〜
      そんなじんくん見たかったけれど、仁欲はきっと仮に全ステしたとしてももっともっと見ていたい、、ってキリなく思うんだろうな。
      とにかくアクシデントなく(大阪では一度音響のトラブルあったけどね、それもライブ感あり!でレアだったけど)
      無事に終わってほんとによかった。
      そして何と8月にJindependence のDVDがでたところなのに11月18日にもうこのMe TourのDVDが出ると!
      いや、ちょっと早すぎて、いや、めちゃくちゃうれしいけど、そんなツアー中に発表されるのなんて初めてだしビックリ、そんな幸せなことでいいの?なんかあるの?いやまた長い休みに入るから?←相変わらず慣れてなくて素直になれない
      で、オーラスには入れなかったけれど、なんとその前日の男子囲い込み作戦公演「THE じんじん VS お○んお○ん公演」
      お友達が息子ちゃんを連れていくのに申し込んでて、ありがたいことに誘ってもらって行かせていただいてしまいました。
      (なんと24日の男性同伴渋谷公演、全体の44%が男性、じんじんライブ初めての人が750人だったそうです。)
      会場に入ると、楽しそうに2、3人連れの若い男の子(普段も来てそうな子達)から 彼女に連れてこられた人、奥様に連れてこられた人、お友達に連れてこられた人、お母さんに連れてこられた男の子、見渡せば3分の1どころか半数ぐらいかもね?って言ってたんだけどやっぱり半数近くだったんだね。今までに見たことのない光景だった。
      いつかアメリカで歌いたい、とか、男性限定でやりたい、とか 昔言ってたけれど、そのときは夢語ってるな〜っ話半分に聞いていたけれど、言ってたことことごとく実現させているじんくんのこの有言実行男、なんなのよ!?ってこの光景を見て今更ながらまた思ったよ。
      そんな空間に入って始まったらどうなるんだろう〜ちょっとこっちも半分不安みたいな?ドキドキしながら会場が暗くなると、いつもより少しトーンの低いウオ〜って歓声があがり結構最初から何の心配もないくらい盛り上がっていましたよ。
      近くを見渡しても男性の皆様の様子が気になりついちらちら伺ってしまっていたけれど、時間が経つに連れてみんな楽しそうになっていってて、ずーっと座ったままのおじさまもずっとステージを見入ってらした。
      じんじんも緊張していたのかな?やっぱりちょっと緊張してたんだろうね。目がハートで息をするのも忘れそうな女子だらけじゃないその場所に最初登場してきた機械仁くんの目は鋭かったような気がする。
      スペシャル公演とはいえセットリストや構成はいつもの通りで、でもそれがなんかよくてきっといつも通りの赤西仁を見てくれ!感じてほしい!って思いだったんだろうなと思う。
      席は2階後方のセンター寄りで初めての2階からのライティングがものすごく楽しみでした。ステージの床に照らされる光の動きもよく見える。
      機械仁くんから抜け出した拘束仁くんのダンスの足元の細かな動き〜
      その拘束から解き放たれたDayum のひらひらダンスはやっぱり大好きだ。あんなに軽やかなのにフワフワ色っぽいという…
      We the party で歌い始めの時に一瞬音が??になって一瞬大阪のSlowがよぎってしまったんだけど何事もないようにすっと歌い始めたじんくんがめっちゃかっこよかった。オープニングからここまで流れるように温度が上がっていく。
      Baby〜ミアモルのじんじん濡れ髪で首筋にかかる髪が短くなっていたような?
      前髪は目にかかってるんだけどその隙間からのぞくせつない瞳がたまらない、途中からかきあげて全開のお顔が現れたら、もうこれ何回目かなのにその麗しさには全然慣れない、相変わらずのため息もれる美しさでした。男子たちの目にはどう映っていたんだろうか?
      クール、セクシーの次は可愛いラキラキ〜 Good Time・・・
      そして和やかなMCタイム
      男子同伴、って言葉にキャバクラみたい変な風に取られちゃってね〜ファンを利用!利用って!活用って言えばいいのに〜とか、でも目一杯頼って利用してくれていいんだよ〜〜って甘ファンが心で叫んでたよ
      半数近いんじゃない?ってじんじんも嬉しそうだった。ちなみに無理矢理連れてこられた人〜
      あ〜結構いるね(笑)おちんちんついてるひと〜?うお〜!って感じで、
      でも、つまんなくても最後までいてくださいね、って男子にもさっそく甘えん坊になってませんでしたか?笑
      ここでDVDの発売発表(ちゃんと日にちも言えましたね)
      ほんとにしゃべるの苦手でできればしゃべりたくないけど成長しようと思って
      でも一語一語気をつけないと大変なことになっちゃう
      60代の人??のときに挙手した奥様に連れてこられたおじさまにじんくん「いつもすみませんお金いっぱい使わせて…」
      来年2月に80歳になるというご婦人に来年も来てくださいね、、って。
      しかしいつもながら0代(10歳未満)の子から80代まで、すごいよじんくん。
      そういえばこの日は拡張現実の説明は一切なかった(笑)
      小林武史さんもいらしていてじんじんの口から今日来てくれてるって、ジャンルが違うからあとでどんなダメ出しされるか楽しみって。「あかにしさ〜」ってちょっとマネうまかったよ。
      私個人的にはものすごく小林さんきてくれてすごくうれしかったな。BANDAGEというあの映画で小林さんと岩井さんとの出会いはじんくんのなかで影響を受けた方達だったと思うし、小林さんの監督として、音楽プロデューサーとして、一から作品を作り上げるというその仕事に対する姿勢とかね。独立した今の赤西仁を見た小林さんの感想も聞いてみたいな〜
      セルフプロデュースするじんくんはもちろん好きだけれど、誰かにプロデュースされるじんくんもこれからどこかで見てみたい。だから音楽もだれかとコラボとかすごく見たい。
      そうそうコラボと言えば…質問コーナーの3人の男性の質問がみんなよかったですね。
      最初の20歳の男子、かつんデビュー前からのファン(てことは小学生から?)WONDERの音源化とかはないんですか?
      聞いてみます!大人の世界があるからね…って(やっぱりそこが壁なのね。)ぜひとも壁を乗り越えていただきたい。
      次の28歳男性がジムで鍛えてるそうだけどどの部位を?に間髪いれず「ち○ち○ですよ!ダンベルあげてるから!プロテイン飲みながら!」の声の張り上げようと言ったら(爆笑)子供か〜〜って言いそうになったら
      最後の9歳の男の子!もうそれがツボにはまったらしく笑いすぎてしゃべれない、待ってるじんじんのそのときの顔が何とも言えず(笑)「なんで〜ち○ち○ち○ち○ばっかりいうんですかあ〜?」
      じんくん「それは〜ぼくの脳内が9歳から発達してなくて〜脳年齢9歳ち○ち○いうのがおもしろくて〜成長するからまってて」このQ&Aがこの日の一番の笑いをとってました。
      と、MC覚え書きが長くなってしまいましたが
      そのあと後半のトロッコMiss Caloforniaからの盛り上がりはいつも通りいやいつも以上か、会場が男子率44%、初めて来た人3分の1なんてもうどこへやらの盛り上がりだったと思う。
      最後のアイナルホウエは最初の機械に拘束されたあの表情から正反対の優しい瞳で幸せな表情、この目で初めて大きなハートを描いたのを見た気がする。
      ちょっと特別なことを思いついていろんなこと言われたりしながらもやってみたこの公演を終えた達成感と充実感で満ちあふれたその顔をを見てグッと心が締め付けられたよ(涙)
      いろんなじんくんがやりたいなあ〜って思っていること、きっと某ジャニぴー事務所にいる限り成し遂げられなかったもの。いまでも6人の未来が続いていればどんなんだっただろうって思いは0%ではないけれど、
      今回のツアーは新しいファン獲得という以外に、じんくんがグループを離れたときに離れてしまったファンも久しぶりに見たってひともツイとかで見かけたけれどやめたからできることをどんどんやって実現させてるじんくんを見て少しは何かを納得してもらえたのではないかな?そうあればいいのだけれど、って思いがある。
      濃い〜ファンばかりじゃなくて何となく音楽をきいてこの音楽好き、どんな人が歌ってる?アルバム聴いてみたいな、コンサートも見てみたいな、、っていうそういうライトなファンも増やすことがCDとかの売上に大きく影響するしね。
      昔みたいにわかる人だけわかってくれたらいい、それも悪くはないとは思うけれど、今のじんくんは少しでもわかってくれる人が増えてほしいっていう姿勢に変わってきてるとおもうし、それは独立して、家族ももって芽生えていったものだと思う。
      成長しようと自ら試行錯誤するじんくんがいとおしいです(←結局はどんな姿もいとおしい)
       
      とコンサートの感想がまたぐだぐだ書いているうちになんだか違う感想に変わってしまったけれど💦
      Me Tourは終わってしまいましたが、2015年はまだ終わりません(3ヶ月楽しませてもらった分、またがんばって働かねば!)
      JUGEMテーマ:赤西仁

      スポンサーサイト

      2017.05.14 Sunday
      0
        • 2017.05.14 Sunday
        • -
        • 01:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        calendar

        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        ご訪問ありがとうございます

        ようこそ!

        メールはこちらから

        twitter

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL&ASIA 上映プレミアトークイベント
          tuba
        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
          kako
        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
          かりん
        • すーん。
          かりん
        • CD
          みゆう
        • ありのままで〜
          kako
        • ありのままで〜
          kako
        • ありのままで〜
          ゆりこ
        • ありのままで〜
          tomo
        • おひさしぶりです。
          kako

        links

        profile

        書いた記事数:1407
        最後に更新した日:2017/05/10

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        jugem AD