☆Lovely Smile☆  〜日々覚書

いつまでもその笑顔が消えないように。JIN AKANISHIを応援してます。

スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    47RONIN公開&Jin Akanishi'sClub Circuit @Zepp nagoya

    2013.12.12 Thursday
    0

      年末という実感がないまま日々があっという間に過ぎて気がつけば12月もあと半分、
      ただでさえ慌ただしい年末にあわせてこの1週間に47RONIN公開、そしてClub circuit 名古屋で初”参戦!”してきた。

      映画は初日に2D字幕、日曜日に3D字幕、そして火曜日名古屋で2D吹替をみたでござるよ。

      映画の感想もライブの感想もいっぱいありすぎてでも

      もう頭の中が主税くんとJin Akanishi がぐるぐるごっちゃまぜにいっぱいこになってとっちらかってる状態です。でも考えたらなんとシアワセなことだろう。こんなにいっぺんもったいない気もする。しかしいつも仁ごとはこうなのよね。だから年が明けたら一体どうなるのかちょっとこあ〜い気もしないでもないけれど今はそのことは置いといて19日までは突っ走る所存でござる。


      スクリーンのちかたんは凛々しくてでももうかわゆくてかわゆくて〜そしてみなさまおっしゃるとおりセリフは少ないけれどスクリーンにいる率はとても高く、ところどころに(無駄に、といわないでね、一般のお客様)アップが多いのは気のせいではありませんよね。ほんとに仁ファンとしてはカール監督に(アメリカってどっち?)足を向けて寝られません。

      もちろんじんくんが出演したから待ちに待って出かけた映画ですが実際に全編を通して見て 風景もセットも衣装もありえない設定でブッ飛んでるんだけれど、ストーリーには忠臣蔵の精神はしっかり根付いた

      ほんとに2時間があっという間に過ぎるテンポの良い壮大なスケールのまさにハリウッド映画でした。

      日本よりこれから公開される海外でのほうがたくさん受け入れられるような気もするしそうなって欲しいなぁって思う。クリスマスあたりからですよね。アメリカでのプロモーションもそろそろでしょうか。その時が本当に赤西仁ハリウッドデビューですね。全米デビューして、ハリウッドデビュー、改めて思うけどすごい。すごいことなのです。(そこんとこもっと取り上げるべきですわね、日本のマスゴミさんたち〜:-P)


      映画はもうしばらくはやるだろうし時間見つけて年明けまで足繁く通いますよ。あぁでも何回も見たいと思う映画でよかったわぁ。





      で、熱の冷めないうちにライブの感想も書きたい。とにかく歌とダンスで魅せてくれてかっこよくってMCは可愛くてどうしようもなくてざっくりその一言につきるのだけれど。

      6時過ぎに入って約1時間待っている間KEIBOくんがDJブースで盛り上げてくれてじんじんセレクトの(だよね)曲がずっとかかっていて7時になるとジョーイくんともうひとりのダンサーの男の子が出てきて、そして仁くん登場。

      ステージ後方の高いところにあるDJブースにすごい歓声のなか現れた!

      TGC、あの東京ガールコレクションの時のようにいっぱいマイクがあって、そこに色とりどりのライティングを浴びながら光の中のじんくん、サングラスにニット帽、胸元ザックリあいたタンクに(これどんどんデロンデロンになってるとかなってないとか笑)白シャツ。TGCかっこいいのよね〜サングラスだろうがニット帽だろうが、この黒サングラスはほんとに顔のちっちゃさがより際立つ。

      Ain't enough 実はこれどんどん最近好き。レーザーのライティングがほんとに綺麗だった。曲だけ聞いてた時きっとここでこんなライティングあるんじゃないかなぁって思っていたらそんな感じだったので嬉しかったw

      ここで降りてきて ウサギの耳のついたカチューシャとか事後報告Tシャツとか持ってこられる、ネタになってんのねw

      Go higher Temporary Love とかSBD OoLaLaとかTell me where とかほんとにかっこよくってね。

      1日目はあえて後ろの段の高くなったところの最前の真ん中あたりで見たので全体の動きがとても良く見えてよかった。

      ガシガシ踊るじんくん、考えたら3011以来なのかな、ほんとにかっこよかった、久しぶりすぎてもう、あのあぁこれが見たかったのよぅ〜。このかっこよさをどう表現したらいいのかうまく言えないけれど頭の先から手の先から足の先までの動きが美、で、セクシー。おまけに中のタンクがデロンとお腹近くまで空いてるもんだから既に既に2、3曲目あたりから汗が光ってつるんつるんの胸板に光る汗がキラッキラ

      SUMMER LOVINGで盛り上がりは最高潮に達して私たちがめっちゃ歌ってたらじんくんは下のパートを歌ってくれて、より一緒に歌ってる感じがして最高だったよ〜

      でここからMC始まり、カウントされるじんくん。初日は5分だったらしいけれどどんどん伸びて10分はゆうに超えるようになって、まさに鍛えられてるじんじんです。ってか、お客さんと会話してる感じで名古屋弁もおしえてもらい、その名古屋弁で2日目は下ネタに走りまたまた小学生じんじんになっとりました(笑)アルバムの話、映画の話、いろいろあったけれど

      1年半休んでて〜から2日目にはまさかの結婚しました〜ガキも出来ました〜面倒見てます〜可愛い??にカワイイに決まってんじゃん、ジャニーズに入れようかと思ったけれど男しかダメだった〜AKB?はちょっと(^_^;)でも自由に生きてくれたらいい、自分も自由人なので 客あぁ〜あ〜(納得)お前らぶっとばすよ〜 とかそんなはなしも聞けちゃった。

      なんだかさらりとね、でもすごく幸せそうに。聴いてるこっちもさらりとおめでとう〜よかったね〜って感じで。

      この空間にいたら、こんなことしゃべっちゃだめとか、アイドルじんとかさらさらもうないし、至極のエンターテイメントを楽しませてもらってじんくんが話したいこと話してくれて聞いて人間対人間で向き合ってる感じだからかなぁ。そんな空間がすごく好きです。

      MCから次の曲に行くときにみんなにMステみたいに曲紹介してってそれでは聞いてください Key to your heart,

      って言わされました(笑)

      ここからは日本語歌

      アイナルホウエのダンスはめっちゃ可愛かったなぁ。ほかの曲がすごくセクシーなのにこの曲はダンサーさんも衣装も踊りも可愛かった。あのPVにでてきた子供たちが出てきてもいいような感じだったw

      アノナツで座って切なく歌ったあとLOVE SONG

      この曲始まりは恒例のボケがあるらしくマイクが高くて歌えなくてやり直し、このボケもあと3回頑張って努めますとwがんばってました。2日目?自分のボケに笑って3回ぐらいやり直してたよ、迷わないよ〜に〜、迷ってました。

      この名古屋公演、この曲のあたりになるとちょっと声が辛そうになってしゃがれた感じが取れなくて何回もお水を飲んでた。でもなぜかI don't wanna sing another love song〜のところの声は色っぽかったです。

      ここでお着替え、JAPONICANA TOURのビデオが流れてDJブースに再び登場

      デロンデロンタンクはそのままでグレイパーカーにデニムジャケット、アメリカで履いてた?サルエルパンツ。

      JAPONICANA TEST DRIVE SBDは横浜で聞いていたけどほかの曲やっと聴けた!見られた!久しぶりに聴いたけど流石に1年半聴き続けてただけあって(笑)盛り上がったな〜APHRODISIAC  TWSS SBDはほんとに盛り上がったな〜じんくんもめっちゃ楽しそうでクラブにいる時ってこんな感じなのかなぁ〜って思った。

      個人的にはSET LOVE FREEもすごく聴きたかったんだけど残念!いつかどこかで。

      SLOW JAM  LIKE YOUはソファーに寝そべって SLOW JAMは帽子を取って髪を艶かしくかきあげたりしながら色気ダダ漏れでヤバかった。声が甘すぎて。さっきあんなに可愛くお話していたじんじんはどこ??ってね。ギャップの男。

      そしてNEW LIFE.

      これね、東京で聞いたお友達からいろいろ聞いててドキドキしながら見てた。東京ではすごく声もでてたらしいけどどうだろうって、途中で声が出にくそうだったから心配しながら聞いてたんだけど、後半に向かってちょっと復活してて、こんなとき彼は調子悪くてもその分逆に感情でカバーするっていうかうまいんだよね。もちろん終盤の高音のところとフェイクは声を絞りきって出しててまたその姿が泣けるくらいで。ほんとよかったです。


      OoLaLaはすごく好き。ダンスもよかった。ダンサーさんがセクシーでしたね。くるくる回ってたのこれだったかな?ブンッってとこが好き。

      TELL ME WHEREはほんとこれ写真展の時に流れてた時から好きでそれもこんなガシガシダンスで踊って歌ってるとこ見られて嬉しかったわ〜千手観音みたいなのもかっこよかった。初日は正面からみて2日目は横から見て違う方向から見れて面白かったな。

      HWUはこれで最後かと思うとホントあっという間でちょっと寂しくなるんだけどでも最高に盛り上がる曲で復帰第一作目のこの歌はこれからもずっとライブで歌う曲になるんじゃないかな。会場の一体感がもう最高潮になるものね。

      数年前まではペンライトとうちわをもっていた人達がいまは体全体でリズムをとって歌って踊って・・・なんだか不思議(笑)

      でも何倍も楽しい!

      ライブハウスツアーをやりたいといってたことこういう雰囲気のライブを思ってたのかな?

      でも相変わらず照明はほんとステキでこのひかりのひとつひとつもじんくんが演出してるかと思うと一筋一筋の光をみてるだけでもなんだか感慨深い。


      もちろん、もっとたくさんの人が行けるように土日にもうちょっと大きな会場でもやってほしいのは山々だけれど、

      平日で休みにくくて特に東京大阪なんてほんとにチケットが当たらなくて大変で、
      北や南も遠くてなかなか無理だし

      スタンディングきついし埋まりそうなのも重々承知だけど、、、
      ZEPPのあの感じちょっと病みつきになりそう(^_^;)

      ま、狭い箱もアリーナクラスも両方やってくれたらいいのだけどね!



      ありがたいことに全部外れた大阪も初日とオーラスお友達のおかげで入れることになり来週仕事終わりに走ってジンナルホウエまた駆けていきます。



      JUGEMテーマ:赤西仁


      スマスマ!

      2013.11.25 Monday
      0
        こんなに緊張して笑ってビストロSMAP見たのは久しぶりだった。
        私たちはドキドキしながら、まるであのおいしそうなお蕎麦やお料理を食べたあとのようにじんじん堪能させてもらって終わるやいなや、TVのまえで

        「ごちそうさまでした」

        な気分でした。


        単なる一ファンがこんなこというのおこがましいけど、ほんとに出演させてもらえて、楽しく迎えていただいてスマ兄様たちありがとう。
        地上波出演、歌番組だと去年のMJ以来?バラエティはいつからかわからないくらい久しぶりなのにいきなりスマスマだなんて。これもローニンに出たおかげ。じんじんがあんなに緊張しながらも、楽しそうに笑ったり、おいしそうにパクパク食べたり中居くんにいじってもらったり音楽の話も振ってくれたりキアヌと同じように話しかけたりしてくれてウルウルしちゃったよ。
        そしてキアヌのじんくんのことをあんなふうに言ってくれたこと、数ヶ月ずっと一緒に過ごしてじんくんの仕事に対する姿勢を見てそういうふうに感じてくれたのかと思うとまた( ; ; )
        やっぱりなんだかんだいってもTVの力は大きいと思うし、映画やドラマに出るって番宣のこととか思うとやっぱり大きいね。
        歌さえ作って歌ってくれれば、っていろんなことあきらめてたりしたけど、やっぱりTVで動くじんくんみられること、最高!
        また欲が出ちゃうね(^^;;

        さて、リピしよっ。


        JUGEMテーマ:赤西仁


        ビストロに!

        2013.11.22 Friday
        0

          予想外にジンジンバタバタな日々に追われて気が付けばもう11月も後半!
          ホント早いですねぇ。

          今週は充実した47RONINウィーク キアヌ様は21日に帰国とか言っていたからもう今日はたたれたのかな?

          キアヌ様、いままでいくつか映画でもスピードとかマトリックスとか見てきたけれど、記者会見などで見てるといわゆるハリウッドスターでいるだけでかっこいいんだけどそれだけじゃなくてすごく物静かなスターなのに普通、みたいな、素敵な人だなぁって。日本の武士を題材にしたこの映画で日本人の中にいても外国人としていても浮いていないしキアヌ様だからこの映画ができたんじゃないかなぁって思えるそんな佇まいの俳優さんですね。

          監督キャスト関係者の皆様たくさんの取材を受けられたのでしょうね〜すこしでもたくさんのものをめにすることができたらうれしいな。WSは久々にベタ録りしまくったけれどもひとつだったしねぇ(^_^;)

          海外からのサイトやツイとかのほうからやってくる画像や動画がありがたいです(あとカール監督www)

          しかしそんな中・・・

          今日はビッグニュースが〜

          キアヌ様とコウちゃんとじんくんが来週月曜日にビストロスマップにご来店!だと!

          そりゃぁかすかな期待はしてたよ。いや、大声で言わなかったけどものすごく期待はしてたのですよ。ビッグな海外の方が来日されたらスマスマには必ずご出演されるし〜でもキアヌ様だけかな?キアヌ様と真田パパ(と呼ぶことにした)だけかな?とかね。

          ただいくら事務所の後輩とは言えじんじんまで出させてもらえるとは思わなかったよ(泣)

          思えば何年前だっけ?お正月にKAT-TUNが出たの。あの時はとうとう木村様とじんくんが同じ画面に出るということで私内で過去最高に盛り上がったっけwあっくんも見られたしゲームにも勝ってまた出させてもらうことを約束して。でもかつんじゃなくなったからあぁもう二度とスマスマには出ることもないかな〜でも1度だけでも出られてあの世界にひとつのうたでのツーショットを見られただけでもよかったってずーっと思って今日に至っております。

          いまじゃスマ兄様と他ジャニの共演はちっとも珍しいことじゃないけどあのカツンが出るまでは(Kinkiがビストロにやっとでたのが画期的だった)なかなかないことだったもんね。

          それもビストロでスマ兄様が作った美味しいご飯をいただくのですよ。久々に天使が地上波で見られると思ったらそれもビストロなんて。もうドキドキです。中居くん、前にカウントダウンに出たときじんくんがキアヌと映画に出たって言ってたこと覚えてるかなぁ?お前何やってんだよ〜っていってたこと思い出してくれるかな?お年玉あげたことおぼえてくれてるかな?ジゴホウコクでおしおきされたことは水に流して(^_^;)もちろんキアヌ様が主役なのはわかっているのでどうぞちょこっとだけでもいいので横にいる緊張してる子をいじってやってください。お願いします。

          あぁなんだか月曜日まで落ち着かないわ(笑)


           あっくん。



          JUGEMテーマ:赤西仁

          とうとうやってきたね!

          2013.11.20 Wednesday
          0
            じんくん ハリウッド映画初出演 ワールドプレミアに出席、おめでとう! ずっと夢見てたレッドカーペットのじんくん、前日は記者会見、記者会見のスーツもかっこよかったし、WSでちょっと見たけれどタキシードでレッドカーペットを歩く赤西仁は予想通り、予想以上に最高にかっこよくってダークなスーツできめるキアヌ様真田さん浅野さんに混じって意外と蝶タイで正装なのがちょっと可愛くてほんとにほんとに素敵だった。 うれしそうだった、きっと長い撮影期間を共に過ごした共演者の方々とも久々に会えて、監督とも会えてほんとに嬉しかったんだろうな。そしてキアヌ様ももちろんハリウッドスター! 端っこに立つあの立ち位置が好きです。 日頃ソロで頑張ってる分、こういう時に先輩(それもみなさん偉大な先輩だよね)にちょっと頼った感じのじんくんが新鮮です。anegoのときもそうだったな。 その超幸運招待状を手に入れたお友達がレッドカーペットイベントに参加されて、昨夜は夢のようだったって、そんな生の報告をまた聞かせてもらえることホント楽しみにしてる。根掘り葉掘り聞いちゃうよ〜w もし一年前に予定通り映画が公開されてたら、、と思うと ほんとに公開が延期になってよかったとしかいいようがない。 もしかしたらじんじんだいすきなカール監督がじんくんの復帰まで伸ばしてくれてたのかしら??そんなことはないかww でもそれも運だよね。そういう運を持ってる人なんだ。 残念ながらジムショのホーシンだそうで(世界に進出とかなんとか言ってる割にやってること逆行してるよね(>_<))WEB関係の撮影ははずされちゃったじんじん、でも取材されてた方はきっとわかってくれてるよね。 そんなところでブロックしても相手はハリウッド映画だよ〜海外メディアもいっぱい取材に来てたらしいから、そっち方面からいろいろ流れてくるんじゃないかと期待しています。 そして海外メディアの動画で見たインタビューをうけてるじんくん、慣れたもんだよね〜通訳なしでインタビューに応じるって英語だけしゃべれるだけじゃなく慣れてないとなかなかできないこと。かっこよすぎて、でもなんでか英語でインタビューされてる方が安心してみてられるのって、私たちも随分慣らされたもんだね(笑) 映画の撮影のときも全米デビューのときもマネージャーもなしで一人でこなしてきたことが当時はきっとたいへんだっただろうけれど、ひとつも無駄じゃなかった、全部今に繋がってるってこと! そしてイベントの時に言ってた、これきっかけに天下取る!ってことも夢で終わらない気がする。 そしてまた映画にも挑戦してね。こんなすてきなレッドカーペットじんじん見ちゃったらまた期待してしまうよ〜w 何度も何度も言うけど 半年前、その半年後がこんなことになってるなんてほんとに想像つかなかった。 復帰 WHUシングルリリース JAPPONICANAツアーDVDリリース アイナルホウエ シングルリリース #JUSTJIN アルバムリリース CLUB CIRCUIT ライブツアー そして・・・ 待って待って待ってた 休業中のたった一筋の光だった47RONINのワールドプレミア。 ほんと、なんて人なんだ。 こんなに心配いっぱいさせたくせにその何十倍の喜びをあれよあれよというまに届けてくれて。 昨日のプレミアのほんとに嬉しそうな楽しそうな仁くんを見て 帰り道車の中でJUSTJIN聴いてたらEternalが流れてきて 日頃硬すぎる私の涙腺はちょっとダメでした(^_^;)
            JUGEMテーマ:赤西仁

            #JUST JIN ぜっさんはちゅばいちゅう〜

            2013.11.10 Sunday
            0
              待ちに待った#JUSTJINリリースされました。今週はあちこちでRONINとJUSTJIN祭りが繰り広げられてますね〜
              自分のいる場所ではなかなか感じられないけれどツイや江戸住みのお友達からいろいろ情報や画像をいただいてリアルタイムで楽しませてもらえてうれしい。ほんとこんな年末を迎えていられるってこと、数ヶ月前の先の見えないあの頃を思い出すとまだ夢みたい。もうそろそろ休止活動の呪縛から解き放たれてもよさそうだけど(笑)
              自分が歌いたいものを歌うためには一から自分が作る、作ることに関わる、こだわる。だから一人になった。ソロになったからできることを明確に表現してくれてる、だから変わりなく心から今の彼のファンで居続けられるんだ、と、またより一層思わせてくれたアルバムになるんだろう。
              彼の詞は一貫してポジティブ、ハッピー、LOVE、だけどナチュラルでうわべだけのものに感じないのはそこにはネガティブでアンハッピーも乗り越えてきた(決して口には出さないけど)からじゃないかな〜っとも思う。だからメロディだけじゃなく彼の作る詞が好きなのかもしれない。
              今のところ朝夕の車で聴くことが多いのでなかなか通してじっくり聴けてないけれど、イベントでああ聴いたな〜って思い出す、一度聴くとメロディがずっと残る感じ、ジャンルがないようで、JINの音がいっぱい詰まったアルバム。日本語盤と英語盤を一枚にダビングして車で聴いてる。
              どれもやっぱりJIN AKANISHI の音で曲順もその流れがいい感じだなって思う。ランダムにシャッフルして聴いても違和感ない。
              じんくんの創る音が好き、いったい何色あるんだろうっていう声が、歌い方が好き、全部好き。いつもながら思ってしまうけど単にその人が好きだからその人の音楽が好きなのかとまた問いかけるんだけど、それはわからない、まあそんなこと考えなくてもいいってか、別にそうでもいいんだけど、単純にいいと思うんだからそれでいいっかw
              どれが一番好きとかまだまだわかんないんだけど、Slow Jamがめちゃくちゃ好きで、Ain't Enough、Get Up、TGC、Temporary Loveとか、、このままだと結局全部並べてしまいそうだけど(^^;;
              朝は日本語盤の方、帰りの夜道は英語盤を聴くのが好き。仁くんの創る英語詞はダイレクトにエロくてセクシー、日本語詞はロマンチックでラブリー。
              いろんな音色と声色が幾重にも重なってシンプルなメロディに深みと厚みが加わってこんな曲を4、5ヶ月のあいだに20曲以上作るってすごすぎる。
              CD出すたびに前より増して天才じゃね?って思うけど音に向き合って黙々とただひたすらこれだけ作り込んでいくって天才っていうかこの人は職人だな思ってしまう。デッドエンドがなかったらとことん突き詰めておわりがないっていっていたけれどほんとにつくることがすきなんだね。
              Aは日本語盤と英語盤に分かれてるけれど英語盤はそれだけで世界向けに単独で出してよ、じゃなきゃもったいない。
              iTunesで配信すればいいのにね。
              ってか、海外も視野にいれて最初からこういう風に分けて作ったのかなとか思ったり。そうなってほしいけど。
              とりあえずはもう東京ライブまであと2日をきってお友達が初日に参加するのでそれだけどもうドキドキです。
              私的にはまだ来月までお預けなんだけどまたあれこれ各地のライブネタバレを追ってたらあっていうまにその日がやってきそう〜年末は私事仕事もバタバタだからもう分けわかんない状態になるね。きっと。

              明日は用事の前に衣装見学に出かけてきます〜せめてそれだけでも祭り味わってこなきゃ〜


              JUGEMテーマ:赤西仁



              #JUSTJIN

              2013.10.30 Wednesday
              0
                ラジオにちょくちょく登場してますね。 いつも言ってるけどラジオのおしゃべり、声、好き。
                顔が見えないのは残念だけどだからよけいにどんな顔してしゃべってるのか想像するのも楽しいし。
                それとラジオのDJの方達は必ずCDもちゃんと聴いて曲についての話とかもしていろいろ聞いてくれるから嬉しい。
                まあ当たり前っちゃあ当たり前なんだけど(^^;;
                じんくんもリラックスしてる感じが伝わってくるからこっちもリラックスして聴ける。
                もっと怖い人かって思ってたって、世間に相変わらず思われてるんだなあ(^^;;
                本人も言ってたけどTVってこわいw だからこそその人物がよく見える番組にちょっとくらいでてくれたらなって思う。
                別によくおもわれなくてもいいからせめてマイナスが0くらいになってくれればなぁ。
                Aスタジオとか情熱大陸とか僕らの音楽とか、、呼んでもらえるのはまだ先なのかな。
                今久々に発信することいっぱいあるのに勿体無い気もする。

                バイラルマーケティング、ってラジオでじんくんが言ってた言葉、実はそれから調べて知ったんだけど(^^;;
                バイラルとはウィルス性の、評判がウィルス感染のように広がるという意味から口コミを利用した宣伝手法らしい。
                #JUSTJIN  ってタイトル、ハッシュタグをつければなんの壁もなく世界に広がって繋がっていくことができるものね。
                いつもなんだか先へ先へ行ってるなぁ、って思う。
                本人はいつも確固たる大きな目標とか夢とかじゃなくて好きな音楽作ってたくさんの人に聴いてもらえたら、とごく自然体なんだけど。
                だから信じてるんだ。いつか彼の音楽や生き方がじわじわと伝わって行くって。時代がいつか彼に追いつくって。←大げさ?w





                JUGEMテーマ:赤西仁







                 

                アルバム楽しみ!

                2013.10.27 Sunday
                0

                  temporary love

                  この前のラジオ出演のときに初めて聴いた。


                  鳥肌もの


                  初聴のときは

                  いつもながら

                  天才じゃね????って思ってしまう。


                  アルバムがもう楽しみすぎる。

                  なぜこれをもっと広めようとしてくれない

                  って思いはずっとあるけど

                  ちょっと意地悪にいうと

                  逆に

                  ホントのファンしか、

                  たまたまなんの偏見もなく耳にしていいね!って思ってくれた人

                  だけが知ってるっていう優越感もあるよ
                  そういう人がたくさん増えてくれたら一番いい。

                  いつも思ってるけど
                  もちろん言い過ぎよ、ってわかってるけど
                  赤西仁の音楽を知らない人人生損してる


                  もちろんほかに自分の知らないいい音楽もいっぱいあるんだなって思うし

                  だからどんな人の音楽でも偶然聴いたときはどんなフィルターもなしに分け隔てなく

                  聴いていい曲だな?誰が歌ってるんだろうな?って思えるように。

                  こういうふうに考えられるようにして教えてくれたのも赤西仁。




                  うまいこと言おうとはしない

                  カッコつけない

                  ただただ、正直。

                  想いを言葉にしてアピールするのではなく

                  生きる姿勢で示す人。


                  愛イコールバカ


                  VoCE

                  のこの言葉がほんとに響きます。



                  JUGEMテーマ:赤西仁

                  アルバム

                  2013.10.07 Monday
                  0

                    Zenさんのつぶやきにアルバムが「昨夜アルバムが完成した」ってツイが(じんさんのことです、よね??)
                    ちょうど発売まで1ヶ月ですね。レコーディングとMIX作業で5ヶ月かかった、ってことは5月くらいから?でも曲を作っていたのはもっと前からだろうからほんと時間と労力がかかったアルバムだね。ホント楽しみです。
                    こういうふうに全て一から作り上げて、作業に関わることがやりたかったこと。ソロになったからできることソロになった意味をしっかり示してもらえてそれを応援できることがシアワセです。

                    イベントで20曲もデモを聴かせてもらったけど、あれだけ曲がある中から選ばれた曲何曲あるのかな?
                    そうそう、シングル曲だけど、候補って言ってた2曲のうちアイナルホウエが選ばれて、もう一曲はForeverではなかった。

                    (Foreverはその後、最後の方に流してくれた曲だと思うけれど、これを選んだのってやっぱり今から思うと、じんじんはできたからけっこんしようとしたんじゃなくてちゃんとぷろぽーずしてたんだらね、ってことをイベントに来れなかったファンにもわかってほしかったんだよね、きっと←単なる憶測)

                    やっぱり1年半のブランクを埋めようと溜めていたものを一気にだそうとしてくれてるのかなぁ。ほんと贅沢すぎてもうちょっとゆっくりでもいいんだよ、次々とうれしいけどそんなに一気に来たらたくさん買って売上に貢献してあげられないよ〜とか思うけど、もうランキングなんて気にしない。(ただ音楽も聴かずただ数字しか見ない人間たちがまたいらない憶測して面白がっていろいろ言うに違いないことが鬱陶しいだけで。)

                    でもこれだけ時間かけて労力を費やしたアルバムなんだからこんどこそプロモしてくださいね。アドトラックやビジョンもすごくありがたいけれどそれだけではなかなか一般人にも、地方人にも浸透しないと思うから。

                    特典やイベントごと付ければもちろんそれなりに数はいくだろうけれど元からのファンが聴くだけじゃもったいなくて〜ホントはもっと不特定多数の人、赤西仁の音楽を知らない人に聴いて欲しい、買って欲しい、ってことが一番の願い。ほんとにHWUやアイナル、そのカップリング、を聴けば聴くほどそう思う。何かのCMとかドラマの挿入歌とかね、あと歌番組も。休業中は、もう音楽を続けてくれるだけでそれだけでいいって思ってたけれど、根っこはそうだけど、やっぱり出すからにはファンだけじゃなくて、世間に広まるようなプロモーションをして欲しいってこと。
                    アルバムが出る頃にはRONINのプロモーションもぼちぼち始まっていい相乗効果がでるといいのだけれど。そろそろ地上波に出してやってください。(去年のMJ以来出てない)


                    ってこれはやっぱりワーナーさんにお願いメールするしかないのかな??


                    JUGEMテーマ:赤西仁

                    アイナルホウエ

                    2013.10.03 Thursday
                    0

                      本日(昨日)アイナルホウエリリース日。昨日フラゲしてヘビロテ中。

                      JAPONICANA DVDが先週で今週はシングル、それだけでもアップアップなのに・・・

                      今日、来月アルバムが出るとのお知らせが(@_@。

                      溺れさせる気ですか?いやもうジンさんには溺れてますけれど。

                      初の日本語アルバム・・・ってじんじんナニ人ですかってツイ見たけど(笑)そういやそうだ。

                      先日のイベントで聞かせてくれたデモ20曲はほとんど英語だったからあれを日本語にしていくのかしら?

                      A盤の2枚組ははJIN AKANISHIの書き下ろし英語曲がつくそうなので、、日本語にできないのはそっちに入るのか?なにがなんだかもうわけわからん状態です。

                      いまはアイナルホウヘ導かれて優しくて切ない歌声にただただ浸ります。

                      あいなるほう  は  愛成る と 愛鳴る なのね。深いですね。

                      アイナルホウエ 最初着うたを聴かせてもらったときははっきり言って歌詞がよくわかんない部分があって、でも何回もきいているうちにわかってきて・・・
                      そう、じんくんの日本語は英語とおんなじで何回も聞くと聞き取れるようになってくるw

                      わかるとはっきりくっきりわかるんだけれど、なんか不思議なんです。甘い声と英語と日本語の言葉とメロディの流れがカプチーノの泡立ったミルクがふわふわとコーヒーにとけこんでいくようなそんな感じ。←意味不明(^_^;)


                      アイナルは出る前からショートバージョンで曲もMVも聴いて見ていて、このメロディも映像もホント好きなんだけど見ているだけで何故か顔がほころんでしまったかと思えば、まっすぐに来てよ♪のところに来るとなぜかいつも胸がぎゅーっとなってじわっとうるっときてしまう、なんでだろう。ものすごくシンプルだけどじんくんの貫いている信念がしっかり込められた歌詞です。

                      メイキングはね、ディレクションして小道具さんもして、いつものようにプロデューサーシンガーなじんさんです。いきいきしててほんとこの人は作ることが好きなんだなぁ。裏方が向いてるって言ってたこと、ほんとわかる。でも表にも出ないといけない人です。映画監督とか絶対いずれはするよね。こういうメイキングを見ているとやっぱりまた小林さんを思い出します(笑)隠れコバタケファンとしてはニマニマしてしまいます。革着てるし(笑)
                      そして出てくるイラストがかわいくてセンスいいな〜そして、最初のスタートのオンするところからどのシーンも指の、手の動きがキレイでリズムの取り方がセクシーでたまらない。
                      インタビューであれだけ言葉では饒舌じゃない人なのにこういう表現なら思いを「グゲンカ」することがほんとにうまいなぁって改めて惚れ直してしまいます。何回惚れ直すんじゃい、っていうツッコミはなしで。


                      そして・・・・

                      Forever

                      これはプロポーズの歌ですね。悪いけどじんさん、これは仕事とプラべをごちゃまぜにしてない?(笑)

                      愛の人、赤西仁。きっとこういう曲 英語から日本語にするからかけるんだろうなって思います。英語ってすごくダイレクトでストレートでシンプル。
                      多分じんくんって頭ん中が英語で考える脳になってその方が楽に素直にダイレクトにでてくるんだろうなっていってたんだろうなぁ、Foreverの歌詞を見てそんなことを思った。単純に英語の愛の表現て素敵。まあ、それが似合う人なんだけどね。

                      歌詞にやられてそしてこのちょっと抑えたような囁くような優しい声と歌い方にもう心臓が溶けそうになる。アイナルの真っすぐに来てよ〜のところの胸ギュっの感じがもうずっと続いて、こういう歌、歌わせたら右に出る人いないんじゃないか、と思うのはでろ甘だからだけじゃないよね。それを確かめるためにもうほんと、世間に広めてアンケート取って感想ききたいですよ。

                      横アリ○っくすそんぐは、もう言うことなにもありません。これ、もう、あの作っている時のことがつい頭に浮かんで、この曲が生まれた時に立ち会ったんだ私たち・・・と思うと感慨深くて。メロディはめちゃシンプルなのに情緒的で刹那的でエロくてやっぱりこれもこんな歌を歌わせたら右に出る人はいないね、ごめん、そんな感想しか出てこなくて(^_^;)

                      ごちゃごちゃ言ってないで浸る、浸っていたい、そんな曲たちです。


                      どれもホント好き。いつもいつもこれ、自問自答してるんだけど赤西仁が好きだから赤西仁の歌が好きで赤西仁の曲だからなんでもいいのか好きなのか、(そういうのって実は嫌だったりする)、いやそうじゃない、曲がいいから好きなのだ、果てしない才能に毎回打ちのめされてるのだ、絶対。


                      わかんない、ま、いっか、、(笑)って結局じんじんみたいな答えしか出ないな。

                      でも好きなものにあれこれ理由なんていらないよね。うん。いらない。


                      HWUが夏!ならアイナルの3曲はまさに秋、いや、宣伝文句が秋にぴったりのミディアムバラードっていってたからそのまんまなんだけど。この流れで冬、春、と各シーズンに出してくれたりする?それは出しすぎか(笑)

                      でも8月 HWU 9月 JAPONICANA DVD 10月アイナルホウエ 11月ハッシュタグジャストジン

                      そして12月は47RONIN・・・・

                      そしてそして年明けたらツアーなのですかね・・・

                      きっとそのあとに日本を少し離れるんじゃないか、と、これも想定内に入れてます。そうするといいよ、と、思ってます。(だからせっかく#JUSTJINってつけたくらいだから海外滞在中限定でまたツイってくれたりしたらいいなってね。)




                      JUGEMテーマ:赤西仁

                      まだまだ USA TOUR ドキュメンタリーDVD三昧

                      2013.10.01 Tuesday
                      0

                        先週JAPONICANA TOUR DVDがやってきてまだ1週間しか経ってないのに明日はシングルフラゲの日である。

                        こんなことあっていいのだろうか?まだまだ毎夜ジャポニカじんじん満喫中なのに。贅沢すぎる。

                        なんでこんなに早く??どうして?っていう疑問はぬぐいきれずあれこれつい考えてしまうけれど、単にワーナーさんとの契約の問題なのかもしれない?とか、まぁファンにとっては幸せなことだから今はありがたく受け止めます。

                        だけど、また例のごとく・・・アイナルホウエのプロモってあるのかなぁ・・・なさそうだけど(^_^;)

                        お江戸ではあちこちに看板が設置されてアドトラックもバンバン走ってるそうだけどあいかわらず地方格差激しくてこちらはなんにもないし、いつも行くCDやさんにやっとあの愛らしいポスターが貼られてそれだけでよろこんでいる地方人です。

                        せめて梅田にでもきてくれたらな。ま、いっか。でもね。あの素敵な曲、ファンだけが聴いてるのもったいないんだよ〜

                        かといって歌番組に出させてもらえる気配もないし〜せめてなにかタイアップでもしてくれて少しでも世間に流れてくれたらね、まず耳にしてもらわないと評価もしてもらえないもん。

                        もったいないお化けがほんとでるよ。なんとかしてください。

                        明日は多分アイナル見てると思うので今日はじっくりJAPONICANAまた見てました。いや、明日からも見るけどね。

                        それくらいこのDVDは何度見ても一つ一つのシーンにいろんな思いがじんわりと滲んでくる。


                        全体を通していつものCALIFORNIAやHAWAIIの青い空!っていう雰囲気よりもちょっぴりどんよりしたアメリカの街の景色とかカナダの雪山の寒そうなところとかクラシックな建物とかがなんとなくノスタルジックな画像がすごく雰囲気があって好き。映画の字幕みたいな文字もドキュメンタリー映画って感じでね。

                        VANCOUVERのBGMで流れるSEASONSのアカペラに泣ける。これも自身で音を作ったのかなぁ。このアレンジでアルバムの特典とかにいれて欲しい〜ってかSEASONSっていい曲だったんだなぁと改めて。

                        ライブシーンと同じくらい?いやそれ以上に楽屋や舞台裏や打合せの場面が多くて、 てもういちいちああほんとにスタッフ全員外国人(って出てたけど逆よね、現地ではじんじんが外国人だ)のなかで一人で身支度して髪セットして髭剃ってコンビニの袋にゴミ捨てて、音や照明やステージの打合せ、行程めちゃくちゃ、時差との戦い、と孤軍奮闘してたのかと思うとあのもしゃもしゃ頭をくしゃくしゃっとしてがんばったんだよねって褒めてあげたくなる。(でろ甘です)
                          

                        でもツアーマネージャーさんやホフマンさんたちみんな口を揃えてJinのことを努力家でいつもどうすればよくなるかすごく考えているといって理解してくれてる、こういう人たちに支えられていて、っていうかそうさせるのはじんくんがそうさせる力があるからだと思うけど、言葉や文化を超えて心を割って話せて仕事ができるってところがすごい。ホント尊敬する。このDVDをみてよりそんな気持ちが強くなったよ。

                          

                        あと向こうでの楽屋での会話とか合間にあるインタビュー(これは服からすると最近撮ったものだよね)がやっぱり一つ一つが印象深いです。言葉数は相変わらず多くはないけれど一つ一つ言葉を選んで考えながら話すとこが好き。


                         
                        オ・ト・コ・マ・エ・ オトコマエ〜

                        理想的なライブとは?とか、満足する日もできない日もあってもそれがライブというものじゃない?だから毎回毎回理想的だと言い切れるのかな。見る側からしても一回一回ちがう生もの。毎回同じものはない。どうして同じものなのに何回も行くのと一般人は思うだろうけどもし許されるものなら全ステしたいのがファン、それはファンじゃなくオタクだ、と言われそうだけどw

                        ファンの行動力を見習ってる、とか言ってますが、そんな行動力をどんどん付けてそうさせてるのは貴方ですよ、と言いたい。

                        try to accept

                        聴いて受け入れる

                        あぁ大人になったんだなぁって思いました。(親)

                        でも、大人になる=順応するってことをわかった上でそれをいいことでもあり、自分にとって悪いことである、と言えるじんくんでちょっと何故かホッとしてる。もちろんある範囲ではもうパパなんだし大人にならないといけないけれど、仕事の面ではなんでも順応して受け入れ態勢にはなってほしくないから。

                        ピーターパン的なところは持っていたい、っていう赤西仁が好きですから。

                        仕事、家族、友達、人間関係大事にして、別々にごちゃまぜにするのではなく大切にひとつづつこなす、、ってところは昔から揺るぎない部分だと思うけれど私はここにすごく以前と違うことを感じた。

                        とにかくFirst priorityはプライベート。プライベート>仕事、と口を開くたびにそう言ってたけれど今のじんくんは>じゃなくて

                        どれがFirstでsecondとかじゃなくどれも同じだけ大切で、もちろんプラベが充実してないと自分は成り立たないという気持ちはもちろんあるだろうけれど仕事も充実してないと、という気持ちも大きくなってるんじゃないかなあと思う(天下取る発言にもあるようにw)きっとこれはFamilyを持ったことによっての成長、変化?いや、変化じゃなくて進化だ、と思う私です。

                        わかんないや、ま、いっか、、、と言っちゃったけど思いはこういうことじゃないかな?



                        あとできることならば舞台裏が中心とは言え、やっぱりあとあふろでぃーじあーっくもSET LOVE FREEも聴きたかったなぁ〜いつか聴ける日が来ることをあきらめません。






                        JUGEMテーマ:赤西仁


                        calendar

                        Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        ご訪問ありがとうございます

                        ようこそ!

                        メールはこちらから

                        twitter

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL&ASIA 上映プレミアトークイベント
                          tuba
                        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                          kako
                        • JINDEPENDENCE TOUR 2014 一人絶賛大会 
                          かりん
                        • すーん。
                          かりん
                        • CD
                          みゆう
                        • ありのままで〜
                          kako
                        • ありのままで〜
                          kako
                        • ありのままで〜
                          ゆりこ
                        • ありのままで〜
                          tomo
                        • おひさしぶりです。
                          kako

                        links

                        profile

                        書いた記事数:1407
                        最後に更新した日:2017/05/10

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        jugem AD