☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    待ってみます。

    2014.06.03 Tuesday
    0
      一眠りして変な時間にまた目が覚めてしまった。

      soon とか言われたけど うんうんそのうちってことね
      って言い聞かせて 慌てない慌てないって言い聞かせて
      冷静なフリしてじつは内心あれからそわそわ落ち着かないけど

      そんな心理を知ってか知らずかw

      「あとちょっとだけ 待ってみてごらん」

      ごらん・・・って〜〜
      またこのひと、いつも姫様にこんなしゃべりかたしてんのかな、、なんて思わせるような
      優しい声が頭ん中聞こえてきたよ

      なんだかもう何かいいたくていいたくてしかたない
      ようにかんじるのは私だけじゃないよねぇw
      はいはい、いくらでもまってみてごらんになります←日本語変

      なんだか目の前にニンジンをぶら下げられた馬になった気分です。
      これでまた日常つっぱしれるかしらん?
      いくらでも待てますけれど、馬がきりんにならないうちにお願いします。


      話変わるけど
      今日もまた真夏のような暑い日でした。
      こんな暑い日 昼間、車で
      SUMMMER LOVING聴いてた。
      #JUSTJIN をシャッフルでかけてたんだけど
      たまたま次が HWU
      もうほんと暑い時にぴったりな曲だなぁって、今更ながら思った。
      これを超える夏曲 って言ったよね言ったよね 聴けるんだよね
      またなんか想像の上を超えてくるのかしら

      朝仕事へ行く時は
      Get up♪
      朝に聴くと元気になれる。
      帰り道夕暮れどきにはアンニュイな SLOW JAM
      気分を上げたい時は Go higher とか OohLaLa とか テンポラとか
      JUSTJIN の曲っていろんなシチュエーションや気分に合わせて聴けるから
      飽きないのかな。
      もちろん好きな人のアルバムだからってのもあるだろうけれど
      今までもいくら好きな人やグループの曲もライブに行くために一生懸命聴いてたけど
      そこまでヘビロテしたことはなかった気がする。
      じんくんの作る音楽が好きになれて、自分の好みが合っててよかったなぁと思う。
      じゃないときっとこんなに待つことの多い人(あ、嫌い味ではありませぬ 笑)を
      ずっとずっと何年もファンでいられなかっただろうなぁ(^_^;)


      一度きりしかない人生
      二度と欲しくなるくらいに
      You and Me and We
      今を生きて

      またその音楽が聴けるなら
      人生二度欲しいくらいです。



      JUGEMテーマ:赤西仁


       

      すーん。

      2014.05.30 Friday
      0

        本日@Jin_Akanishiさんより、、

        Good morning! So busy, looking forward to seeing everybody soon!!

        すーんだよ!すーん。すーん。

        またすぐ会いましょう、って聞いてから半年過ぎたけど^^;
        そんなこと気にしない。
        もう、何回目の
        おひさしぶりですあかにしです
        になるのかわかんなくなってきたけどw
        そう言ってくれるなら何回目でもいい。

        目下のところいったいどんな形で現れるのか全然見当つかなくてそれが興味津々なのです。

        ジャニーズの人じゃない赤西仁にお目にかかれるんだね。
        きっと見た目は変わらないと思うけど。


        すーん、今度はそんな先じゃない気がする。

        CD

        2014.05.29 Thursday
        0
          CDは買う派?配信派?
          もちろんじんファンとしては発売されたらCDをせっせと各種類買います派ですがそれはまた別としてw

          最近、若い頃から持っていたもの、好きなアーティスト、ジャニーズのもの、娘のものなど長年溜まったCDを整理して収納ケースにしまったりラックにならべたりしながら、つくづく自分はCD買う派だなあって思った。買うまではいかなくてもレンタルで借りてダビングする。←単にアナログなだけなのかもだけどw
          もちろん何でもかんでも買ってられないし最近はiTunesでダウンロードすることも時々あり、その便利さにも惹かれつつはあるけれど。

          スガシカオ氏が2年ほどまえに独立してレーベルから離れインディーズで活動していたことは知ってはいたけど(ものすごいファンじゃないけど彼の曲はなんかいつも耳と心に惹かれるものがある)今度再びメジャーデビューするということで、ツイートもちょっとチェックしたりインタビューの記事とかを興味深く見ていた。
          大きな事務所を離れ個人でさまざまな経験をしたのを読むとついつい今のじんくんを重ね合わせてしまってね。立場や状況はもちろん違うとは思うけれどこれから似たような道を歩むのかな、、とかね。
          中でも印象的だったのは、配信は利益がないから次の作品の制作費を出すためにもCDを買ってほしいってこと。インディーズを経験したからこそ出てくる切実な言葉だなあって思った。

          曲作りってアーティストによってもまちまちだと思うけど、じんくんみたいに打ち込み?でアレンジャーの人たちと作るのってどうなんだろう?事務所を離れてワナこさんともどうなるのかわからない今、なによりもその環境がちゃんとあることをまず願うわけで。

          今の若い子って、自分の子を見ててもわかるけどCD買わないよね。(某アイドルファンは除いて)もちろんお金に余裕ないし、ダウンロードしたり、YouTubeで十分だし、何枚も何枚も買うなんてエコじゃないし(笑)時代には準じてると思う。自分の若い頃だって好きな音楽はもっぱらFMから録音したりしてたけど^_^;でもどうしても好きなものはLPレコード欲しくて買ってた。
          特典なんてなんにもなかったけどどうしても欲しいレコードの入ったジャケットを手に入れたら、それは一枚の絵画を買った気分になってたような記憶がある。
          先日東京行ったときにBANDAGEロケ地のレコード屋さんに行って懐かしいレコードやCDを見たのがきっかけなんだけど、最近、昔、ラジオからカセットに録音していた曲のCDを見つけると輸入盤だと安価なのでついポチっとしてしまう今日この頃です。
          あ、スガさんも新しいCDポチりましたわよ。
          (アストライドとNHKプロフェッショナルで流れてるProgress、いいです!)
          その昔KAT-TUNのときはKAT-TUNばかり聴いてた時期もあったけれど、じんくんがソロになって赤西仁の音楽に出会ってから、いろんな音楽、昔好きだった懐かしい古い曲も、今の米ヒットチャートの曲たちも聴きたいと思うようになれたような気がする。

          まあ、でも。。今一番聴きたいのはやっぱり赤西仁の音楽ですけどね。

          待つのはもう慣れてるけど、待つからにはいいものいっぱい箱詰めにして届けてちょうだい!



          夜中に目覚めたら

          2014.05.18 Sunday
          0
            早くから爆睡していて夜中に目覚めたらじんくんがまた面白いつぶやきとインスタあげててすっかり目が冴えてしまったよ^^;

            丸メガネは見てるとoutの人も多いのか^^;私は個人的には好き。ってか、普通誰でも似合わないものをいろいろ遊び心でかけてやっぱり似合うところ?がね。(HWUでかけてた薄い色のサングラスもね)
            ってか、メガネより久しぶりに見たこのインタビューの英語に引き込まれた^_^

            先日、ありのままで〜を聴くとついじんじんと重ね合わせてしまう、、と書いていたけれど、こういうこと、昔からよくある。
            自分はまずメロディなのか歌詞なのか、よくわかんないけど。
            どっちもかな。
            メッセージ性のある曲は自分の心の状態の上がり下がりによってどれだけ沁みてくるか、にもよるしね。
            そしてこの間から来日していたハンターヘイズの歌がめちゃめちゃ沁みてます。
            invisible
            これはじんさんの歌ですか??ってくらい
            今の自分には沁みてます。そして勇気づけられます。


            きみの自信は寡黙で
            寡黙さが彼らには弱さに見えるんだ
            でも君がそれと闘う必要はない
            戦争しなくても勝つ強さが君にはあるから
            ハートにはそれぞれのリズムがある
            君のを高らかに打ち鳴らせ
            みんなに聞こえるように
            もう隠さなくていいんだよ
            僕が約束しよう
            違うことをするのを恐れずに
            あえて目指そうよ それ以上の何かを

            (先日からのまたまたしょーむないマスゴミ記事を目にしたから余計かな^^;)
            でもツイのおかげでいつも通りハッピーなじんくんを感じられてホッとしたけど、この人は強い賢い人だなと毎度のことながら再認識してる。きっと生まれた時から愛情いっぱい与えられ、また彼も周りの人に与えてきて、その愛情に育まれた強い根っこが彼を揺るぎない人にしてるんだよね。

            耳だけで聴いたり、ベストヒットUSAとか、最近特にMVを見てその曲が好きになることもあります。
            見ているだけでフワッとシアワセな気持になれるファレルのHappy や
            先日お友達に聴いて見たマイケルジャクソンft.ジャスティンティンバーレイクの
            Love never felt so good
            もお気に入り。歌もいいし、何と言ってもMVがステキでここについじんくんが踊ってたらなあ、って想像してしまう。
            ジャスティンのダンスってついじんくんのあのLove Juiceを思い浮かべずにはいられない。いつかマジでコラボしてほしいです。

            なんだかあれこれ思うこと書き並べたら支離滅裂極まりない^^;
            さてもう一回寝よ。


            愛は小出しに

            2014.05.12 Monday
            0
              毎日小出しにお仕事のお知らせしてくれるじんじんありがとうございます。
              メール通知が来るたびにドキドキするのがいつまでたっても慣れないわぁ。

              4月半ばにブルーノのコンサートに行った翌日ちょー楽しくて歌詞が浮かんだ、
              そろそろ本気で曲作り始めた・・・
              あの時つぶやいていたGood morning Ms太陽!って歌詞だったんだね。
              毎回のつぶやきが点とすればその点がつながって線になってもうすぐそのつながりがわかるのかな?
              いやまて、スタジオで歌ってみた、ってあるだけでレコーディングとは言ってない!
              一方でこれだけ世界に向けてつぶやいてるんだから、とか、
              なんか撮影もあったらしいからお楽しみに!って言ってるんだからなんかはある!
              って舞い上がったり冷静になったり忙しい(^_^;)

              なんせちゃんと形になって見るまでは安心しないぞ!ぬか喜びしないぞ!っていつものようについ予防線張ってしまうけど、
              なんだかね、まだ何にも先が見えないけれど暗闇のトンネルからその先に光が見えててもうすぐそこに行き着くことができそうなそんな感じ?
              まだまだ不安はいっぱいなんだけど、曲出すにもまたまた歩んだことのない道を体験させてもらってる?(笑)
              だから世に出た暁には喜びも倍増に違いない。
              前例のないことをやってのける人だからね。でも本人はそんな自覚はないんだろうな。あるがままに自分を信じて流れに身を任せて突き進んでるだけ。
              きっといつか言うよ。気がついたらこうなっていた、ってw
              ま、それは照れ隠しであると思ってますが。
               
              どんな手を使って?ってあれこれ考え出すと自分の個人的希望とか想像すると止まらない。
              CDという形もほしいけれど売上のために何形態も出すとかもうあんまり意味ない、堅苦しい枠になんてとらわれないで世界の人がJin Akanishiを自由に聴けることができるほうが素晴らしいよね。
              そうなるためには事務所とかレコード会社とかどうなればいいんだろう?いっそ赤西仁事務所作っちゃえ!(笑)とか好き勝手に言うのは自由ですが、まぁ、業界のことは全くわからないしもちろんそんな容易い世界じゃないと思うしよくわかんないけど。
              セルフプロデュースはできることは確証済みなので心配はしてないけれど、なによりもその赤西仁の才能をちゃんと潰さずにうまく世に伝えてくれる、マネージメントしてくれる心強い方がいてくれることを願ってやみません。
              どんな形で出ようがここまでついてきたファンならくじけないけど、そこのとこだけだなぁ心配は。
              でも・・・
              どんな手を使って出てくる??スリル満点?なんだかやっぱりじんファンっていろんな意味で楽しい。

              ありのままで〜

              2014.05.03 Saturday
              0
                ありのままで〜♪ って歌が今流行っていて、
                もちろん私も今アナ雪を見てから (お松さんと沙也加嬢バージョンに)ハマってる一人ですが
                ありのままで〜って聴くと どうしても じんくんがよぎります。
                歌詞もね、
                「ありのままの 姿見せるのよ  
                 ありのままの 自分になるの  
                 何も恐くない  風よ吹け  少しも寒くないわ  
                 悩んでたことが嘘みたいね  
                 だってもう自由よ  何でも出来る  
                 どこまでやれるか  自分を試したいの  
                 そうよ変わるのよ 私」
                 (from 『Let It Go』)

                なんだか当てはまってしまうのよ(笑)
                裏も表もなくいつもありのままの人。 あるがままの人?ってリジーちゃんにも言われてたよね。 
                自分をそれ以上にもそれいかにも見せようとしない人。

                5月に突入GW真っ只中ですがじんくんが事務所を離れて2ヶ月。
                そのあいだにはCCとRONINのDVDも出たし本人からも時々安否は知らされるから そんなに経った感じはまったくしないし、2年前のことを思えば気持ちは全然違う。
                世間というか、マスゴミは相変わらずだけれど
                でも、気になんてしないけれどでも結構傷つくんだよ、他人の自分でさえこんな嫌な気持ちになるんだもん、割り切っているとは言えじんくんには目にして欲しくないなっていつも思う 
                この1年でシングル、アルバム、映画プロモーション、ツアー、DVD発売、、、彼が仕事してないとかいうなら世の中のミュージシャンどうなのよっていいたいですけど(`・ω・´))
                ま、そうかと思えば本人さんより真昼間、真夜中に可愛さ爆裂の新仁語録をまじえたつぶやきを目にしたら
                そんなことはいっぺんに吹き飛んでこっちまでシアワセな気持ちになるんだけどね(^_^;)

                さて現在じんじんは日本にいるのか異国の地にいるのかわかりませんが こちとらまだまだ毎日CC DVDに嵌ったまま抜け出せてない。
                てか、見れば見るほど細かい部分が気になって底なし沼のようにキリがない。
                1時間ちょっとというのがまた見てしまうんだな〜。
                ただし、〜しながら、っていうのが無理。見入ってしまうから。BGMにするなら#JUST JIN かけないと。
                これは1時間あまりのMusic Video 。(そんなふうに思っていたらやっぱりこの監督さんHWUやアイナルとおなじ丸山監督だった、ってことはじんくんも編集に参加してるよねきっと。)
                この日は10何台のカメラが会場にあったそうですが至近距離から天井からあらゆる距離からカメラがJin、そしてダンサーズ、そして観客すべてをこのMVの出演者のように収められてる気がします。この撮り方、ほんとすごく好き。
                だからもう一つ欲を言えばJinマルチアングルつけてくれればいうことないんだけど(笑)それは贅沢か(^_^;)
                このDVDはMCはオールカット(Scream itのお○○い発言も12公演やらされ続けたLove songの小ボケもね)
                だけれど作品としてはこれでよかったと思う。
                海外に向けてることも考慮されたのかなとも思う。

                時間がないとき とにかく、大好きな Temporary loveとOohlalaとTell me where だけを見ようと思うんだけど 結局は切れなくて最後のエンドロールまで見てしまうという。
                それどころか その前の Go higherのダンスもめっちゃ好きだと気づいて見る部分が結局増えて ずーっと見入ってしまってる。 今回のダンサーさんたちもほんとにみんな素晴らしくて いつもクルーに恵まれてるなぁと思うけれど
                素晴らしいダンサーさんたちの真ん中にいるJin Akanishiも 頭の先から指の先、足の先までのしなやかなダンスを踊りきり、20曲歌いきって、 神がかったライティング、このステージをプロデュースして また今回も想像を超えてはるか上にやってきた、っていったら言い過ぎですか?

                エンドロールまで見終わったら とてつもない満足感、
                でも
                ちょっと悲しい気持ちが一瞬やってくる。 早くこの人を世界にもっと発信してくださいって。 一瞬ね(^_^;)

                きっといわなくもきっとどんな手を使ってでも 自分の力で出ていくひとだろうけど。
                ま、どんな時も言い訳なんてひとつもしないで
                いつものように また想像を遥か超えた新たなJin Akanishiの世界を 魅せて聴かせてくれること信じて 気長に待ってます。


                 
                JUGEMテーマ:赤西仁

                何年たっても巡るのは楽しい(追記)

                2014.04.18 Friday
                0
                  日が経つのはほんとに早いね。
                  1ヶ月があっという間。ぼやぼやしているうちに春が来て
                  4月 待ちに待ったClub Circuit と 47RONIN のDVDもやってきました。
                  毎日手に届くところにJin Akanishi と ちかたんがいて見られるってなんてシアワセなことだろ。
                  確かに今は不安といえば不安な時期でまだなにもわからなくて…な感じなんだけど
                  このDVDと時々安否を知らせてもらえるツイやジンスタのおかげでふんわりした気持ちで待てるというか
                  でもCC見てたらそんなこと吹っ飛んでしまうくらい。
                  こんなカッコ良くて才能あふれたパフォーマンスを見せてくれる人なんだからお久しぶりですって聞ける日がそう遠くないよね、って思えてしまう。
                  DVDの感想もたくさんあるけれど毎日ちょっとずつあれこれ見てはまだ楽しんでいる最中です。


                  で、先に暖かくなったので以前から楽しみにしていたお江戸旅行にいったことを書き留めておこうかと。
                  まだ行ってなかったロケ地(ジン関係ロケ地は何年たってもわたしにとっては新鮮で楽しい)に行ってきたでござる〜
                  といっても行くまでバタバタ忙しくてなんとなく行きたいところだけあれこれ考えて、あとは行ってから考えようということで行き当たりばったりで出発した。いつものごとく東京のお友達がお供してくれて私たちが行きたいところにつきあってくれてね。もちろんロケ地巡りはたのしいし、見つけたときの感動って何ともいえないんだけどそれを一緒に楽しめる人たちとじんじんいいながら回れることが何よりの楽しみなのです。いつもありがとうね。

                  始発で出発、8時半には到着で
                  まずはここ。
                     
                  BANDAGE のここにお友達が待っていてくれました。ブランコに乗って(笑)
                  アサコさん!アサコさん!って呼んでるのに全然気づかないと思ったらほんとにアサコさんになりきってイヤホンで二十歳の戦争聴いてらっしゃった!ここの公園って大きな駅の近くで都会のど真ん中なのに(日曜の朝ということもあるけど)かわいいこんなブランコや遊具があって犬の散歩の人もちらほら、ほんとに静かで雰囲気のいい公園だった。
                   

                   
                  LANDSをミハルに教えてもらった場所

                  次は武蔵小杉、ではないけれど アサコの家
                  ここはスタジオとしてある会社が使用していたらしいけれど今は撤退したという話だったので
                  家、まだあるのかな??と不安ながら駅からテクテク歩いていくと
                  あった〜よかった〜

                    おねがい、ちょっとつきあって


                  ここから駅に戻る途中に神社があって
                  そういえばごくせんのヤンクミと隼人がタイマン張ったあの神社ってどこにあるんだっけ?って
                  急に調べたらなんとそこの近くってことがわかって少し歩かないと行けなかったんだけど
                  即、向かいました。
                  ここもほんとに静かで人もほとんどいなくてでも立派な神社でした。
                       
                  けんかなんて強くなくていい 大切な人を守ることさえできればいい って学んだ場所。
                   この石塀から竜がのぞいていた

                  おなかもすいたのでお昼ご飯、中野へ
                  カツカツで黒木瞳さんとじゅんのとじんじんがいったラーメン屋さん。
                  ちゃんと表のメニューにこんな表示も。いまでも訪れるファンがいるってことねw
                  お店は狭いけれど清潔にきれいにされてるお店でラーメンももちろんすごくおいしかった。
                   


                       

                  ミハルの働いていたレコード屋さん。
                  吉祥寺にある中古レコードCDのお店です。
                  ここはぜひ行ってみたかった。看板も中も映画のシーンそのもので感動でした。
                  なつかしいレコードやCDがいっぱいあって自分自身も80年代にタイムスリップした気持ちになりました。

                  このあとは
                  六本木ヒルズへ、レッドカーペットがあったあの場所を教えてもらいながら行くと
                  ちょうどこの時も何かのレッドカーペットやっていて(相棒の水谷豊さんがビジョンでちらっと見えました)
                  ほんとまるまるお外であれ11月の終わり、みなさんも見ていた方たちもほんと寒かっただろうな〜
                  実際、あの日参加したお友達からくわしーくここからじんじんが車から降りて向こうに歩いていって・・・って教えてもらって。またいつかそんな日がくるといいな。

                  で、一日目はこれにて終了。

                  久しぶりに東京でお泊り。
                  翌日は偶然に同じく東京を訪れていたお友達も合流して前日にもましてワイワイ賑やかに楽しい一日となりました。たまたまここ知ってる?ってもらっていた場所、なんだか見覚えあるけどさてどこでしょう?
                     
                   

                  有閑倶楽部の最終回で魅録が出羽桜を待ち伏せしていたホテルの玄関。
                   
                  高田馬場って初めて行きましたw
                  高田馬場の早稲田大学の近く
                  ここにこっち側にバイクが止まっていて〜とか必死で方向を検証
                  きっとはたから見れば何やってんだよって感じだったでしょうね(^_^;)
                   
                   
                  ここから銀座へ。

                     

                  anegoで黒沢くんとえりこさんがランチをしていたお店。
                  入口から階段を下りたところにフロアがあって吹き抜けになっている素敵なレストランです。
                  anegoが不倫?そんなぁ?って言いながらサラダをほおばる明彦くんです。
                   
                  夜はお高そうだけどランチはリーズナブルでパスタもいろいろ分けあってどれも美味でした。

                  (メインの写メ忘れた(^_^;))
                   
                   
                  ここからは徒歩で
                  前回もいったところだけれど
                   
                  Date with Jody
                  気分(だけ)はリッチにペニンシュラ〜
                  ほんとにこの日もいいお天気でした。
                   タキシードじんくんと乾杯

                   
                   この扉を見るとあの時のじんくんの緊張がいまだに感じられる
                    



                  食べて飲んでばかりなんだけど
                  あとどうしても行きたかったあのお店へ
                      ぶらっくじゃーっく!
                  BANDAGEで始まった今回のロケ地巡り
                  BANDAGEで締めますw
                  開店早々でまだ誰もおられなかったのでお部屋を見せていただきました。
                  よく歩いた。普段歩かないからいい運動になって、
                  おまけにじんくんのゆかりの場所に行けていつもながら一石二鳥w
                  もう何年前のロケ地よ〜(^_^;)なのに、行くたびにいつもあそこいきたいここも行きたい、って言っては振り回してるのに快くお付き合いしてくれてほんとありがたく思っています。
                  いつものことだけど、映像でいろいろ見ていた場所を実際に目にするのって何年たとうが何ともいえない感動があります。
                  そしてみんなほんとに面白いんだもん。じんじんに堕ちた話とか、会うたんびにきいてるんだけど何回聞いても大笑いしてる気が・・・考えたら住んでる場所も年齢も状況もバラバラでじんくんいなかったら一生会うこともなかっただろうに、ホント不思議。そして感謝。




                  JUGEMテーマ:赤西仁

                  春はもうすぐ

                  2014.03.21 Friday
                  0
                    超〜お久しぶりです。
                    って延々書いててタイトル入れようとしたらどこか触って全部消えちゃった(泣)
                    超〜お久しぶりに書くとだめですね。
                    今年初めてです。
                    私的なことでバタバタしていて今もまだバタバタ中なんだけれど
                    いろいろ仁ごともあったりして書きたいことはあるけれど考えもまとまらないし
                    という言い訳はどうでもよくてw
                    だからもうこんな更新されないブログ誰も見に来ないとは思うけれど
                    閉鎖してしまうのもなんだか寂しいし
                    じんじんも新しい旅立ちをしたことだしぽちぽち再開しようと思います。

                    大阪が終わって年が変わり1ヶ月2ヶ月・・・静かで
                    まあ、1年半じっと耐えた私たちですからそんなもん1ヶ月2ヶ月くらいは平気だったけど
                    とある日CCDVDが出るとのニュースにわいていたら
                    2月末をもって事務所を退社のニュース。
                    まあ、そういうこともあるのかな〜その方がじんくんのこれからの思い描いている夢を叶えていくためにはそうなる方がいいのかな〜という気持ちもあった。
                    何よりあのローニンのワールドプレミアの時に、世界中にお披露目の場所でスゴスゴとステージを降りていく彼を見て思ったんだよね。
                    ジャニーズでなくなること、まあソロになってからほとんどジャニーズであることを忘れそうになってもいたけれど
                    そうはいってもちゃんと守られていた場所から(あんまり守ってもらってたっていう感じもなかったけど)
                    いろんな意味でこれから大変だと思う。
                    会社との契約のやり取りがどんなものであったか私たちにはもちろん知る由もない。
                    双方合意のもと、という言葉を信じるのみ。
                    マスコミは例のごとくおもしろおかしくどれだけ陥れたいんだというような記事を書いている。
                    でも私たちが信じるのはいつもいうけれど彼の口から出た言葉だけ。
                    いつも感謝してます。これからもいろいろあるかもしれない、ひやひやさせることもあるかもしれない、でも大丈夫だから
                    絶対どんな手を使ってでもみなさんの前に現れるから(今思うともうそういうつもりでこんなこと言ってたんだな)
                    ちゃんと聞いたから。
                    だからどんな大変な状況になろうとも、じんくんが歌を作って歌って踊ってくれる限りどんな手を使ってでも私たちファンは会いにいくよ。
                    でもね、じんじんはきっともう前しか向いてないよ。
                    その大変さと引き換えに得た自由に大きな喜びを感じながら前向きにがんばれるのがじんじん、だと確信しているから。

                    退社後さっそく再開してくれたツイ、そしてインスタなるものや5億人が見ているという中国のweibo(中国は公式twitterもFacebookも閲覧できないそうな)も開設して
                    happy~ とか 楽曲制作勉強中(I love you付き)とか
                    相変わらずかわいいつぶやきやご飯跡(笑)を送ってくれる
                    その一言でhappy~にがんばれる単純なじんファンです。

                    でもできれば…
                    願わくば落ち着き先が早くわかるといいな。
                    とりあえず CCとちかたんDVDが出てから何か進展あるのかな〜





                    JUGEMテーマ:赤西仁

                    2013年ありがとう。

                    2013.12.31 Tuesday
                    0
                      2013年もあっっっっというまに終わろうとしています。
                       
                      年々歳をかさねていくとともに1年がなんでこんなに早いの?っていうか。
                      休止活動から先の光が見えないまま年が明け、やっぱり何も見えないまま47RONINの公開が年末にあるという微かな光だけを一縷の望みにして毎日過ごしていた2013年の前半。
                      このままじゃ映画のプロモーションにも出させてもらえるのかなぁ・・・とか
                      最悪プロモーションでなくても映画館に行けば主税をみることができるもんね・・・
                      なんて今から考えられないくらい前向きに諦めてた。
                      でもそんなときでも 毎日毎日おはようからおやすみまでじんじんごとだけじゃなく他愛もない日常の出来事や愚痴やら聞いてもらったり励ましやら元気をお友達にもらえてたおかげで、なんだかんだ楽しく過ごしてこられたと思っています。(ホントにありがとう)
                      これもじんくんが紡いでくれたご縁なのかとおもうと改めて不思議、そして出会いに感謝です。
                       
                      6月下旬の復帰のニュース、活動開始、
                      8月 HEY WHAT'S UP! シングルリリース、ファンイベント、
                      9月 3011 JAPONICANA TOUR ドキュメンタリーDVD、
                      10月 アイナルホウエ  セカンドシングルリリース、
                      11月 #JUSTJIN アルバム   Club Circuit ツアー 47RONINワールドプレミア 
                      12月 47RONIN公開 ハリウッドデビュー  Club Circuit ツアー
                       
                      休止活動1年半分はしっかり働いてくれたよね(笑)
                      久しぶりに生で見るパフォーマンスはやっぱりかっこよくって久しぶりにガッツリ踊るのを見てあぁじんくんのダンスだ〜って釘付けになったし、曲によって色とりどりに変わる声や歌い方も相変わらず好きすぎた。じんくんの作り出す曲がCDで聴いてた時よりもっと好きになった。いつもながらダンサーさんたちとのいい感じが伝わってくる。
                      そしてなにより会場の一体感はものすごかったし、見る側ももうすっかりアイドルグループを追っかけてた頃とは何もかも変わった。
                      でも、イベントやライブで見たじんくんは何一つ変わらず、かっこよかったり可愛かったり。CoolとCuteが共存していた。
                      あ、前とは少し変わったところがあるとすれば、
                      ファンに対して鎧をかぶらなくなったというかすごくありのままの仁(まさにJUSTJIN)を見せてくれて、感謝の言葉や気持ちを飾ることなく口に出してくれるようになったことだろうか。
                      別に今までだって口に出さなくたっていいと思ってたし、言わなくたってわかるよ、って思ってたけれど。
                      オーラスで
                      何があってもどんな手を使ってでもみなさんの前にあらわれるので
                      とか(;_;)ようなこと言ってくれて・・・(でもゲロ甘ファンなので、そんな言葉にしばられなくてもいいんだよ、と思っとくよ〜ただその時本当にそう思って口に出して言ってくれたことがすごく嬉しかったんだからね)


                      最後にもう一度
                      2013年、復帰してくれてまたファンの目の前に現れてくれてありがとう。
                      そして来年も再来年も何年後も、ポジティブに笑顔でいてね。
                      そして願うとすれば曲を作って発表してライブをして役者もして・・・
                      エンターテイナー!でいてください。
                       
                       
                       
                      2013年12月31日


                      JUGEMテーマ:赤西仁
                       

                      Jin Akanishi's Club Circuit@Zepp namba(Osaka)

                      2013.12.27 Friday
                      0



                        Jin Akanishi’s Club Circuit 終わりました。


                        ってもう一週間も経ってしまったけれど。

                        記憶が薄れるのと反比例して楽しかった暖かかった思い出がますます大きくなっていろんな余韻を何とかして早く書き留めておかなきゃと思いながら、あまりにも映画にライブに(おまけにそのあいだガッツリ年末仕事がかさなり)慌ただしく動きまくったあとの燃え尽き感?みたいな・・・・
                        頭の中もとっちらかってておまけに滅多にひかない風邪なんかひいてしまったりで、気が付けばことしもあと5日となってしまいました。

                        全部外れてしまった大阪にもお誘いいただけて17日とラストに行くことができてほんとにありがたかった。入れなかった18日はDVDのカメラが入っていたようなので今から既にもう待ち遠しくて仕方ないです。


                        ほんとに楽しかった。ほんとに楽しそうなじんじんを見るのが楽しかった。
                        こんなにかっこよくて甘くてセクシーでかわいくて苦手とか言いながら一生懸命MCがんばってそのおしゃべりも相変わらず日本語カミカミなんだけど優しくて頼もしくて。

                        やっぱり綺麗なライトの中で歌って踊って幸うせそうな笑顔をみて、1年半なんで休業だったんだろとかすっとぼけて言いながら、いくらポジティブっていってもやっぱり出れない間は辛かっただろうし、だからこんなふうにステージにまた戻ることができた幸せを一番感じてるのはじんくん自身だったんだろうなと思うの。

                        ギュウギュウ詰めのスタンディングで2時間近く濃い時間を過ごすのはほんとに疲れるはずなのにきっと楽しさがそれの10倍ぐらい上回ってるからそういう疲労感は全くなくて。これぞJin Magicなんだろうね、きっと。


                        大阪のこと事細かなツイレポを読ませてもらい薄れる記憶を呼び戻しながら思い出してみます。


                        TGC、DJブースに現れると一気に美しいライティングの中でオーラ全開、オーラスではタバコふかしながら歌ってた。けっしてタバコ推奨派ではありませんが、じんじんのタバコは小道具として見てしまってこれまた絵になりすぎてあまりのかっこよさに既に倒れそうになる。1曲目なのに。

                        Ain't enough の終わりに降りてきてGo Higher Temporary Love のダンスがほんとに好きです。クルクル回りながらくらっぷするのとか、手足の先の動きまでがかっこいい。周りのダンサーさんはもちろんプロ中のプロだからその正当なかっこよさの真ん中でじんくんのダンスの独特さがより際立ってるきがするのです(ジンファンだからそう見えるのか)

                        MCは名古屋大阪計4回入ったけど東京で初日に5分しゃべれと言われてなんちゃらかんちゃらグダグダいってた(らしい?)ひとが10分は余裕で(結局大阪は20分とかラストはジョーイくんやケイボくんもでてきたりで30分近く)話せるようになってたね。スタッフさんにも「MCうまくなったね」って褒められてよかったね。今じゃMCマスターさっ!と最後ドヤ顔なさってたです(笑)まぁ一人で話すっていうよりはお客さんと会話してるみたいな感じなんだけどこのやりとりがなんだかほんとにざっくばらんで可笑しくて。男の子がどれくらいいるの?男の子だけ声出して〜でウォ〜ほんとに男の子が増えたよね、じんくんよかったね!

                        CD買ってくれた?の問いに20歳の男の子にレンタルじゃダメですか?って聞かれて、いやレンタルでもいいよ、借りて友達に#JUSTJINマジヤベーよっていってくれたらそれでいいって(笑)そのこ年末給料日なので買います!

                        じんくん 俺のコンサート初めて来てくれたの?きっかけは?

                        めっちゃファンの友達に連れてこられた、

                        その友達に俺のこと好きだったの?

                        すぐに返答してもらえなくてちょっとすねて後ろに引っ込みそうになる(笑)

                        だいぶ前から好きでしたってやっと言ってもらえてちょっと照れるじんくん。

                        この男の子が私がいた場所のもうちょっと後ろの方だったからじんくんの顔がすごく良く見えたんだけどそのやりとりを聞いてる横でほんとにその子の方をのぞき込むようにむいて一生懸命話してて素っぽくてなんかドキドキした。

                        映画の話もして自分の出たのって有閑倶楽部、ごくせん、anego と指で数えられるくらいしかないので(笑)これをきっかけに興味も出てきたのでチャンスを掴んでいくようがんばるっていってた。

                        ひとつの経験がひとつの自信になってそこからまた自分で掴みに行く、って頼もしい言葉楽しみです。

                        10分ほどたって「余裕やで」ってお客さんにツッこまれるじんじんw

                        たおれそうになったら警備員さんに知らせて(警備に立ってるスタッフさんのことをけいびいんさんとよぶじんじんがかわいい)けいびいんさんじきゅういくらですか?人をたすけるしごとってたくさんもらえるなららいねんかんじゃにえいとのけいびいんさんやろうかな〜りょうちゃんのけいびいんになる、とかなんとかw

                        あのさるさぁ〜(亮ちゃん猿呼ばわり)大阪だから来いよって言ったのに忙しいから無理って言われて

                        りょうちゃんはスターだから、おれとはちがって、、、←すねるじんじんかわいい2

                        1日目もMC途中でおしっこいきたい、とかいいだしてこの時は行かなかったんだけど(ここにし〜ってペットボトル差し出す大阪客w)

                        オーラスではジョーイとケイボをよんでほんとにおしっこいきましたww

                        帰ってきてRONINインタビューはござるしか取り上げてもらえなかったマスコミはおれをばかにしたいの(とまた愚痴ってたw)優等生のインタビューごっこをケイボくんとはじめるじんじん。

                        海外から来てる人、ほんとにすごかったね。ポーランド・ノルウェイ・メキシコの人とスペイン語話す(おれすぺいんごしゃべれるよとドヤ顔)オーストラリアとかタイ香港中国、ドイツも!ダンケシェーンって自信なさげに←かわいいじんじん3

                        なんとここまで下ネタなし!とおもったらKey to your heartをき○○○はーとと耐え切れずいってしまうじんじん。

                        歌に行こうとすると、え〜って言われて最後にとうとう「歌わせろや〜」とドスの効いた声で・・・←萌えました。


                        MCを入れるとライブの流れが途切れるということもあり本人の本意ではないのかもしれないしあまりダラダラ長くなってもこっちも立ちっぱだから、そこんとこじんくんも心配なんだと思う。でも大丈夫、10分でも20分でも30分でも次の曲になると一瞬で再びJinAkanishiワールドに引き込まれるのはやっぱりこれもJinマジックなのか。アーティストで天使で魔法使いのじんじんということを再認識しました。


                        LOVESONG

                        高いマイクにこのボケも12回目、このまま歌ってみたいと思いますと「息もできない〜♪」までひっぱって歌う。

                        さんざんボケてたくせに切ない声で歌い上げるからたまらんです。

                        しかしこの歌の歌詞がが後ろに出るから字でみるとほんとに情緒的な歌詞で日本語苦手なのにこんな言葉が紡げるって辞書とか引いたりして書くんだろうか。とか思ってしまった。

                        Scream it 案の定たこ焼きバージョンでしたよwたこ焼き見つけたじんじんはほんとうれしそうw


                        JAPONICANAコーナーのDJブースのじんくんはほんとに楽しそうでこっちまでぴょんぴょんはねてしまうぐらい楽しそうでTEST DRIVE TWSS アフロディージアーック〜このときの会場の一体感もすごい。SBDもすごく声が出ててそしてあのダンスを目の前にするとこの曲こんなノリノリだったかと思うくらい歌ってしまう。
                        SLOW JAM の椅子で歌うのがどうしても見たくてこの日は1日目と逆の右手の端の前のほうに場所をとって端っこながらなんとかソファーで悩ましく歌うじんくんをみることができましたわ。けっきょく帽子をとって髪をかきあげながら歌ったのは名古屋の1日目だけだったんだな(^_^;)
                        NEW LIFEはやっぱり好きだ〜こういう歌って表現力がないと伝わってこないし、聴くたびに胸に響いてくる曲、ぐっと心を鷲掴みにされる曲。
                        TELL ME WHERE のダンスが今回一番好きかなぁ。6人で踊っているところ3011のMP3のとかを思い出す。
                        あのくるくる回るところなんだけど、グインっグインっって回るの、みんなそういう回り方してるのかと思ったらほかのダンサーさんは普通に回ってるらしくてああいうのすごくJINテイストだなぁって思いました。
                        HWUで最高の一体感のあとダンサー紹介をしてさいごにいつもはオレ〜っていおうとしたらダンサーさんたちがみんなじんくんのところによってきてジョーイが「ジンアカニシ〜〜〜〜」
                        いつもながら今回のJinClewのチームワークが素敵でした。

                        そして暗くなってアイナルホウエが流れていつしか大合唱になって電気もアナウンスも流れずずっとアイナルホウエが流れ続けてたら・・・・この歌を歌ってるだけでなんだかもうウルウルしてたんだけど。
                        じんくんが照れくさそうに登場。
                        私にとってはアンコールのじんくんをみるなんてソロじゃ初めてかも?多分。

                        ありがとうございます
                        今日はラスト
                        本当に皆さんには感謝してます
                        心から感謝してます←2回言った(´;ω;`)
                        僕のファンでいるといろいろあると思うけど懲りずについていただけたらと
                        どんな手を使ってもみなさんの前にでてくるので

                        クリスマスも近いので僕からクリスマスプレゼントを渡してかえります
                        音を・・・

                        LAST CHRISTMAS
                        このイントロが流れたとき鳥肌が立ちました。

                        こんな嬉しい言葉をもらっただけでも十分プレゼントなのに
                        毎年このシーズンになるとどこにいても流れてくる聴きなれた曲なのに
                        仁くんの声でこの曲を聴けるなんて。

                        Merry Christmas・・・
                        とささやかれたあかつきにはこれいじょうどうしろと(´;ω;`)

                        そしてダンサーさんたちを呼びハグしあい
                        両手を広げてほんとうにうれしそうなくしゃくしゃの笑顔をくれた

                        さいごはアカペラで歌いお客さんに歌わせてハモってくれた


                        最後の最後にクリスマスプレゼント
                        LAST CHRISTMAS
                        はもちろんだけど
                        このClub Circuitに平日にもかかわらず参戦させてもらえたことが
                        何よりのプレゼント。

                        名古屋レポでも書いたけれどこの空間の一体感空気感は何ものにも代え難い
                        MCなんてほんとに間近でそこらへんのお兄ちゃんが屈託なく喋ってるみたいなのに
                        一旦歌い始めるとそのオーラ
                        どんな近くで見てもやっぱりその美しさは何かベールを通してみているよう、
                        その天使っぷり、神の子なんだ。
                        ライブってその両極端を見ることができる空間。
                        赤西仁っていう人はきっと見た目とか表面的なものしか見えない人にはなかなかわかりにくくて
                        ほんとに好きから始まってそこから深く掘り下げて見ようとしなければその魅力は伝わらない人なんだろうなあと思う。
                        それは仕方ないことだけど
                        じんくんがどんなことがあっても戻ってくる、いなくならない、歌いたい、演じたいって
                        はっきりと伝えてくれたこと、これからもがんばるとつたえてくれたこと
                        赤西仁をみせてくれたこと
                        ほんとにステキなライブをありがとう。
                        どんなに待っても会えばやっぱりもっと好きが大きくなってしまいました。

                        来年もいっぱい仕事してね!懲りずに応援するから。

                        とりあえずは
                        DVDはよっ!






                        JUGEMテーマ:赤西仁


                        calendar

                        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        ご訪問ありがとうございます

                        ようこそ!

                        メールはこちらから

                        twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL&ASIA 上映プレミアトークイベント
                          tuba
                        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                          kako
                        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                          かりん
                        • すーん。
                          かりん
                        • CD
                          みゆう
                        • ありのままで〜
                          kako
                        • ありのままで〜
                          kako
                        • ありのままで〜
                          ゆりこ
                        • ありのままで〜
                          tomo
                        • おひさしぶりです。
                          kako

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1407
                        最後に更新した日:2017/05/10

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        jugem AD